ふたりの太星(たいせい)|最新話【第3話】ネタバレ・感想!2019年6月3日27号


2019年6月3日発売・週刊少年ジャンプ(2019年27号)

『ふたりの太星(たいせい)』

今回は、最新話【第3話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第2話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『ふたりの太星』【第3話】を読みたい!という方は…ジャンプ+を利用すると、画つきで楽しむことが出来ますよ!

漫画『ふたりの太星』【第3話】のあらすじ・ネタバレ

夢の中で光に消えていった太がフラッシュバックする。

星は、初めての昼の世界にぼんやりとしていたー…

「…あれが太陽…」

 

星の作戦…?

太星が階段から落ちた事故からもう5日が経っていた。

しかし、それ以降太は出てこない。

 

奏は不安になりながらも、信じて待つしかないと自分に言い聞かせた。

(それに問題は星ちゃんよ! 退院明けも家で大人しくしてればいいけど)

 

すると、学内に女子のひとだかりが…

奏が目をやると、そこには陽気にはしゃぐ星の姿があった。

 

もう大丈夫なのかと心配する女子生徒に

「もー太ちゃんの太ちゃんもぴんぴんよー!!」

などとアホなことを言っている…

 

「帰れ!!」

奏は星に怒る。

太のイメージダウンになってしまうことを嫌がるが、星は奏は表面しか見ていないと言った。

 

星が太の居場所で自由きままにしていれば、嫌で出てくるだろう。

「太を引っ張り出す為の作戦なのさ」

奏は、星なりに太のことを心配しているのか…と納得した。

 

が、星は奏に背を向け、ゲスな表情でほくそ笑む。

(ぷっ チョロいぜ)

 

初めての学校生活

昼の世界を堪能しようとワクワクの星。

奏が太になりきるようにとバッチリと見張っているが、そもそも普段の太なんて知らない…

 

授業中に席を立つ。

周りに”自分がいつもどんな感じなのか”を聞いてみようとしたとき、先生に当てられてしまった。

「また天堂くんですか… よろしい答えなさい」

 

何か太星の様子おかしいと気づく先生。

普段から難しい問題も答えるのに…

(!! もしかしてわからないのでは!?)

普段からすまし顔でかわいくない生徒だと思っていたようで、ここぞとばかりにイビリ始める。

 

しかし、黙って見つめる太星の厳しい表情に退いてしまった。

「正解でーす 答えは沈黙 この世に絶対解はないんよねー」

 

おぉ~さすが と周りから拍手が起こる。

しかし実は、星はまったく分からず考え込んでいただけだった…

 

その後、二時間目…三時間目、四時間目…と乗り切って星は気づいてしまった。

(くっそつまんねぇぇ!! マジでヤバくね!? 窒息すんぞコレ!!)

ずっと静かに座って授業を受けることに、ただならぬストレスを感じていた。

もはや拷問で、国家ぐるみの実験で人類統一化計画でもやってるんだろうとすら思えてくる…

 

天堂信者を名乗る生徒

そして昼休み。

授業は地獄だが、食堂のご飯は気に入った星。

ガバババと書き込みながら食べるその後ろで、一人の男子生徒がメモを取っていた。

”10月25日 久しぶりに天童くんキター(゚∀゚)ー まだ完治していないみたいで 頭に包帯巻いているのが痛々しいけど 前髪の寝グセがカワイイ!!”

 

そのコソコソとした気配に、星はつい声を荒げる。

「俺の顔になんかついてんのか?」

 

バレていないと思っていただけにその生徒は動揺したが、その後もじーっと星を見つめている。

(マズい…勘付かれたか…!? こいつ要注意人物だな…)

 

星もさすがに気がかりになってきたその時、その生徒が思い切ったように話しかけてきた。

「…あのっ 天童くん!」

ヤバいと思った星だが、続く言葉は意外なものだった。

「…僕と 将棋指して頂けませんか?」

 

星と男子生徒は、将棋部へとやってきた。

太の居場所だと感じる星は、やっぱり将棋を指すのはやめようとした。

しかし、泣きつくような表情の男子生徒を無視することもできず、しぶしぶ座った。

プロ試験初日の将棋の続きくらいなら見せてもいいと言う星に、男子生徒は目を輝かせて喜んだ。

 

時間切れで敗けてしまった対局。

しかし本来であれば、7三同飛成で54手目に詰みとなるハズだったことを星は明かした。

そして、その鮮やかな手を見た生徒は、少し鋭い目をして言った。

「…… …あの… 本当にこれ天童くんが考えたんですか?」

 

その言葉に動揺する星。

太ではなく星の打った手なのだから、核心を突かれた思いだっただろう。

「…お前 何者?」

 

そう聞く星に、失礼だったかと謝りながらその生徒は、自分の率直な思いを口にした。

いつもの太の将棋よりも面白く、まるで一本の大逆転推理小説を読んだようだと。

 

そして涙を流しながら、大悪手だと思っていたことを後悔する…

「…皮肉だね 神の一手も理解されなければ大悪手だなんてさ」

スポンサードリンク

太と同じ表情をした星

神の一手を見て安心したという生徒は、先日のプロ試験二回戦の話を始めた。

ネットで”あんな勝ち方して酷い”といわれているらしく、星は興味を持った。

 

太が1分で勝利した、羽賀十三との対局の棋譜を並べてもらう。

てっきり羽賀が弱かったと思っていた星だが、並べられる一手一手を見るごとに固まっていった。

 

昼休みが終わり、戻ろうとする男子生徒。

ふと星の表情を見る。

さきほどまで様子がおかしいと思っていた太星が、いつもどおりになったと安心して将棋部を後にして行った。

そこにいたのは、闘志を抱いているような表情の星だった。

 

帰り道、奏は翌日のプロ試験の心配をする。

明日までに太が戻ってこなかったら、星に将棋を指して欲しいと頼む奏

その目には涙が…

 

しかし、星にはそのつもりはない。

(俺が将棋指したら 太の居場所がなくなんだろ…)

そして、太に出てくるよう念じながら眠るのだった。

 

天堂太星として…

翌朝、プロ試験3日目。

奏が太星の部屋をあけると、ベッドはもぬけの殻…

 

星はすでに会場の前に立っていた。

(太のバカヤロー!! 勘違いすんじゃねーぞ!)

 

星は太の居場所を奪うつもりはない。

しかし”天堂太星”として、他の誰にも太の居場所=将棋を奪わせるわけにいかなかった。

そんな決意と、将棋を指せるという高鳴りを胸に秘め、試験に挑むー…

スポンサードリンク

『ふたりの太星』の最新話など週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回は、『ふたりの太星』【第3話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

そこで、漫画『ふたりの太星』など、週刊ジャンプの最新話を無料で読む方法を調べてみましたが、

残念ながら無料で読むことはできませんでした。

ただし、週刊少年ジャンプに掲載されている作品は、現在ジャンプ+で電子書籍化されています。

バックナンバーで週刊少年ジャンプが読めます

電子書籍であれば、発売日にわざわざお店に行かなくてもすぐに読めます。

・発売日に本屋がオープンするまで待てない

・週刊誌はかさばるのが面倒…

という方は一度、ジャンプ+をお試しくださいね!

ジャンプコミックス最新刊を無料で読む方法

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、ジャンプ漫画の最新コミックスを無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽ジャンプコミックス最新巻を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『ふたりの太星』【第3話】の感想・考察

『ふたりの太星』【第4話】掲載予定の、週刊少年ジャンプは2019年6月10日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です