君は放課後インソムニア|最新話【第7話】のあらすじ・ネタバレ!2019年7月15日スピリッツ

2019年7月15日発売日、ビッグコミックスピリッツ

『君は放課後インソムニア』

今回は、最新話【第7話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第6話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

ネタバレなしで『君は放課後インソムニア』【第7話】を読みたい方は…

U-NEXTにて、今すぐを無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『君は放課後インソムニア』【第7話】のあらすじ・ネタバレ

「明日上と相談して処分をきめる」

そう言い放って倉敷先生はその場を去った。

溶けたアイスを前に座り込む丸太と伊咲。

「ごめん。俺じゃなんにも出来なくて。」

「そんなことないよ。」

俯く伊咲の目からは涙があふれていた。

 

翌日、職員室に呼び出される丸太と伊咲。

あの部屋の使用を禁止されると思い込みとぼとぼと向かったふたりに、

教師たちは言った。

「君たち2名を、天文部に任命する。」と。

何でもあれだけ設備の揃った天文台を物置にしておくのはもったいない、

天文台に幽霊が出るうわさで女子生徒が寄り付かなくて困る、と

実にいいタイミングだと話しになったらしい。

さらに顧問は倉敷先生。

紹介され、少しいたずらげな顔で丸太と伊咲をみる。

話を終えて職員室を出たふたりは、泣いていた。

 

もちろん天文部としての活動もしろと、

今日は屋上から月の観察をすることになった。

クレーターまではっきり見える月。

「私が月に行ったら、そこから手ぇ振るよ。」

伊咲が言う。

冗談と思い返事をする丸太を、一瞬まっすぐな目でみる伊咲。

それからいつもの笑顔で、「てきとー言った」と言った。

 

 

『君は放課後インソムニア』の最新話などを無料で読む

今回は、『君は放課後インソムニア』【第7話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『君は放課後インソムニア』【第 話】の感想・考察

正直部活発足顧問は倉敷先生までは予想はついたかな?

ただ、最後の観測中の伊咲の表情はなんだったのでしょう。

かなり大きくコマをとって書かれていたこともあり意味深です。

さて、『君は放課後インソムニア』【第8話】掲載予定の、ビッグコミックスピリッツは2019年7月22日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です