サムライ8(エイト)八丸伝|最新話【第3話】ネタバレ・感想!2019年5月27日26号

2019年5月27日発売・週刊少年ジャンプ(2019年27号)

『サムライ8八丸伝』

今回は、最新話【第3話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【128話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

ネタバレなしで『サムライ8八丸伝』【第3話】を読みたい方は、ジャンプ+を利用すると、画つきで楽しむことが出来ますよ!

漫画『サムライ8八丸伝』【第3話】のあらすじ・ネタバレ

ブタ顔の盗賊たちに襲撃されてしまった街。

そこに、荒れ果てた様子を見る二人の武士風の男たちがいた。

「ダメだ 駆けつけるのが遅すぎた」

すると突然背後から何者かが襲いかかってきたー…!!

 

ケーキみたいな戦車

武士はとっさに刀を投げ、襲ってきた男をふっ飛ばした。

誰かと尋ねる武士たちに、応戦するつもりのようだ。

武士が投げた刀を抜こうとするが、生体認証IDつきで安全装置がかかっていて抜けない。

ようやく男は、武士たちに戦いの意思がないことが分かった。

「…アンタ達 赤木城の武士隊か?」

 

武士が事情を聞こうとすると、男は盗賊の戦車の話をした。

突然来て攻撃を始めたという…どんな戦車かと尋ねる武士に男は答えた。

「… … そう… まるでー でかいケーキみてーな戦車だ!!」

 

踏み出せないナナシ

早太郎の散歩のため、”名無し”を外に連れ出した八丸。

名前がないというのでひとまず「ナナシ」と呼ぶことにした。

 

すると、そこに道場の門下生たちが通る。

「かっこいいー! ”キーホルダー”だ! 本物だ!」

そう言ってナナシを押しのけると、八丸に興味津々の様子。

 

八丸くらいの年齢で鍵侍になるのも珍しいらしい。

どこから来たのか、本物の鍵侍になるコツは何だ、と矢継ぎ早に話しかけている。

その様子を見て、ナナシはそっとその場を離れていった。

 

「やっぱりボクは彼とは違う…」

八丸が鍵侍で人に囲まれている姿を見て、ナナシはまた孤独感を感じたらしい。

自分とは違うといいつつも、八丸のように侍になりたい思いに葛藤する。

もちこ
そうカンタンに仲良しになれないあたりが、人間らしくてむしろいい!

 

入れ替わっていた刀

ナナシがいなくなったことに気づいた八丸は、門下生たちに尋ねる。

しかし、誰もその存在など気には留めておらず、行方を知るものはいなかった。

 

すると突然、

ドーン

という爆音とともに吹き飛ばされる八丸と門下生たち。

そこに現れたのは、でかいケーキみたいな戦車!!

「高値で取り引きされてる…フガッ! 侍の珍しい玉があるはずだ!! 誰でもいいからここへ持って来い!」

ブタ顔の盗賊たちが道場にやってきたのだ。

 

すぐさま応戦しようとする八丸だが、持っている刀が抜けない。

そして戦車からの砲撃が八丸と門下生たちに向かって放たれるー…!!

 

土煙が晴れると、そこには変形して盾を作る早太郎の姿が。

そして、この砲弾の火薬が、自分たちが空から打ち落とされたときと同じのだと八丸に伝えた。

「じゃあ… こいつの弾だったのかよ…!」

砲弾を撃ったのにもかかわらず生きている八丸たちに動揺した盗賊たち、さらに追撃をしようとしている。

 

そして、八丸は使おうとしていた刀が自分のものでないことに気づいた。

空から落ちたとき、ナナシの部屋にあったものを間違えて持ってきてしまっていたのだ。

その様子を陰からみているナナシも、そのことに気づく。

(あの刀… ボクのだ 八丸は間違えて 生体認証であの刀はボクにしか抜けない…!

 

答えを出すのは自分自身

再び戦車から放たれた砲撃、早太郎がガードしたが八丸の左腕が吹っ飛んでしまう。

八丸のピンチに、ナナシの両手は彼を鼓舞した。

「ナナシ! お前侍になりたいんだろ!? あいつみてーな! ならあいつを助けに行け! あいつがお前の刀を持ってる!!」

「天からアナタの為に遣わされた友だちがピンチなのよ! 助けに行けるのはアナタしかいないのに!」

 

門下生たちが次々と刀で斬りかかるが、盗賊たちの戦車はびくともしない。

「ブヒャヒャヒャ!!! このブタンクスイーツ2号は超硬度素材装甲戦車だ!!! そんなもの! これは無敵の家だぞ!!」

 

ナナシは葛藤を繰り返す。

自分には無理だ。

八丸とは会ったばかりで、友達なワケがない…まして自分のことなど…

「… ボクは… どうしたら…?」

そう問いかけるナナシに対する両手の答えは同じだった。

ナナシはナナシ、自分自身で答えを出さなくてはいけないと。

 

鞘から抜かれた刀

立ちすくむナナシに、八丸の言葉がよぎる。

(刀を鞘から抜かねェ事には 斬れ味は分かんねェだろが!)

 

左腕を失った八丸に、とどめの砲撃が迫ったそのときー…

 

突然、抜けなかったはずの刀が鞘から抜け、飛んできた砲弾を真っ二つに斬った。

そこには、八丸の持つ刀に手を添えるナナシの姿があった。

 

驚く八丸に、ナナシは言った。

「今…自分にビックリしてる! このままボクの手を引っ張って八丸! 君となら…」

 

その言葉に笑顔を見せる八丸。

二人は早太郎に跨って空から戦車に向かって跳び、刀を振り落とした。

 

ただの刀では斬れない、とタカをくくる盗賊たちだが、

ズバ

という音とともに、二人の刀は戦車と盗賊の装備をすべて真っ二つにしてしまった。

「お前の被ってる兜は パンツ以下だな」

八丸は、そう言い放った。

 

見事盗賊を撃退したナナシと八丸は、門下生たちに囲まれ喝采を受けたのだった。

 

ここに居る

落ちていた自分の刀を見つけた八丸。

「これ持ってねーと… パンツはいててもノーパン扱いだからな」

パンツの話、めっちゃひっぱるやんww

 

ナナシは、八丸に声を掛ける。

自分を友達を言ってくれたことについてだ。

ただの友達じゃなく”侍”の友達だ、と八丸が訂正すると、頭を下げナナシは言った。

「ありがとう… でも君と友達なんて嫌なんですボク

 

少しショックを受ける八丸に、照れながらナナシはおずおずと言った。

「君と… いつか… 今度は一緒に…戦車じゃなくて…ケーキ入刀が…夢… だったり…

勇ましく戦ったといっても、やっぱりナナシには女の子の部分があるようだ。

 

ナナシの思いむなしく「何を言っているか分からない」と八丸に一蹴されてしまう。

ナナシは、いつか自分が本物の鍵侍になり、”迷いのない立派な元服名”を持ったとき、また八丸に説明すると言った。

カンタンに諦めなくなったのは、ナナシの成長かも!

 

宇宙に出るという八丸に対し、今度は必ず自分から会いに行くことをナナシは約束した。

ヘタしたら今度こそお互い死ぬかもしれない、という八丸にナナシは笑顔で言う。

「それでもいいんです 何もしないよりは 自分が”ここに居る”気がするから」

 

その言葉に、なにかホッとしたような様子の八丸。

ナナシに別れを告げ、早太郎に乗って空へと飛び立っていった。

 

八丸とその父親の正体とはー?

一方その頃、八丸の家ではー…

ダルマが八丸の父に何やら神妙な面持ちで話をしていた。

 

昨日まで八丸の心臓を動かしていたものは、ただの刀ではなく鍵となった侍だけが持つ「心の刀」、侍魂。

しかも、その重さは別格だった。

 

これほど特別な刀を八丸の中に隠していたお前は何者か、とダルマは八丸の父に問う。

しかし、侍魂の刃を向けても八丸の父は臆する様子を見せない。

 

さらにダルマは問い詰める。

「それと… あれほどの… 引力を感じた子はいない あの子は… 八丸はいったい何なんだ?」

スポンサードリンク

『サムライ8八丸伝』の最新話など週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回は、『サムライ8八丸伝』【第3話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

そこで、漫画『サムライ8八丸伝』など、週刊ジャンプの最新話を無料で読む方法を調べてみましたが、

残念ながら無料で読むことはできませんでした。

ただし、週刊少年ジャンプに掲載されている作品は、現在ジャンプ+で電子書籍化されています。

バックナンバーで週刊少年ジャンプが読めます

電子書籍であれば、発売日にわざわざお店に行かなくてもすぐに読めます。

・発売日に本屋がオープンするまで待てない

・週刊誌はかさばるのが面倒…

という方は一度、ジャンプ+をお試しくださいね!

ジャンプコミックス最新刊を無料で読む方法

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、ジャンプ漫画の最新コミックスを無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽ジャンプコミックス最新巻を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『サムライ8八丸伝』【第3話】の感想・考察

ナナシが勇気をふりしぼりましたね!

でも、単純に

八丸と出会って変わりましたー

っていうご都合主義な展開ではなく、勇気をふりしぼるまでの葛藤が細かく描かれていました。

だからこそ、ナナシの成長や変化が劇的だったと思います。

すぐに仲間になって、一緒に旅を始めないあたりも好感が持てましたね!

 

そして、侍魂を八丸に隠していた父親の正体…確かに気になってました。

予想なんですけど、八丸の父は、侍を生み出す特務機関みたいなところに以前は勤めていたのではないかと。

で、そこに八丸がいて、死にそうになっていたのを救うため、侍魂を盗み八丸に取り付けた…みたいな。

「侍魂を八丸に隠した」のではなくて、あくまでも「八丸のために侍魂を使った」っていうスタンスでいて欲しいですね。

完全に希望ですけど…第1話の様子を見るに、本当に八丸を大切に思ってるぽいし。

 

このあたりは、次回で語られるのでしょうか…まだまだ伏線が増えそうな予感もします!

『サムライ8八丸伝』【第4話】掲載予定の、週刊少年ジャンプは2019年6月3日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です