雪女と蟹を食う|最新話【第15話】ネタバレ・感想!2019年25号

2019年5月20日発売・週刊ヤングマガジン(2019年25号)

『雪女と蟹を食う』

今回は、最新話【第15話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【第14話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『雪女と蟹を食う』【第15話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(2019年25号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『雪女と蟹を食う』【第15話】のあらすじ・ネタバレ

北の指先に触れた彩女の指輪。

それは、北が強盗を決意したきっかけとなったダイヤの指輪だった。

 

イマジネーション溢れる水族館

その存在に、自分が贈ろうとしていたガラス細工の指輪の無意味さ痛感する。

渡す前でよかった。

そうだ、彩女とは所詮夏が終わるまでの関係だ。

惹かれている自分の思いにブレーキをかける。

 

「北さん北さん アレ!アレ見てください!」

ぱっと手を離した彩女は、水槽のエイを嬉しそうに指さした。

「エイリアンがいますよ!」

 

ただのエイに、宇宙にいそうだと話す彩女。

(子どもみたいなイマジネーションしてんな…)

そこで北は、彩女に合わせようと、たこも宇宙にいそうだと言った。

 

しかし彩女は、ただのたこだと言い共感はしなかった。

宇宙を統べる悪の支配者(ドン)っぽくないかと言う北に

「もう北さん だんだんロマンチックから遠ざかってますよ」

と困ったように彩女は笑うのだった。

 

昨日までは着けていなかった指輪に、若干の違和感を覚える北。

そんな北の複雑な思いをよそに、彩女はとても楽しそうだ。

蟹を見つけると、動いているのを見ると食べるのが少し可哀想だと言った。

 

蟹の少女

蟹を見ていた二人にいた近くの少女。

突然北に話しかけてきた。

「ねえねえおじちゃん! 蟹ってちょう美味しいよね!」

(う…このガキ この年にして蟹を食ったことがあるのか… しかもおじちゃんて…)

 

少女の親がやってきて、突然話しかけたことを北に詫びた。

そして、子どもに注意する声が聞こえる…

「もう! むやみに知らないおじさんに声かけないの!」

何度もおじさん呼ばわりをされた北は、謎の敗北感に包まれるのだった。

 

彩女の異変にようやく気づき始める北

座って水槽を眺める北と彩女。

北の肩にもたれかかりながら、彩女は海の生き物に思いを馳せる。

「不思議… 海の中って同じ地球上とは思えない… 別の世界に来たみたい

 死後の世界…ってこんな感じかしら?」

北は、そうだといいと力なく答えるだけだった。

 

冷房が効きすぎていると震える彩女は、トイレに向かった。

(寒がりだとは思ってたけど… カーディガンだって着てるのに… まさか…)

何かを思いついた北だったが、急にさきほどの少女が現れた。

「蟹のおじちゃん!」

 

蟹の少女ふたたび

幼女に絡まれて戸惑う北。

下手したら、親に疑われて前科が増えることにもなりかねない…

 

適当に話を逸らして逃げようとする北に、少女は構わず話しかける。

聞けば、少女たちは全国行脚の旅で、日本の色々なところへ行っているという。

「おじちゃんたちは?」

と聞かれたが、まさか不倫旅行だと言うワケにもいかない…

 

閉口している北をよそに、少女は突然持っていたぬいぐるみの話を始めた。

小さな子どもって、話題がコロコロ変わって面白いw

(ああ…そうか 別にオレの話を聞きたいんじゃなくて自分の話を聞いてほしいんだな…

まったく子供ってやつは…)

北は適当に相づちを打っていた。

 

指輪の価値

父親が動物園で買ってくれたというウサギのぬいぐるみ。

だが、耳についていたリボンをどこかに落としてしまった、と少女は悲しそうに離した。

ふと北は、彩女のダイヤの指輪と、自分が買ったガラス細工の指輪のことを思い出す。

 

ちょっとぬいぐるみを貸してくれと言った北に、少女は盗らないでねと恐る恐る渡す。

(オレ そんなに人相悪いかなぁ…)

 

北は、ウサギのぬいぐるみの耳に、ガラス細工の指輪をつけてやった。

「ちょうかわいい!」

少女は目をキラキラさせて喜んだ。

 

「ありがとう! 大事にするね! ”おにいちゃん”!」

呼び方を急に変えるなんて現金なやつ…北はそう思いつつも、少女の喜ぶ顔に少し満たされた。

 

迫る異変

(うん… 充分だ…

 これで 買った甲斐があるって 無駄じゃなかったって思えるじゃないか)

北は下を向いて涙をこらえつつ、彩女の帰りを心配する。

「遅いな… 彩女さん…」

 

その頃彩女は、トイレで洗面台の前にうずくまっているのだった。

刻々と異変が近づいているー…

スポンサードリンク

『雪女と蟹を食う』の最新話など週刊ヤングマガジンを今すぐ無料で読む

今回は、『雪女と蟹を食う』【第15話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『雪女と蟹を食う』【第15話】の感想・考察

水族館ではしゃぐ彩女は本当に楽しそうでした。

それとは逆に、北はダイヤの指輪の存在に気づいたことで複雑な思いを抱えていました。

どうしてこうも、二人の気持ちはチグハグになってしまうんでしょうか…

切ないですね。

 

行き場を失いかけたガラス細工の指輪も、喜んでくれる相手の手に渡ったことで北は少し報われました。

でも、やっぱり贈りたかった相手は彩女ですからね。

悔しさにも似た思いがこみ上げてきたのでしょう。

 

そして、寒さを訴え続ける彩女の異変、ようやく北は気づきましたね。

ラストでトイレにうずくまる彩女…

ただの体調不良?それとも何かの持病?まさかツワリなんてことは…?

 

次回は、弱った彩女に北がドーンと男らしい頼りがいを見せてくれるのでしょうか。

もしかしたら、アワアワしちゃって、自分の不甲斐なさに落ち込んだりするのかも?

身内に連絡を…なんてことにならないといいんですが…

『雪女と蟹を食う』【第16話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年27号)は2019年6月3日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です