雪女と蟹を食う|最新話【第19話】ネタバレ・感想!2019年6月24日30号

週刊ヤングマガジン(2019年30号)

『雪女と蟹を食う』

今回は、最新話【第19話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【第18話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『雪女と蟹を食う』【第19話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(2019年30号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『雪女と蟹を食う』【第19話】のあらすじ・ネタバレ

オレは周りの人間に優しかっただろうかー

北は、これまでの自分が、他人にとってどんな人間だったかを思い返していた。

 

因果応報を知る

まだ雨が降りしきる中、彩女が眠っていた。

北は一人で窓際の椅子に座り、外を眺める。

 

北は、痴漢事件の当時、自分に冷たくした人達のことを恨んでいた。

元恋人・マホのことがフィードバックする。

休日にゲームをしている北を、彼女は次の連休に出かけようと誘った。

「ちょっと… 会社で色々あってさ… …気晴らしに… 海とか見に行きたい」

 

しかし、北は背を向けたままで、あまりいい返事をしなかった。

「家でゆっくりするのが なんだかんだ一番なんだよ」

そう言った北に、マホはすごく寂しそうな表情をしていた。

「…去年も同じこと言ってたよ きっとアンタは 来年も同じこと言うね…」

 

争わないように、折れてくれていたのはいつもマホ。

それに甘えて、北は上手くやれていると思っていた。

結局、マホに何もしてやれていなかった。

だから、助けを求めた時に突き放されてしまったのだろう。

(理不尽だと思っていた 全てのことが… オレが他人にしてきたことの報いだった…)

 

北は、もう自分がどんな人間だったかなんて思い出したくもなかった。

そこに、コンコンと部屋をノックする音。

宿の女将が、おかゆを持ってきてくれたのだった。

 

テーブルに並べられたのは、両方ともおかゆ…

北には普通の食事が届くと思っていただけに、彩女はちょっと戸惑った。

それに対し北は、最近はカロリー高めだったからちょうどいいと笑った。

「それに… オレだけ美味いもん食うわけにもいかないし…」

その言葉に、彩女は少し表情をほころばせるのだったー…

 

彩女の心と向き合う

しっかりと食事を摂り、彩女にも薬を飲ませる。

そして、二人は同じ布団で床についた。

 

彩女は、目を閉じながら北に旦那の話をし始めた。

出張からめったに帰ることもなく、東京と長野に別宅があるような男なのだという。

物書きらしかった。

彩女は、広いあの家にずっと一人だったのだ。

 

北は、子どもについて尋ねた。

「……あの人はいらないって」

それを聞いて、北は彩女は子どもを欲しいと思っているかもしれないと感じた。

 

「…そういえば ずっと気になってたんですけど どうして人差し指に指輪つけてたんですか?」

彩女は、北がそんなところまで見ていたことが意外だと笑った。

そして、結婚前に比べると、薬指では少しゆるくなってしまったことを答える。

「かなり痩せちゃったから」

 

人肌のぬくもり

彩女の話を聞いて、北は歯をギリ…と食いしばり言った。

「…ごめん」

図書館で初めて会った時、北は彩女のことを”美人なだけで何もしなくても旦那の稼ぎで悠々暮らしている”と思っていた。

それを聞いて、彩女は少し顔を歪めながら答えた。

「別に… 間違ってはないですよ…」

 

北は、仰向けだった姿勢から、彩女の方に体を向けた。

「アンタも 孤独に堪えてきたんだな…」

そして、彩女の手をにぎる。

本当につらそうな表情で、北は彩女に謝った。

「怖い思いさせて ごめん」

 

その言葉と表情に、彩女も切なそうだ。

「いいの…もう」

とうに北を赦している彩女は話を続ける。

北の体温がとても高いこと

最初に会って腕を掴まれたときに、男の人の体温と感触を思い出したこと

「人ってこんなに温かいんだって」

 

マホが海辺で笑う姿が北の脳裏に映し出された。

それは、当時してやれなかったことだ。

(もう同じ過ちは繰り返さない)

 

彩女に何をしてやれるかは分からない

でも、北の凍てついた心は溶け、とても穏やかな気持ちだった。

いまだ雨が降りしきる中、二人は体温を感じながら溶け合うように眠ったー

スポンサードリンク

『雪女と蟹を食う』の最新話など週刊ヤングマガジンを無料で読む

今回は、『雪女と蟹を食う』【第19話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『雪女と蟹を食う』【第19話】の感想・考察

北は、これまでの他人に対する姿勢に向き合いました。

相手への思いやりが足らなかったし、だから自分のピンチに助けてもらえなかっただけ。

彩女に対してもすごく独りよがりで、道連れにして死のうとさえしたワケです。

そりゃあ、さすがに落ち込むとは思います。

でも、北はきちんと過去の自分を受け止めました。

だから、”自分の目だけ”で見る彩女じゃなく、きちんと彩女の話を聞いてみようと思ったのでしょうね。

やっぱり彩女にも、北の知らなかった苦悩がありました。

北は、しっかりと過ちを受け止めているからこそ、彩女にきちんと謝れたのだと思います。

そして、だからこそ彩女の気持ちにぐっと寄り添えたように感じました。

次回は、雨も止み彩女の体調も少しは戻っていることを願います。

そして、他人を思いやれるようになったことで、北が少したくましくなるのかな?

いや、また空回りするかもしれないなぁwなんて楽しみです。

『雪女と蟹を食う』【第20話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年31号)は2019年7月1日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です