BEASTARS(ビースターズ)|最新話【129話】ネタバレ・感想!2019年5月23日25号

2019年5月23日発売、週刊少年チャンピオン(2019年25号)

『BEASTARS(ビースターズ)』

今回は、最新話【第129話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【128話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『BEASTARS』【第129話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊少年チャンピオン(2019年25号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『BEASTARS』【第129話】のあらすじ・ネタバレ

ついにメロンと思われる人物を絞り込んだヤフヤとレゴシ。

メロンの捕獲なるかー…

 

あっけない逮捕劇

2階席で、ポロっとタバコの灰を落とした男。

「灰皿っていうのは タバコの灰を落とすためにあるんだぜ メロン」

仮面を外したヤフヤは、灰皿を差し出しながら男の肩をポンと叩いた。

さすがの視野の広さ、タバコの灰を落としたのも見えていたのか…

 

「…動揺してしまったよ俺としたことが」

男は抵抗する様子も見せず、ヤフヤの身元確認に応じる。

といっても、マスクの中を見れば充分だ。

「お前で間違いないな 混血種のメロン」

罪状を述べ、ヤフヤはテーブルの脚とメロンの腕を手錠で繋いだ。

 

レゴシは、あまりにもあっけない逮捕劇に少々驚いている。

(肉食と草食のハーフで… 凶悪な犯罪者… のわりには…)

 

仮面夜行会が行われている会場は地下。

無線の電波も通らないため、ヤフヤは地上に上がり応援を要請しに行く。

メロンから押収した銃をレゴシに預け、レゴシにメロンを見張るよう伝える。

「すぐ戻る …気をつけろよ」

 

レゴシとメロン

レゴシと二人になったメロンは、じっとレゴシを見つめ突然話しかける。

「…あのさ 君 純血のオオカミじゃないでしょ 何か混ざりモンがあるね」

見抜かれたいことの衝撃と、ハーフ獣への興味から、レゴシはついついメロンに自分の話をしてしまう。

母方の祖父がコモドオオトカゲであること

母が幼い頃に自ら死んでしまったこと

 

それらすべてに共感をみせるメロン。

「ハーフの生態は生きるのにあまり向いていないんだよ ヒョウとガゼルのハーフとして24年生きた俺の実感ね」

互いに混血種だからこそではあるが、レゴシはだんだんと心を許していってしまう。

メロンの観察眼はさすがともいえるし、元々レモンは人身掌握の術に長けているのだろう。

 

レゴシの迷い

「俺には種族がない…仲間もいない どっちつかずの半端者は ただの異物」

そうして、メロンはマスクを破りその顔を見せる。

 

その光景に言葉の出ないレゴシ。

まるで、まだ見ぬ自分の子どもが孵化するのを、目の当たりにしたかのような気分だった。

レゴシはハルを思い出す。

(ハルちゃん… もしも 俺と君のあいだに 子供が出来たら その子も彼と同じようなことを言うのだろうか

自分を「ただの異物」だと…)

ハルへの愛と種族の壁、そしてその先の不安がレゴシの心をかき乱す。

それだけ異種族間の壁は高くて厚いのだ。

 

(助けたい 彼を)

ついにレゴシは、ヤフヤから預かった手錠の鍵でメロンを開放してしまった。

 

凶弾に倒れるレゴシ

パーティー会場から外に出たメロンとレゴシ。

先程言っていた「ハーフの生態は生きるのにあまり向いていない」とはどういうことなのか、とレゴシは尋ねた。

言葉のままだというメロン。

 

そして、異種族間の隔たりとハーフの在り方を自虐的に話す。

「ヘンだよね 肉食と草食が仲良くすることが良いとされてるはずなのに そこから生まれた子供は結局異物扱いなんて」

今のレゴシにとって、これほど重い言葉はない。

同情と油断を引き出すには充分だった。

 

メロンを異物だと感じない、悪い獣には見えないと言い出すレゴシ。

ハーフであり、草食獣を愛する肉食獣であることも災いして、すっかり懐柔されてしまっている。

ふとポケットを探ると、ヤフヤから預かったはずのメロンの銃がないー…!

 

次の瞬間、

パァン

という音がしてレゴシは倒れた。

向き合うメロンの手には、押収したはずの拳銃。

「なかなか楽しめたよ ありがとね」

メロンは、倒れたレゴシを置いてあざ笑うように去っていった。

『BEASTARS』の最新話など週刊少年チャンピオンを無料で読む

今回は、『BEASTARS』【第129話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『BEASTARS』【第129話】の感想・考察

前回のラストカットで、タバコの灰を落としてしまった人物。

まさか、そのまま彼がメロンだったとは…

てっきり「男だと思わせておいて、パーティー会場内では女性の格好をしている」なんて予想していたもんですから、びっくりです!!

ちょっと深読みしすぎだったかなww

 

そして、メロンは相手を見抜く能力に長けていますね。

ヤフヤは、ハーフで草食獣を愛するからこそレゴシを連れて潜入捜査に連れてきたワケですが、逆にそれを利用される形となってしまいました。

 

しかし、もしそれすらヤフヤは計算済みなんだとしたらどうでしょう?

象牙密売の組織を一網打尽にしようと、レゴシをエサにメロンを泳がせる作戦なのかもしれません。

また深読みかもしれませんがww

倒れたレゴシの安否も気になります…あわよくば「あの一発は実は空砲だった」ってことだといいんですが…

次回も見逃せませんね!

『BEASTARS』【第130話】掲載予定の、週刊少年チャンピオンは2019年5月30日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です