線は、僕を描く|最新話【第2話】のあらすじ・ネタバレ!2019年6月26日少年マガジン

2019年6月25日発売、週刊少年マガジン

『線は、僕を描く』

今回は、最新話【第2話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに、ネタバレなしで『線は、僕を描く』【第2話】を読みたい方は、

U-NEXTにて、今すぐを無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『線は、僕を描く』【第2話】のあらすじ・ネタバレ

再び篠田宅を訪れた霜介。

送ってくれた西濱さんと別れ玄関を開けるとそこには凛と美しい女性が。

後に湖山に聞くと、その孫千瑛だと言う。

前回展覧会で見た薔薇の絵そのものの人だった。

絵をみて人がわかる、自覚がなくても霜介にはそういう目が備わっている。

そういう風に湖山は感じていた。

 

今日の練習は墨をすること。

前回の筆の感触に胸を奪われてここに来た霜介には少し期待はずれではある。

ごりごりすっても、さらさらすっても、いいとも駄目ともいわず「もう1回」を繰り返す湖山。

何度も何度も繰り返し、気もそぞろになっていき、

春、飛ぶ鳥、木陰、そういったものを感じているうち、湖山が「出来た?」と声をかけてくる。

「今すごくぼーっとしてて!」と言い訳をはさもうとした霜介に湖山は

「きめ細かく柔らかい良い墨になった」と笑った。

「心を自然に」

「自分ばかりの心と向き合わないで」

「自然を感じて」

「それらと一緒になって絵を描く」

それが水墨だと言う。

スポンサードリンク

帰り、霜介は別室で絵を描く千瑛を見かける。

湖山とは全く違う切るような筆筋。

絵を描き終え千瑛は霜介をみる。

「今日はなにを教わったの?」

「墨のすり方と力の抜き方と…後は正直よく分かりません…」

 

そこへ現れる湖山に、千瑛は言い放つ。

「やっぱり気に入らないわ」

ただの素人である霜介が、大先生であり弟子入りしたい人も

たくさんいる湖山に教わっていると言うのが納得いかない。

それにゆっくり湖山は答える。

「彼は湖山賞をも獲ると思ってる」

 

ぴりついた雰囲気のまま西澤の都合で千瑛に送ってもらうことになる霜介。

湖山賞は水墨画かにとっての最大タイトルの一つで、自分は今年も敗退したと言う千瑛。

「何かが足りないのよ」

「足りないんじゃなくてありすぎるんじゃないでしょうか」

 

ふっと口に出してしまった言葉に慌てる霜介と、ハンドルを握ったまま驚いた顔で霜介をみる千瑛。

すぐ視線を戻して、「そうなのかもしれない」と言った。

 

霜介の家に着くと、大量に渡されたお手本を運ぶため千瑛が部屋まで着いてきた。

するとそこは、机とダンボールしかない、引越し前の部屋のような殺風景な部屋。

異様な光景ではあるが、千瑛は「誰にだってあるわ。いろいろ。」と言うだけだった。

 

お茶を出すと気に入らないのは霜介のことではない、感情的になってしまったと千瑛が言う。

「だけどこれだけは言っておくわ」

「あなたは私に勝てない」

子供の頃から水墨をやり、今回だって当然負ける気はない千瑛。

何のために描くのかと霜介に問うと、

「僕は水墨を好きになると思います」と、柔らかい笑顔であった。

 

篠田邸に帰りぐいぐいと墨をする千瑛。

先ほどの霜介の言葉に、湖山が冗談を言っているわけではないと知った。

そしてその屋敷の外には、千瑛の様子をみて「面白くなってきた」と呟く西澤がいた。

スポンサードリンク

『線は、僕を描く』の最新話などを無料で読む

今回は、『線は、僕を描く』【第2話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『線は、僕を描く』【第2話】の感想・考察

出会いましたね、霜介と千瑛が。

この2人は明確にタイプの違うライバルとしてかかれていくのでしょうが、

個人的に気になるのが実は兄弟子だった西濱さん。

兄弟子なのに絵を書いている様子も絵をみている様子もない彼には何か事情があるような?

『線は、僕を描く』【第3話】掲載予定の、少年マガジンは2019年7月3日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です