美しビルの解かない探偵|最新話【第2階】ネタバレ・感想!ASUKA8月号

2019年6月24日発売月刊ASUKA 8月号

『美しビルの解かない探偵』

今回は、最新話【第2階】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第1階】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

ネタバレなしで『美しビルの解かない探偵』【第2階】を読みたい方は…

マガジンWalkerにて、今すぐ最新話を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

『美しビルの解かない探偵』【第2階】のあらすじ・ネタバレ

今回は探偵がヨーロッパ風のソファーに寝っ転がりながら、優雅に音楽を聴いているシーンから始まります。

しかしその背後では色々な物が突き刺さって壊れた電話が。

 

誰からも連絡が来ないので探偵は優雅な時間を過ごせていたのですね。

 

「この美しい平穏がこんな単純なことで得られるのなら、もっと早く実行すればよかったんだ」

 

と呟いていますが、電話の破壊のことだったのですね。

冒頭のセリフなのでもっと深読みしてしまいました。

 

そこへ駈け込んでくる金髪美女。

確か1話ではエレベーターガールをしていた方だったと思うのですが、探偵の部屋に入ってくるや否やあっという間に電話を直してしまいます。

 

それを見た探偵は再び電話を破壊するのですが、金髪美女もまたすぐに電話を直してしまいます。

それを繰り返す事数十分。

探偵の体力がつきました。

そしてそれを見計らったかのようにかかってくる電話。

 

相手は探偵が「たまには休ませてくれても……」とぼやくのも無視し、3階へ向かえと指示をしてきます。

電話を切った探偵は思わずため息。

 

そしてまだ部屋に居続けている金髪美女に「いつまで君はここに居る気だ?」と問いかけます。

すると彼女は「お仕度から到着までお供しろ」と言われていると告げます。

探偵は「今日の君は可愛くないね」と返すのですが、この二人の関係性も気になるところ。

 

そして探偵は本日も『うるわしビル』のエレベーターから『謎』の在り処へ向かいます。

 

スポンサードリンク

シーンは変わり、暗い部屋で大量の汗を流している男が「どうして…俺はこんなことを…」と椅子に座っています。

そこへ現れる探偵。

相変わらずネクタイ一つとっても洗礼された装いで部屋に入ってきます。

 

中にいた男ははっとしたようにベットの方を振り向くのですが、探偵は笑みを崩しません。

 

まあ彼はここで事件があったから来たので、当たり前と言えば当たり前なのですが、それにしてもティータイムでもしそうなくらいの落ち着きようですね。

 

そして探偵は男にこの部屋で何があったか話してみないかと持ち掛けます。

自らを「必ず『美しい真実』にたどり着くと評判の」と説明し、「貴方が考えている以上の真実を私は見つけられるかもしれない」「警察に突き出したりは誓ってしません」と畳みかけます。

 

そして男は探偵を怪しみながらもぽつぽつと過去を事の経緯を話し始めるのです。

 

ベットで血を流している女性とは学生結婚であった。しかしお互いにお金がなかったため男は学校をやめて生活のために必死に働いていたそうです。

しかし必死に働きすぎて彼女を蔑ろにしてしまった結果、彼女は他の男と愛し合うようになってしまった。

 

語る男は、そうなってしまった彼女の気持ちは分かるとしつつも、「彼女を愛する俺の気持ちは届いていると…。俺の許に戻ってくると信じて…!」と嘆きます。

 

そんな男を前にして、不意に煙草を吸い出す探偵。

彼は男にも煙草をすすめます。

男は結婚してから禁煙していたという理由で一瞬迷いを見せますが、結局探偵から煙草を受け取ります。

 

まあもう彼女は血を流してベットの上に倒れているので、今さら禁煙どうのこうのではありませんからね……。

 

そして煙草を受け取った瞬間から彼女への不満が爆発します。

彼女が煙草を吸う自分をいつも睨んでいたから必死に我慢したのに、この部屋に置かれている灰皿は彼女が喫煙者の浮気相手の為に用意したものだというのです。

 

それは酷い。彼女は浮気相手を自宅に入れていたということでしょうか。

それにしてもこれ見よがしに灰皿を用意するとは、旦那さんへの当てつけというか、メッセージのようなものを感じますね。

 

探偵はそんな男の言葉を遮り、机の上で煙草の火を消します。

他人の家の机で煙草を消すなんてなかなかの性格ですよね。

灰皿はあるのにあえて机で消すとは……。

少し引いてしまいますが、これにはちゃんとわけがあるのです。

 

「だからこれで奥様を殴ったんですね」と持ち上げた灰皿の裏には血痕が。

そう、灰皿が凶器だったのです。

 

男は真実を言い当てられ、力なく椅子に座ります。

そして正直に灰皿で彼女を殴ったことを打ち明けるのです。

 

「…しかしいくら妻が浮気していても、殺してしまった俺がすべて悪い…妻はもう二度と俺を許してはくれないだろう」とうなだれる男に、探偵は身を乗り出して声を荒げます。

 

「私はむしろ今の貴方にとって救いの天使だ。言ったでしょう?貴方が見つけた以上の真実を私が与えると」

 

そう言うと血痕のついた灰皿をよく見るように男に告げます。

その灰皿には二つの血痕がありました。

 

二回殴ったからでは?と思ったのですが、男は一度しか殴っていないと言います。

だとすると血痕は一つしなないはずですね。

 

動揺する男に探偵は「簡単なことです」といって説明を始めます。

なんと「『頭を殴られた人間』が『二人』いる」というのです。

 

そしてようやく、冒頭から男が「頭が痛い」と言っていた本当の意味がわかるのです。

男は妻を殺してしまってパニックになっていたから頭痛に襲われていたのではなく、一度殴られ気絶した妻が気づき、そして男を殴っていたから、頭痛に襲われていたのです。

 

男が頭の後ろに手を当てると、手にがっつり血が!

頭痛どことの痛みじゃなさそうですが、本人は妻を殺してしまったという動揺で気づかなかったのでしょうか。

 

そんな男に探偵は「貴方は悪くない。許すも断罪するも、奥様の人生のすべては貴方の『愛』に委ねられるのですよ」とささやきます。

 

前から思っていたのですけど、この探偵決して「良い人」ではありませんよね。

人を翻弄して楽しんでいるような節があるようなないような……。

 

そして部屋を去っていく探偵。

その先で待っていた金髪美女が「驚きました」と目を合わせないまま探偵に語り掛けます。

「私がまともななぞ解きをしたからかい?」と問うのですが、「そんなことではなく、別に大した謎ではありませんでしたし」とそっけない態度。

 

大した謎ではなかったと知っているということは彼女もどこかでなぞ解きを聞いていたのでしょうかね?

 

それはさておき彼女が驚いた理由は探偵が「愛」だなんて口にしたことだそう。

それに探偵は笑って答えます。

 

「…だって皆好きだろう?『愛』っていう名前の大義名分がさ。結局エゴしかないっていうのにね」

 

一言一言にどことなく闇を感じますね。

そして探偵は自室にもどりソファーに寝転がりながら、先ほどの事件解決の礼として貰ったラジカセで「90年代の恋愛映画の主題歌」を聴いています。

 

そして「まるでこの映画のような、幽霊みたいな事件だったな。…もっとも幽霊になるのはこのあとか」という呟きのあと、先程の男性が血まみれになっている衝撃的なシーンで終わりを告げます。

スポンサードリンク

『美しビルの解かない探偵』の最新話など月刊ASUKAを無料で読む

今回は、『美しビルの解かない探偵』【第2階】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

マガジンWalkerは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録した初月は無料で楽しめるので、漫画の最新話を無料で読めちゃうほか、たくさんの漫画雑誌がなんと読み放題!!

「メジャーすぎる漫画はちょっと飽きちゃったな…」という方にも、気に入る漫画が見つかるはずです。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

コミックス最新刊を無料で読む方法

U-NEXTでは、無料トライアルをやっています。

登録してすぐにポイントがもらえるので、最新コミックスを無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽コミックス最新巻を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『美しビルの解かない探偵』【第3階】の考察

探偵や探偵に指示を出す相手の正体、金髪美女との関係、このあたりが明かされていく日は来るのでしょうか。

そして次回はどんな事件をどんな風に解決していくのかしないのか、楽しみです!

 

『美しビルの解かない探偵』【第3階】掲載予定の、月刊ASUKAは2019年7月24日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です