シチハゴジュウロク|最新話・最終回【第33話】のあらすじ・ネタバレ!2019年7月3日少年マガジン

2019年7月3日発売日、週刊少年マガジン

『シチハゴジュウロク』

今回は、最新話・最終回【第33話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第32話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

ネタバレなしで『シチハゴジュウロク』【第33話】を読みたい方は…

U-NEXTにて、今すぐを無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『シチハゴジュウロク』【第33話】のあらすじ・ネタバレ

雨の中、傘がなく立ちすくむ幼いしちは。

他の子は友達同士でひとつの傘に入って帰っている。

それを横目に途方にくれていると、たくさんの傘を持ったジョーが笑顔で現れた。

急な雨でしちはが困ると思って、友達の分も、と。

「いないもんそんな友達」

そう答えるしちはにジョーは父としてなんと言おうかと、

言葉を選び慎重に、話しているうちに「にゃあ」と返事が来るようになった。

しちはが捨て猫を拾ったのだ。

 

家ではもちろんお約束の光景。

くくが怒っている。

だが、「うちは小動物手もんが大嫌いなんや」と猫をみた瞬間、

「うちで飼ってええで」と手のひらを返したように。

くくとしちはのセンスにより御美(ゴミ)と名づけられた猫との幸せな生活が始まった。

スポンサードリンク

しかしくくは知っていた。

短い期間で御美は死んだ。

拾ってきた時みた拍動から、心疾患があると気づいていたのだ。

御美を埋葬し、くくとしちははその夜ふたりで横になる。

「死ぬときはひとりや」

「死ぬ時に隣に誰も居らんのは寂しいからなぁ」

「友達作れよしちは」

 

「しちは!」

名前を呼ぶ声がする。ゴローだ。

しちははまたゴローの席で寝ていたようだ。

アンドゥの誘いで回転焼きを食べに行こうとゴローが提案する。

「お母さんみてる?私友達たくさんできたよ」

スポンサードリンク

『シチハゴジュウロク』の最新話などを無料で読む

今回は、『シチハゴジュウロク』【第33話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『シチハゴジュウロク』【第33話】の感想・考察

前回ゴローがしちはを殺した犯人を、的なことを言っていたので

謎解きかな?と思っていたのでしたが、意外とほのぼのしちはの内面のお話でした。

2回しかネタバレをかけませんでしたがこの漫画もこれでおしまいです。

あとは単行本で一気読みですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です