神さまの恋人|最新話【第12話】ネタバレ・感想!2019年6月10日28号

週刊ヤングマガジン(2019年28号)

『神さまの恋人』

今回は、最新話【第12話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【第11話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『神さまの恋人』【第12話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(2019年28号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『神さまの恋人』【第12話】のあらすじ・ネタバレ

VWでの海デートを楽しむジンタと舞花。

その傍らで、しつこいナンパに参ってしまうトモと龍子がいた。

 

なぜトモがそれを…?

ナンパ男は、いきなりホテルに行こうと言い出す。

あまりにもダイレクトな誘いに、トモが幻滅していると男はのうのうと言った。

「え?ここはVWだぜ? リアルみたく面倒な手続き抜きで さっさとヤりたいことを…」

 

トモは、持っていたドリンクをバシャッとかけ、ナンパ男に言い放つ。

「死ねば?」

見ていた龍子も、自分にまとわりついていたナンパ男を蹴飛ばした。

 

そんな光景を見ていたジンタ。

パチンと指を鳴らし、NPCのライフガードを呼ぶ。

ガチマッチョで強面のライフガードが現れた途端、ナンパ男たちは逃げていったのだった。

 

和気あいあいの一同、そしてジンタはトモにそっと耳打ちする。

「ごめん トモ そろそろ…」

舞花ちゃんと二人きりになりたい、というジンタのサインだった。

 

トモは龍子に浜焼きの店を教え、誘導していった。

感謝するジンタに、トモは鋭い目をして気をつけろ、と言う。

「このセカイで起きたことは 現実になるかもしれないってこと 忘れるな…」

 

ジンタは、一瞬戸惑いながらトモと龍子と解散する。

(智也に 九城先生から聞いたこととか話したっけな…?)

トモは、少し複雑そうな、悲しそうな表情を見せていた。

 

舞花ちゃんとの初めての夜

二人と別れ、デートの続きをするジンタと舞花ちゃん。

砂浜に倒れ込みながら、ジンタは舞花ちゃんに言う。

「今日はずっと一緒にいたい」

 

海を後にする二人。

ふとジンタの頭に、再び現実の舞花とのキスが蘇る。

(なに考えてるんだジンタ 僕は 現実(リアル)より… このセカイの舞花ちゃんを選んだんじゃないか!!)

そう自分に言い聞かせたのだった。

…って、何回言い聞かせてんだよジンタ!!w

 

ホテルに到着したジンタと舞花ちゃん。

しかし、ホテルは満室…

必死に200室も創ったのに、神さまの自分が泊まれないとは!!

 

他のホテルを探そうという舞花ちゃんだが、実は他のホテルはダミーだった。

制作が間に合っていないので、そもそも空いていない…

 

困っているジンタに、舞花ちゃんは自分の部屋にこないかと提案してくれた。

「狭いけど よかったら…」

 

そして、舞花ちゃんの部屋で初めての夜を迎える。

ジンタは、自分にとっての現実を今一度考えていた。

 

『64TOKYO』は偽りのセカイなのか?

ニセモノのネットの中にしかないセカイなのか?

いや、違う。

ジンタにとって、ここはなにもかもが現実。

このセカイの、舞花ちゃんという存在。

その感触、吐息、すべてが真実なのだったー…

 

目の当たりにする現実への干渉

翌朝、現実世界にジンタは戻ってきた。

余韻に浸りながら、シャワーへ向かう…全身の痛だるさを感じながらふと鏡を見る。

「!」

 

そこに映った自分は、以前よりも痩せて精悍な顔つきをしていた。

しかも、うっすら腹筋も割れ始め、身長まで伸びているー…

成人男性が、168センチから174センチにまで短期間で伸びるって、ちょっとあり得なくない…?

 

九城教授の話がジンタの頭によぎる。

(人間の心理とは 人間の創造であり認識であり… 現実世界を保っている絶対神そのものかもしれない もしかしたらキミの創造した『64TOKYO』こそ 世界を変えるー)

 

「ほ 本当なのか? 本当にVWの影響で…?」

ジンタの変貌は、仮想が現実を侵食している、という決定的な証拠なのだろうかー…

スポンサードリンク

『神さまの恋人』の最新話など週刊ヤングマガジンを無料で読む

今回は、『神さまの恋人』【第12話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『神さまの恋人』【第12話】の感想・考察

ちょっと気になってましたけど、やっぱりジンタは、トモに九城教授の話の内容は伝えてなかったんですね。

前々回のストーリーで、電話で話していたときにも

「64TOKYO」の舞花とは付き合ってるんだから、現実でそうなっても不思議じゃない

ってトモが言ってたんですよねぇ~…

てっきり、ジンタが九城教授とのやりとりを話したためのセリフだと思ったんですが、違うとなると、トモはどうして九城教授の話を知っているんでしょう?

 

これで次回、御堂刑事かVWの龍子に何かあったとしたら、トモはかなり怪しく思えちゃいます!!

『神さまの恋人』【第13話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年29号)は2019年6月17日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です