神緒ゆいは髪を結い|最新話【第12話】ネタバレ・感想!2019年6月3日27号


2019年6月3日発売・週刊少年ジャンプ(2019年27号)

『神緒ゆいは髪を結い』

今回は、最新話【第12話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【11話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『神緒ゆいは髪を結い』【第12話】を読みたい!という方は…ジャンプ+を利用すると、画つきで楽しむことが出来ますよ!

漫画『神緒ゆいは髪を結い』【第12話】のあらすじ・ネタバレ

黒魔術で白ゆいに見せかけた山羊沼こやぎに、既成事実のためのキスをされそうな鍵斗。

(オレは… このまま…白ゆいとマジ卍キスをしてしまうのかー!?)

 

そして囚われた白ゆいの元に、ある人物が現れるー…

「あ… あなたは…!?」

 

解ける黒魔術

迫るニセゆい(こやぎ)の唇に、一瞬覚悟を決めたかにみえた鍵斗だったが

「やっぱ無理ィイイイイイ」

と、異常な体幹でこやぎから逃れる。

 

なぜキスをしてくれないのか、というニセゆい(こやぎ)に対し、鍵斗はゴニョゴニョと言った。

「だ…だって…その… オレらまだ高校生だし… もう少しお互いを知ってから…だな…」

 

その言葉にこやぎは戸惑う。

これは、ガードが固いのではなく経験がないのだと気づく。

鍵斗のプレイボーイは、外面だけなのだと…

(ど… どうしよう…)

 

そうしている内、遠くから本物のゆいの声が聞こえた。

手を振りながら現れたゆいに、こやぎは動揺し鍵斗は驚く。

「神緒ゆいが2人ィ!?」

 

そして、現れた本物のゆいは言った。

「まさかこやぎさんとすでにそのようなご関係でいらしたなんて…」

鍵斗には、状況が飲み込めなかった。

 

さっきまでキスを迫ってきていたのは白ゆいのハズだ…と、目をキョロキョロさせる。

そこにいたのは、本物の白ゆいを前にして黒魔術が解けてしまった山羊沼こやぎだった。

「うおおああぇぇ!? 誰君ー!?」

 

完敗の鍵斗

チッと舌打ちをするこやぎに、白ゆいと一緒にやって来た色黒の男子生徒が声を掛ける。

「ったく”こやぎ” お前というやつは…」

現れたのは、こやぎの兄・山羊沼豪人(やぎぬまごうと)。

浅はかな妹の行動を軽蔑し、ライフラバーである鍵斗のことも快くは思っていないようだった。

 

「あの… 生徒会長… そろそろお時間ですわ…」

そう告げるゆいに、先に行っているよう伝える豪人。

優秀なクラス委員のゆいを評価しており、生徒会の仕事を手伝ってもらっていることを鍵斗に話すが、まるでマウントを取っているかのような態度だった。

 

「なんかゆいと距離が近いぞこいつ!?」

豪人に嫉妬心を燃やす鍵斗…その様子を、席を外していた奈央が見ていた。

(ゆいの彼氏候補の筆頭 生徒会長の山羊沼豪人くんじゃないですか… おやおや鍵斗さんとの初対面ですな…)

面白がっているようにしか見えないww

 

豪人は、鍵斗にさらなる追い打ちを掛ける。

「”下賤な妹”と”高貴な神緒ゆい君”の区別もつかないとは… 確信したよ やはり君のような庶民にゆい君はふさわしくないね!!」

そして、学内を荒らす野卑な黒い女(=黒ゆいのことを指している)と親しいことを引き合いにして、恥をさらす前に身をひいた方がいいと言って去っていった。

 

飲み込めなかった状況に加えて、ゆいからの誤解、距離の近そうな生徒会長の登場…

反撃に出るかとわくわくする奈央をよそに、鍵斗は涙を流しながらうなだれてしまったのだった。

スポンサードリンク

山羊沼豪人の欠点?

次の日ー

こやぎは作ってきた弁当を食べさせようとするが、放心状態の鍵斗。

豪人と白ゆいが、生徒会室で親しげにしている姿を想像しご乱心の様子だ…

「だいたい なんなんだあいつ… 生徒会長? そんな奴いたのかよこの学校に…」

いや、いるでしょうww

 

こやぎが説明する。

表の人気者が鍵斗たちライフラバーなら、裏の真面目~な人達のあこがれが生徒会執行部なのだと。

さらに、豪人はクールだから女生徒人気No.1のよく知られた存在であると続けた。

 

兄妹で自分を貶めようとしているのか、とこやぎを疑う鍵斗。

そこに奈央が現れた。

「鍵斗さん… こんなとこでくだまいてるだけとは落ちたものね… ホホホ…」

やっぱり面白がっている。

 

奈央に、自分の味方ではなかったのかと言う鍵斗に、奈央ははっきりと”ゆいが幸せな学園生活を送れればそれでいい”と告げた。

鍵斗は、ゆいの髪結いの鎖を託されたことで、てっきり自分が選ばれたと思っていただけにショックを受ける。

 

こやぎは、兄について話す。

「ま… とはいえあの男も問題ないというわけではないのよね…」

その言葉にパァと鍵との表情が明るくなる。

こやぎいわく、豪人は厳格すぎて高貴な存在以外許せないような人物なのだという…

 

学内浄化計画

一方、生徒会室。

ゆいは書類を豪人に提出し、昨日助けてもらったお礼をあらためて伝える。

「いいんだよ ゆい君 君は実に高貴な人だからね」

 

そして、高貴だからこそ学校に不満はないかと豪人は尋ねる。

不満もなく、雰囲気のいい学校だと答えるゆい。

 

豪人は、その答えを100点満点だとしながらも、自らの感じるライフラバーへの不満を口にした。

名門として名高い学校に、ろくに授業にも出ないくせに親のコネで将来の安泰している彼らがいることは害悪であると…

 

「鍵斗さんの… ことですか?」

そう尋ねるゆいに、豪人はさらに否定の言葉を続ける。

「ライフラバーなど外面ばかりだ… 人間中身を大切にしてこそ真に高貴たりえるのに」

「学校とはおのれを厳しく鍛える処だ!! そう思わないか!?」

ゆいはそれを肯定しつつ、”でも鍵斗くんは…”と話そうとするが、豪人は聞こうとしない。

同意しているという点だけで、ゆいのことを話が合うと言ってしまう始末だ。

 

豪人は、ライフラバーを追い出すために長年かけて練ってきた、学園の浄化計画を話す。

そして、その計画にはゆいが必要だという…

「これを見たまえ」

そういって出したのは、新たな学園の見本スタイルとして示された豪人と白ゆいのイラスト。

髪型やスカート丈、インナーに至るまで、学園一優秀な自分たちを見習わせようというものだった。

 

鎖をほどく白ゆい

豪人の語った突拍子もない話に、ゆいは動揺する。

”まずは外見を統一し、中身を少しづつ自分たちのレベルに引き上げる”

そのための見本として、ゆいには「革命のジャンヌ・ダルク」になって欲しいと言う。

「君は選ばれたのだ… ボクの理想的な”高貴の象徴”!! 純白の存在にね!!」

 

その言葉に、ゆいは少し強い目をして言った。

「申し訳ありません 私… けっこうこう見えて黒いところもあるんですよ」

 

笑いながら言うゆいに、豪人はそんなわけがないと言った。

そしてゆいは、自分の手で髪結いの鎖をほどくー…

 

「そ… そんな… ボクの純白のジャンヌが… 野卑な黒女に…」

驚愕する豪人の前に、黒ゆいが現れる。

白ゆいは黒ゆいの存在を知っていたというのか…

冷たい目をした黒ゆいは、いつになく冷静だった。

「へぇ… めずらしいな… 白のやつが… 自分でほどくなんてな…」

スポンサードリンク

『神緒ゆいは髪を結い』の最新話など週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回は、『神緒ゆいは髪を結い』【第12話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

そこで、漫画『神緒ゆいは髪を結い』など、週刊ジャンプの最新話を無料で読む方法を調べてみましたが、

残念ながら無料で読むことはできませんでした。

ただし、週刊少年ジャンプに掲載されている作品は、現在ジャンプ+で電子書籍化されています。

バックナンバーで週刊少年ジャンプが読めます

電子書籍であれば、発売日にわざわざお店に行かなくてもすぐに読めます。

・発売日に本屋がオープンするまで待てない

・週刊誌はかさばるのが面倒…

という方は一度、ジャンプ+をお試しくださいね!

ジャンプコミックス最新刊を無料で読む方法

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、ジャンプ漫画の最新コミックスを無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽ジャンプコミックス最新巻を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『神緒ゆいは髪を結い』【第12話】の感想・考察

完璧にみえる生徒会長が現れました…が、言ってることがめちゃくちゃww

「外見ではなく中身を!」みたいなことを言ってるけど、ゆいに求めているのは”マスコット”的な存在なワケですよ。

”まずは見た目”ってあたりも、結局は外見重視してるじゃん?

 

ゆいが自分で鎖を外したことにはびっくりしました。

きっと「白の部分=豪人に見えている外見」しか見えていないと感じたからなのでしょうけど。

でも、あわよくば「鍵斗は外見だけじゃない」という怒りも感じていて欲しい…

鍵斗の努力ちゃんと見たもんね、ゆい。

『神緒ゆいは髪を結い』【第13話】掲載予定の、週刊少年ジャンプは2019年6月10日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です