BEASTARS(ビースターズ)|最新話【132話】ネタバレ・感想!2019年6月13日28号

2019年6月13日発売、週刊少年チャンピオン(2019年28号)

『BEASTAR(ビースターズ)』

今回は、最新話【第132話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【131話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『BEASTARS(ビースターズ)』【第132話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊少年チャンピオン(2019年28号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『BEASTARS』【第132話】のあらすじ・ネタバレ

「なーに モタモタしてんだ~ フリー」

アガタの右手に突き刺したフォークを更に強く踏み、メロンは連れ込んだ部外者を早くひきづり出せという。

 

最初から匂いで分かっていたというメロンの言葉に、ルイは覚悟を決め障子の外に出ようとした。

そのとき、ミーゲルが重い口を開く。

「ボス …その”部外者”をここに連れ込んだのは 俺です」

 

完全生物

今見せると言ってミーゲルが取り出したのは、さきほどルイが生え変わりで落とした角。

「血もついててやけにフレッシュな角に見えるけど ミーゲルくん 一体どこでどうやってそれを?」

メロンは明らかにイラついていた。

 

ミーゲルをかばって嘘をついたミーゲル。

これは、嘘がバレてもバレなくてもマズイ…

 

ミーゲルは腹をくくったように言葉を連ねる。

「言い訳はしません… できるはずもない…」

「肉食獣というのはただただ… 愚かな生き物なのです それだけです」

 

そして、土下座をしながらメロンに対してひたすらへりくだった。

肉食と草食のハーフであるメロンは完全生物だが、自分は「肉は月に2食のみ」というルールを守れなかったしがないタダのライオンだ。

万が一許されるなら、完全生物であるメロンに近づけるよう邁進すると。

 

「フーン… ”愚か”なりに頭を使ったな」

ミーゲルの言葉に溜飲を下げたメロンは、次はないと言って部屋を後にしたのだった。

 

本当の平等とは?

ルイを障子の裏から出し、シシ組は裏市の外まで彼を送っていく。

その道すがら、ルイは、裏社会でも肉食獣の絶対的覇権が弱まってきていることを聞いた。

そのためにシシ組は、イメージアップしてビジネスをやりやすいよう、ハーフであるメロンをボスにしたのだそう。

 

それを聞いたルイは、平等思想の在り方に不満を持った。

「でも”平等”って言うんなら お前らライオンだって堂々と強くていいはずだよな こんな抑圧されてるのはおかしい」

肉食獣が肉を食うことあって誰にも責められることじゃない…

 

その言葉を聞いたシシ組は、ルイにまたボスとして戻ってきて欲しいと声を大にして言った。

ルイは困ったような顔を見せ、自分たちがシシ組を抜けるほうが現実的だと話す。

「それこそ不可能だ… 俺たちみたいな生まれも育ちも裏市のライオンは シシ組を抜けたらもはや生きてく術がない」

そして、ちょっと悲しそうな顔で笑いながらフリーは言った。

「…すっかり情けなくなっちまったんだよ俺たち」

 

シシ組と別れ、駅で電車を待つルイ。

出来ることならシシ組を助けたい…でも自分に何が出来るのかと悩んでいた。

そして、ルイの頭にレゴシのことがよぎる。

(こういう時… あいつならとんでもない行動力を発揮させて あの胡散臭いハーフ男を 一発KOでもしてやれるんだろうか)

 

幽体離脱と母子の邂逅

目覚めたレゴシは病院にいた。

記憶を辿り、メロンに撃たれたことを思い出す。

「…大丈夫だ 記憶も残ってるし体もちゃんと動く」

 

誰か呼ぼうと振り返ると、起き上がったベッドには、呼吸器を取り付けられた自分が目を開けず横たわっている…

 

一瞬固まったレゴシは、自分の指を点滴台に当ててみる。

スゥ…と通り抜けてしまう指を見て、衝撃が走ったー…

(俺 死んだの!?)

 

しかしベッドで眠る自分に取り付けられた機械からは、電子音がピッピッと鳴り続けている。

幽体離脱してしまったらしかった。

 

魂となってしまった自分、レゴシは死を覚悟した。

(死ぬのか… 俺… とうとう…)

すると突然後ろから声がする。

「諦めるの早すぎじゃない?」

 

その声に驚き、レゴシは振り返った。

「お… お母…さん…?」

そこにいたのは、オオカミの女性。

 

ー幽体離脱ついで…というか 確かに今くらいしか機会がないことなんだけど

6年前に自殺した母と 再会しましたー

 

微笑みながらレゴシの母は言った。

「大きくなったね レゴシ」

スポンサードリンク

『BEASTARS』の最新話など週刊少年チャンピオンを今すぐ無料で読む

今回は、『BEASTARS』【第132話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『BEASTARS』【第132話】の感想・考察

これで、ルイとレゴシ(正確にはヤフヤ)の利害が一致しましたね。

共闘もアリなんじゃないの?

でも、まずはレゴシが無事自分の肉体で目覚めないとですよね…

母親との再会で、草食と肉食の壁への意識が変わるといいんですけど。

何を対話するんでしょうか!?

次回も楽しみですね。

『BEASTARS』【第133話】掲載予定の、週刊少年チャンピオンは2019年6月20日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です