ダイヤのA|最新話【第180話】ネタバレ・感想!2019年8月28日39号

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

2019年8月28日発売・週刊少年マガジン(2019年39号)

『ダイヤのA』

今回は、最新話【第180話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

市大三高のエース天久が新球「スライ」を使い薬師打線を0点に抑えます。

そして、6回の裏市大三高は4番の星田がタイムリーを放ち待望の追加点を加えました。

これで点差は2点・・・・。薬師にとったら次に轟まで回る8回が最後のチャンスとなりそうです。

試合は終盤に突入!果たしてどんな結果が待ち受けているのでしょうか!?

ちなみに【第(前の回)179話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『ダイヤのA』【第180話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊少年マガジン(2019年39号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

漫画『ダイヤのA』【第180話】のあらすじ・ネタバレ

8回の表  薬師の攻撃

9番から始まる薬師、打席には増田が入りました。

増田  「何球でも粘ってやる。このまま終わるか! 雷市が   薬師が!!!」

しつこく食らいつく増田の気迫に天久も力んだのか高めにボールが浮くようになり四球を与えてしまいました。

このランナーを次の塁に進めて相手にプレッシャーをかけたい薬師は1番秋葉がバントの構え、

天久はバッターに集中していました。

投球モーションに入った天久を見て1塁ランナー増田はスタートを切ります、そしてバッターは

バントの構えからヒッティングに切り替えました。

エンドラン。

スライになんとかバットをあてランナーを二塁に進めることに成功。

 

そして、ここで打席に入るのが轟となりました。

 

薬師監督「雷市!!! てめえのスイングしてこいよ!チームのために!」

真田  「俺とお前で決めようぜ!!!」

二人の激励に笑顔で答える轟。

球場は轟コールに包まれました。

 

マウンドに集まる市大三高ナイン

天久 「はいはい、こういう流れね・・・。みんな大好きジャイアントキリング。」

「んじゃさくっと黙らせちゃおうか・・・。」

ナイン「だよな・・・。守るぞ!!!」

天久の強気にナインも奮起しました。

そしていざ最終決戦!!!

『ダイヤのA』の最新話など雑誌名を無料で読む

今回は、『ダイヤのA』【第180話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

▽無料期間中に解約OK▽

 

U-NEXTは日本最大級といわれる動画配信サービスですが、電子書籍も見られます。

そして、初回登録に限って、31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中。

期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、週刊少年マガジンの最新号も無料で読むことが出来ますよ。

もちこ
漫画、ラノベ、雑誌などその種類も豊富で、新作入荷も早いのが嬉しい!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

そして、「使わなくなったら解約したいけど、すぐに出来るのかな…」と不安に感じる方もいると思います。

U-NEXTの登録や解約はとってもカンタン!

特徴や料金、解約方法なども解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

運営会社 株式会社U-NEXT
マンガの数 約70,000
料金 月額1,990円(税抜)
※31日間の無料おためしあり
決済方法 クレジットカード/携帯キャリア/Amazon.co.jp(Amazon Fire TV・Fire TV Stick利用の場合)/U-NEXTカード・ギフトコード
公式ページ https://video.unext.jp/

『ダイヤのA』【第180話】の感想・考察

薬師にとってここまで完璧に抑え込まれてきた天久に対し最後のチャンスがやってきました。

8回の攻撃が最後のチャンスとなるであろうこの回をどこまでものにできるのか。

この回に追いつかれればまだわかりませんが、1点に抑えられた場合はそこまでかもしれません。

ということは轟が長打を打つことが絶対条件になります。

最高なのは同点ホームランかもしれませんが、次の打者が真田だということを考えると

2塁打でも十分ではないでしょうか。

4番がいまいち当たっていないので真田までが勝負時です。

注目のカードも終盤に入りました。

どういった結末になるのか楽しみにしていきたいです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です