乃木坂の詩(うた)|最新話【第7話】ネタバレ・感想!2019年6月17日29号

週刊ヤングマガジン(2019年29号)

『乃木坂の詩(うた)』

今回は、最新話【第7話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【第6話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『乃木坂の詩(うた)』【第7話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(2019年29号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『乃木坂の詩(うた)』【第7話】のあらすじ・ネタバレ

もう一度、蒼生にギターを弾いて笑顔になってもらうんだ!!

そんな一途の決意を置き去りに、蒼生はギターに弦を張り直していたー…

 

佐倉有聖という存在の大きさ

(やっぱり俺じゃなかったのか…!! あいつを変えるのは…)

ショックを受ける一途…

いや、どんだけ自己評価高いんだよw

 

陽が落ちていたことに気づいた蒼生は、ギターの片付けを始める。

言いたいことがある、と言う一途だったが、その足は震えていた。

ストンと膝から落ちる。

(ははっ… 身体がビビってる…)

 

そこに、黒猫ののぼるを連れた神主さんが現れた。

「また弾くの? ギター…」

黙っている蒼生の表情は、少し曇っていた。

 

オロナミンCでも飲むか?と差し出されたが、蒼生は受け取らなかった。

炭酸が苦手らしい。

そして、神主さんは初めて蒼生が神社に来た時の話をした。

「3年前にあおちゃんが初めてこの神社に来た時も 彼が2本とも飲んでたもんね…」

「彼」とはもちろん、亡くなった相方・佐倉有聖のことだ。

 

神主の胸元からぴょんと降りたのぼる。

蒼生は、その後を追って歩いていってしまった…

 

神主さんは一途に話を続ける。

蒼生は、昔から他人にあまり笑顔を見せなかったが、有聖と2人の時だけはよく笑っていたという。

 

少し、複雑そうな一途の表情。

(俺の知らない深見蒼生…)

一途の中で思い返される蒼生といえば、曇った表情や冷たい目、涙を浮かべたものばかりだったー…

 

そして、神主さんは、有聖が亡くなった日の蒼生の様子を語った。

その日先に来ていた蒼生は、夜遅くまで彼を待っていたのだそうだ…

 

一途には、雪の降る中で冷えた手を温めながら、石段に座って有聖を待つ蒼生の姿が見えるようだった。

(今でも… あいつは… 卑怯だよ… そいつ…)

一途の中に、少しの悔しさが滲んだ。

スポンサードリンク

二人の逃避行

「えー すごっ!!」

「本物ー!?」

ふと、後ろから声がした。

振り返ると、蒼生が浴衣姿の女の子数人に囲まれていた。

ふかさくだと知って話しかけられたようだが、蒼生は戸惑っている様子だった。

 

そして女の子の一人が、蒼生の持っていたギターに気づく。

「奇跡的にギターもあるし よかったら歌ってくれませんー?」

そうせがまれ、気まずく口ごもる蒼生。

 

困った様子の蒼生を無視し、ちょっとだけ!と退かない女の子たち。

歌ったら「いいね」押して”あげる”だとか、写真ならいいだろう、と勝手なことばかり言う。

蒼生からしてみれば、別に「いいね」が欲しいワケでもないし、有名人のつもりもない…

 

「でも めちゃめちゃファンもいて忙しいし いちいち対応してらんないですよねー」

一人の女の子が口にしたその一言に、蒼生の表情がぐっと暗くなったその時ー

一途がぱしっと蒼生の腕を掴んだのだった。

 

「お… ”おで”と来て…!」

”俺”を噛んでしまったが、一途はそのまま蒼生を連れてその場から走り去った。

 

どこへ向かう、なんて何も考えていなかった。

ただ、汗をかきながら、息をきらしながら、一途は蒼生を連れて走った。

 

堤防の向こうには、輝く月と海が広がっていて、まるで映画のワンシーンのようだ。

腕を引かれながら走る蒼生の顔は、心なしかさきほどよりも晴れやかだったー…

そして、二人は何処へ向かうのか…

スポンサードリンク

『乃木坂の詩(うた)』の最新話など週刊ヤングマガジンを無料で読む

今回は、『乃木坂の詩(うた)』【第7話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『乃木坂の詩(うた)』【第7話】の感想・考察

いやー…神主さん、めっちゃぶっこんできましたよー…

蒼生の気持ちを知ってか知らずか、どんどん有聖の話しちゃうんだもんなぁ。

蒼生に、早く元気になってほしいっていうエールのつもりなんだろうか?

一途を頼りにしてるとはちょっと思えないけど…

 

そして今回の一途は、蒼生の表情や気持ちが読み取れたとは思えないけど、ひとまずグッジョブ!だったと思います。

レコード会社の林が言っていたように、蒼生には「売れよう」「人気者になろう」なんて気がさらさらないワケですよ…

でも、「動画をアップロードしてる=注目を集めたい」みたいに取られちゃうのも、まぁ仕方ないのかな。

そもそも、どうしてふかさくが動画をアップし始めたのか、そのあたりも徐々に明らかになればと思いました。

『乃木坂の詩(うた)』【第8話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年31号)は2019年7月1日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です