花野井くんと恋の病|最新話【第16話】ネタバレ・感想!デザート8月号

2019年6月24日発売デザート8月号
『花野井くんと恋の病』

今回は、最新話【第16話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ネタバレなしで『花野井くんと恋の病』【第16話】を読みたい方は…

U-NEXTにて、今すぐを無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

『花野井くんと恋の病』【第16話】のあらすじ・ネタバレ

春休みを満喫している、ほたると花野井。

来週は、花野井の誕生日。

2人は、当日の計画を立てていた。

楽しみな誕生日

花野井の誕生日は、花見をすることにした。

家の近くにある桜の名所を調べ、ほたるは弁当を作っていくことに。

「嬉しいなぁ…!すごい楽しみ」

花野井は、満面の笑みを浮かべた。

誕生日、花野井を喜ばせたいほたるは、プレゼントや弁当以外にも、できることはないか考えていた。
『いつかキスしたいなって思ったその時は 合図してね』

花野井のセリフを思い出し赤面するほたる。

だが、ほたるはキスしたいか、そしてどんな時にしたくなるのか、わからないでいた。

ほたるは、姉に相談することにした。

たびたびほたるは、姉に恋愛相談をしていたが、実は、姉は彼氏いない歴=年齢。

姉は内心、戸惑っていた…そうとは知らないほたるは、信じ切った目で姉を見つめる。

姉は、その目に押し切られ、ついついしったかぶって、アドバイスをするのだったw

姉の意見を参考に、考えながら歩いていると母に呼びかけられた。

「前々から言ってたおじいちゃんの法事 今度の6日だから」

ほたるは、とたんに青ざめる…6日―その日は約束していた花野井の誕生日で!!

特別な日

「ごめん!!!」

ほたるは、あわてて花野井に電話をかけた。

電話越しでも伝わる、ほたるの動揺…花野井は優しく声をかけた。

「僕はほたるちゃんがお祝いしてくれるなら いつでもどこだってすごく嬉しいよ」

そう花野井から言われたものの、ほたるは激しく落ち込んでいた…

誕生日当日。

花野井は、ほたると行く予定だった桜の名所へ行くことにした。

下見も兼ねて―

(来年は一緒に行くかもしれないし)

満開の桜、出店もあり、にぎわう川辺。

花野井は、眺めながら歩いていく。

道を進むにつれ、人気が少なくなっていった…

法事が終わり、ほたるは時計を見る。

この時間なら、少しは花野井に会えると思ったが、まだ会食があると聞かされて…!

(か、確実に帰る頃には夜だ…)

会えないとショックを受けるほたる…それに気づいた姉が、事情を聞き出した。

そして姉は、ほたるの背中を押す。

「いいじゃん 帰っちゃえば?」

「ほたるだって多少迷惑かけてでも 自分のしたいことしていいんだよ?」

姉の言葉に、ほたるは自分の気持ちを語り出した。

誕生日は、1年に1度、“特別”なものなのかも…そう思うようになったのだと。
「――…っお姉ちゃん 私…やっぱり今日お祝いしたい…!!」

姉の後押しを受け、ほたるは駆け出して行った―

スポンサードリンク

…いい子? 花野井の想い

花野井は、川辺で読書をしていた。

そこへ倉田から電話がかかってくる。

遠慮なしに話す倉田に、迷惑そうな花野井。

冷静にあしらっていると、ほたるも一緒かと尋ねられ、違うと答えるやいなや―
「えっ なんで!? 何ソレ寂しい!!」

ストレートに返す倉田。

花野井は、ほたるには別の日に祝ってもらえればいいと続けて答えた。

「へーおまえって いい子だなー」

またも遠慮なしに返してくる倉田の会話を、花野井はさえぎるように電話を切った。
(―昔から 家族よりも 友達よりも 僕を…僕だけを『一番』にしてくれる人を探してた)

花野井は、そのためならなんでもしてきた…だが、思い通りにはいかなかった。

(1番じゃないなら なんの意味もない)

そう考える、自分のどこがいい子なんだと、花野井は思いふける…

そんな花野井だったが、ほたると出会ってからは変わった…!?

(ほたるちゃんのそばにいると…1番がどうとか 忘れてる瞬間がある)

ほたるの笑顔だけで、花野井は、過去の自分も想いも全部、報われたような気持ちになるのだった。

だが、それと同時に花野井の中で、正と負の感情が入り混じっていて―

「心がバラバラだ…」

花野井は深くため息をついた。

その時、ほたるからメッセージがくる。

『誕生日おめでとう』そして…

ほたるは息を切らし、花野井のマンションを訪ねたが、不在だった。

電話がつながらない花野井…今どこにいるのか、メッセージを送り、ほたるは返事を待つ。

待つ間、ほたるは、いつもと逆だと思った。

(花野井くん いつも私のこと捜して走ってくれるから)

そして思い出したのは、あのセリフ―
『置いて行かないでほしい』

花野井から帰ってきた返事は、「家だよ」!?

ほたるは、念のためインターホンを押すが…やはり応答がなかった。

(うーん ウソをつかないといけないようなところにいるってこと…?)

花野井の居場所を考えるほたる。

その時、目についたのは桜の木―ほたるは駆け出した。
(置いて行かない   置いて行かないよ…!)

「今からそっちに行く」というほたるのメッセージに、驚き立ち上がる花野井。

辺りを見回し、立ち尽くす…

そんな花野井を、ほたるは見つけ出した!

「! 花野井くん!」

名前を叫び、駆け出して行くとほたるは花野井に抱き着いて―
どしーん

その場に倒れこむ2人。
「―お誕生日おめでとう、花野井くん いつも幸せを たくさんありがとう」

そう言って、ほたるは花野井に笑いかけた。

ほたるの笑顔に花野井は、気持ちが溢れ出す―
(大好きだ 1番にしてほしい でも1番にしてくれなくたっていい  ただ ずっと一緒にいてくれたら それでいい)

そんな強い想いを胸に、花野井はほたるを抱きしめ、小さくありがとうとつぶやいた…

運命の人に―

ほたると花野井は、寝ころびながら桜をながめていた。

「やっぱり1人で見るものじゃないね、桜って」

そう言った花野井は、やはり我慢していたのではと、ほたるは思った。

ほたるは、自分の気持ちを伝えた。

花野井が大丈夫じゃない時は、絶対そばにいたいと思っていて、そんな時は呼んでほしいと―
「約束」

ほたると花野井は、小指を結んだ。

その時のほたるの笑顔から、花野井の中に浮かんでくる想い―…

同時に思い出す、教室の影から、おびえた表情で中をうかがう少年…その先には女の子。

この光景は一体…!?

(もう何もできなかった あの頃の僕じゃない)
(僕は君の 運命の人になりたい)

花野井は、ほたるを守ると、心に固く誓った―

スポンサードリンク

『花野井くんと恋の病』の最新話などデザートを無料で読む

今回は、『花野井くんと恋の病』【第16話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『花野井くんと恋の病』【第16話】の感想・考察

まさかの!法事とかぶってしまうとか…ほたるのショックは、はかり知れなかったでしょうね。

でも、花野井も同じくらい、いやそれ以上に、ショックを受けていたんだと思います。

だから、無事2人が会えて、一緒に誕生日が過ごせてなにより…

さらに2人の関係が深まりましたね!

今回、花野井の過去も見え隠れしていたのですが…

最後のちらっとあった、回想シーン!

男の子はもちろん花野井、だけどあの女の子って―!?

これからどう関わってくるのか?…気になるところ。

ほたると花野井の深まっていく関係にも注目ですね!

『花野井くんと恋の病』【第17話】掲載予定の、次号デザートは2019年8月24日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です