雪女と蟹を食う|最新話【第17話】ネタバレ・感想!2019年6月10日28号

週刊ヤングマガジン(2019年28号)

『雪女と蟹を食う』

今回は、最新話【第17話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【第16話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『雪女と蟹を食う』【第17話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(2019年28号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『雪女と蟹を食う』【第17話】のあらすじ・ネタバレ

北の手を離す彩女。

駆け出した先に待っているのは、彩女の旦那だ。

そう、彩女にはこの旅を終えても帰る場所があるのだー…

 

かえる場所と侵食する恐怖

(オレの… オレの帰る場所はー…)

北の頭によぎるのは、くくられた縄。

北にとって、この度は人生最後のものだったはず。

不意に不安と寂しさがよぎってしまう。

「帰りたくない…」

思わずそう口にしてしまった。

 

助手席で眠る彩女。

走らせている車は、前後を大きなトラックにはさまれている。

もし、今アクセルでもブレーキでも踏んでしまえば、彩女を旦那の元に返さずに済む。

そんな身勝手な思いが北を侵食していった。

 

希望を見出した瞬間の事故

ふと、眠っていると思っていた彩女が口を開く。

「ごめん…なさい…」

 

(いつから起きてー… まさか聞かれたー…?)

さきほどの、”帰りたくない”を聞かれてしまったかと北は焦る。

 

彩女は、雨の中を何回も外に走らせに行ってしまったことを謝った。

朝から寒気がすると気づいていたのに、どうしても先に進みたくて言えなかったのだという。

そして、熱がある顔を笑顔にして彩女は言った。

「楽しみですね 銀山温泉」

 

そう言うと、彩女はまた眠ってしまった。

我にかえる北は、嬉しそうに笑う彩女を思い出した。

さっきまでの濁っていた気持ちは、彩女の笑顔で吹き飛ばされた。

(…そうだ 行かないと アンタに銀山温泉を見せないと…)

 

すると次の瞬間、

パーっとトラックのクラクションが響き、車がバンっとトラックに追突されるー…!!

 

目の当たりにした死の存在

響き続けるトラックのクラクション。

暗闇の中、北は痛くないことが不思議だった。

そして、そっと目を開ける。

北と彩女の乗る車の前には、対向車線のトラックが止まっているー…

 

前を走っていたトラックが、その前にいた乗用車に追突してしまったのだった。

北の運転する車は事故に巻き込まれていない。

 

途端に脈打つように響く心臓の音。

ドクンドクン ドクン ドクン

事故車をゆっくりと追い越し、北は車を走らせた。

事故の現場を横切るときには、そこに広がる光景から目が離せなかったー…

 

望んでいた最期と初めての恐怖

無事に事故現場を過ぎた北は、コンビニで休憩をとることにした。

トイレを済ませ車に戻ると、どっと冷や汗が溢れてきた。

心臓の音もまだ鳴り止まないー…

 

目を閉じた北は思った。

(…ああ… オレは今まで 死をなんだと思ってたんだろう…)

 

隣では彩女が、事故や北の濁った思いなど知らずに眠り続けている。

北は、そっと手を伸ばし彩女の頬に触れてみた。

 

もし一緒に死んでしまえたら、幸せだったかもしれない。

この旅を終えても、一人ぼっちにならなかったかもしれない。

でも…

「よかった… アンタがぐちゃぐちゃにならなくて…」

北の言葉からは、生きていることへの安堵の声が漏れた。

 

「綺麗だ… すごく…」

そして、北は眠る彩女に顔を近づける。

雨はまだ降り続いていたー…

スポンサードリンク

『雪女と蟹を食う』の最新話など週刊ヤングマガジンを無料で読む

今回は、『雪女と蟹を食う』【第17話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『雪女と蟹を食う』【第17話】の感想・考察

彩女との旅って、結局北にとっては、現実逃避の部分があると思うんですよね。

「死ぬの怖いから、生きていられる理由づけしてる」

みたいな。

できれば、それが生きていく希望を見いだせるものになればいいんですけど…

なかなか北にはそれが出来ない。

そこへ来ての雨で、冤罪で周りの人間に見捨てられてしまったことがフラッシュバックしてしまいました。

旅を終えてからの絶望感がよぎるのも、まぁ分からなくはないですね。

 

彩女の笑顔を見たことで、北が旅を続けようと思い直した姿を、文章中では「我にかえった」と書きましたが…

旅を終えてからのことを考える方が、実はよっぽど「現実にかえる」なんだと思います。

いつまで現実逃避を続けられるんでしょうか…

銀山温泉も近づいていますしね。

次回も目が離せません!!

『雪女と蟹を食う』【第18話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年29号)は2019年6月17日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です