サムライ8(エイト)八丸伝|最新話【第8話】ネタバレ・感想!2019年7月1日31号


2019年7月1日発売・週刊少年ジャンプ(2019年31号)

『サムライ8(エイト)八丸伝』

今回は、最新話【第8話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第7話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『サムライ8(エイト)八丸伝』【第8話】を読みたい!という方は…ジャンプ+を利用すると、画つきで楽しむことが出来ますよ!

『サムライ8(エイト)八丸伝』【第8話】のあらすじ・ネタバレ

足元が地面に同化したような人物は、八丸のいる星の座標を告げた。

あの星は、ボール宇宙域というエリアにあるらしい。

 

そして、”アタ”と呼ばれた侍のAIが、その情報を処理する。

「座標インプットしました。」

機械的な声が聞こえた後、アタは自らの侍魂を取り出した。

 

それを上手くコントロールし、アタは自分の姿を模したホログラムのようなものを作り出す。

その侍魂を見て、美しいと褒める姫に対してアタは言った。

「この状態には時間制限がある 無駄話は終わりだ ニリ姫」

 

そしてアタは、自分のホログラムを空へと打ち上げたのだった—

 

八丸の第一印象とダルマの威厳

八丸とアンは出会った。

喜ぶ八丸は、アンに駆け寄り笑顔で言う。

「いきなり”三身一体”てのがそろったぞ!! これでオレは強くなる!」

 

そして、握手をしようと手を差し出す。

「よろしくな!! …えーと で 結局 お前 名前は?」

 

その様子に、アンは曇った表情を一瞬見せ、キッと八丸を睨んだ。

そして、「フン…」とそっぽを向いて答えることはなかった。

 

八丸はアンの態度が想定外だったのか、焦り始める。

ダルマは、侍・キーホルダー・姫が集まったから強くなるわけではない、ということを再度八丸に伝えた。

 

そして、静かなトーンでハガミチとアンに近づいていく。

「…安心しろ 拙者は敵ではない 八丸の師をしている者だ」

 

猫の侍に、ハガミチもアンも少し戸惑う。

ダルマは、アンにペコリと頭を下げて言った。

「弟子が失礼をした 機嫌を直して…名を教えてくれんか姫よ ゆっくりでよい」

 

八丸は少し怪訝そうな目でアンを見つめたが、アンはダルマに対し名を名乗った。

「な…な… 名前は— ア… ア ———」

「————…ン」

 

ダルマはアンの名前を聞き、良い名だと褒めた。

阿吽(あうん)に由来し、始まりと終わりの言葉でできた、万物の全てを表す名前

 

褒められたことを喜びながら、アンは実は自分の名前が言いにくいことを明かした。

ダルマの印象は悪くないようだった。

 

そして、ハガミチはダルマと八丸に用向きを伝える。

武士隊に八丸を招きたいということだった。

「猫の侍よ… この子をあずかってゆくがよいな? お主が何者かは知らぬが この子にとってもちゃんとした師が教えたほうがためになる」

 

それを聞いたダルマは、ハガミチは心眼でものを見ていないと言った。

そして、自分の持つ鍵を見せると、同門であるハガミチは声を荒げて驚いた。

まぁ、星砕きの”犬侍”魔噛みの達麻が、まさか”猫型”ロボットになっているとは誰も思わないだろう…w

 

「さ…先ほどの御無礼 誠に申し訳ありませぬ!!!! 死んで詫びる覚悟! 若輩者ゆえ心眼も持たず———」

ハガミチはそう言って後ろに飛び退き、ダルマに土下座するのだった。

 

修行がバレる…!

一方その頃。

八丸の家では、父親が浮かない表情のままでいた。

 

ぼんやりとしていたその時、点滴の時間を知らせるアラームが鳴った。

八丸の父は一瞬その支度をしようとしたが、ふと気づく。

「…! そうか… もう点滴はいらなくなったな…」

 

気を取り直し、父親は昼食のために八丸を探す。

しかし見当たらない…

 

「どこに——— !!」

窓の外の目をやると、庭のその根元には虚が空いていた。

馬型のホルダーを隠しておいた場所だった。

 

「まさか… あの猫侍め 八丸を———!!?」

八丸の父親は、慌て始めるのだった。

スポンサードリンク

アンの料理

その後、ハガミチはウーン姫に連絡を取り、八丸の状況についての報告をする。

ハガミチもこの場に留まり、八丸を見守ることにしたようだ。

 

そしてウーン姫は、アンも一緒に修行をするように伝える。

少し乗り気ではない様子のアン。

 

「ロッカーボールの感知引力を鍛えるには 自分の侍様が近くにいた方がいいの!」

「それと… 侍様にはやさしくなさい! それも姫修行の一環です!」

ウーン姫に言われ、しぶしぶアンは了承するのだった。

 

話がまとまり、ダルマはアジトに皆を案内する。

アジトの中はとても広く、八丸は昼食に期待した。

「ねェ! お昼はすきやきにしよう! それかカツ丼! …うな重ってのもたべてみたいなぁ…」

これまで八丸の食事といえば、流動食や点滴ばかりだった。

食事にワクワクするのも、当然といえば当然だろう。

 

しかし、テーブルに自動で出てきたのは1杯の飲み物。

ダルマによれば、栄養バランスの整った栄養ドリンクで、訓練中はこれが食事だという…

がっかりする八丸の様子を見て、アンはウーン姫に言われたことを思い出した。

(侍様にはやさしくなさい! それも姫修行の一環です!)

 

アンは、ダルマに食材があるかを尋ね、自分が料理をすると言った。

そうして出てきたのは、なにやらボコンポコンと気泡を発するスープ…

まさかメシマズ…!?w

 

アンの料理に躊躇する一同をよそに、ダルマはパクパクと食していく。

「うまいぞ お前たちも早く食え 腹が減っては何とやらだ」

 

その言葉に、八丸は意を決してスープを口にする。

「うっめ~~~~~~!!!」

見た目に反して、そのスープはとても美味しかった。

 

八丸はアンにおかわりを頼む。

しかし、プイっとアンはそっぽを向き言った。

「…じ…自分で よそお…えば!」

 

「…またフラれた」

と肩を落とす八丸に隠れ、アンは料理を褒められたことを嬉しそうに笑うのだった。

 

簡単に繋がらない”阿吽”

食後は訓練再開だ。

「よーしィ! よく分かんないうまい飯いっぱい食べたし! いけそうな気がする!!」

いや、言い方よww

 

「いざっ!!」

再び八丸が侍魂を柄骨にかざすと、ズオッと音を立て前方に伸びる。

カタチはいびつだったが、ようやく刀”のような”形状にすることができた。

 

やっと侍魂を刀に出来たことで大喜びする八丸。

アンはその様子を見てダルマに尋ねる。

「あ…あ…アレって そんなに す…すごい事なんで…すか?」

刀の形状を見れば、そんな反応になってしまうのも仕方ないのかもしれない…

 

「あれでも何度も失敗を重ねている お前の料理と同じにしてやるな…」

そう答えるダルマ。

アンは、自分の料理を食べてくれたひと達は初めてだったことを明かす。

「わ…わ…私は いつも失敗しがちだから… つ…強がって ば…ばかりで は…八丸君の ま…前でもつい…」

 

ダルマは、アンの言葉を受け「今はそれでいい」と言った。

八丸に比べれば立派な姫に見える、と自分を褒める評価の高さにアンは戸惑った。

「…そ… そんな風に見えるなんて… し…師匠は め 目が悪いんじゃな…ないですか?」

 

ダルマは、自分の目が見えないことを話す。

「だが時として 全てが見える時がある 阿吽がな」

「阿は始まりを…吽は終わりを意味する」

 

そして、アンと八丸のことを指すように言った。

「この2文字の間には多くが混在し ”簡単にはつながらぬ”事を意味している」

 

何をするにも簡単にはいかない

しかし、それが当たり前なのだから、焦ることはない

そのうちうまくいく

「ゆっくりでよい」

そう伝えるのだった。

 

急ぐアタ

ようやく真剣(っぽいもの?)を手にした八丸が、はしゃぎ回っている頃—

アタの放ったホログラム体は、宇宙空間をすごい速さで飛んでいた。

 

飛んでくる隕石を避けることもなく、刀で斬り裂きながら進む。

「うっとおしい隕石群だ …まだキューブ宇宙域を抜けられんか… ゆっくりはしてられん!」

流星のように、八丸たちのいる星へと宇宙を駆け抜けていくのだった——

スポンサードリンク

『サムライ8(エイト)八丸伝』の最新話など週刊少年ジャンプを無料で読む方法

今回は、『サムライ8(エイト)八丸伝』【第8話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

そこで、漫画『サムライ8(エイト)八丸伝』など、週刊ジャンプの最新話を無料で読む方法を調べてみましたが、

残念ながら無料で読むことはできませんでした。

ただし、週刊少年ジャンプに掲載されている作品は、現在ジャンプ+で電子書籍化されています。

バックナンバーで週刊少年ジャンプが読めます

電子書籍であれば、発売日にわざわざお店に行かなくてもすぐに読めます。

・発売日に本屋がオープンするまで待てない

・週刊誌はかさばるのが面倒…

という方は一度、ジャンプ+をお試しくださいね!

ジャンプコミックス最新刊を無料で読む方法

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、ジャンプ漫画の最新コミックスを無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽ジャンプコミックス最新巻を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『サムライ8(エイト)八丸伝』【第8話】の感想・考察

アンから見た八丸の印象は結構悪かったですね。

せっかちというかなんというか…自分とは真逆の人間のように感じちゃったんでしょう。

というか、八丸ってめっちゃ空気読まないなぁww

思ったこと言っちゃうっていうか、これまでの不自由さからの開放で、なんとなくはしゃぎっぱなしに見えます。

 

うーん…まだあまり戦闘っぽい戦闘にはなっていないけど、ダルマのいう”三身一体”の意味を考えるあたり、

アンがピンチになって、本当の力が目覚める!

っていう展開が待っていそうだなと思いました。

『サムライ8(エイト)八丸伝』【第9話】掲載予定の、週刊少年ジャンプは2019年7月8日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です