鬼滅の刃|最新話【第172話】ネタバレ・考察!苦戦する柱たちを前に玄弥が覚悟を決める!

 

2019年9月2日発売・週刊少年ジャンプ(2019年40号)

『鬼滅の刃』

今回は、最新話【第172話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

上弦の壱、黒死牟との戦いに苦戦する柱たち。

命を懸けた彼らの戦いを見て、玄弥はあることを決意するのでした。

みんなの力を集結して、勝利を手にすることはできるのでしょうか。

ちなみに【第171話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『鬼滅の刃』【第172話】のあらすじ・ネタバレ

本気を出した黒死牟の攻撃によって、指を落とされてしまう不死川実弥。

痣を出現しているにも関わらず、ほとんど反応できなかったことに悔しさをにじませます。

かろうじて指ですんだのは悲鳴嶋が鎖で攻撃の軌道をそらしたから。

負傷すればするほど動きが鈍くなってしまうのは必然です。

 

(稀血もほとんど効きゃあしねぇ。強い鬼にこそ効くはずなのにくそったれめ)

それでも戦うことをあきらめない不死川。

相手がとても長い刀を振り回しているせいで、間合いが広くなってしまうのです。

(次はよけれるか!?斬り込めるか!?)

言葉に出さずに、不死川は焦るのでした。

もちこ
段々と押されてきて防戦一方なの・・・

各地の戦いをカラスを使って把握していたキリヤ。

お館様の仕事をこなしていきます。

「上弦の壱のもとへ他の柱を向かわせますか?」

戦況の悪化を見ていた妹が問いかけます。

もちこ
炭次郎や義勇が近くにいるみたい。

キリヤは後ろを振り向かずに冷静に答えるのでした。

「義勇と炭次郎はそのまま無惨のもとへ。上弦の壱は行冥と実弥、無一郎と玄弥の四人が必ず倒す」

亡きお館様と同じ目のキリヤは願いを込めて言うのでした。

 

一方、上弦の壱は長剣を振り回すことで広範囲に攻撃をしていました。

繰り出される技に、負傷が増えて行ってしまう不死川と悲鳴嶋。

攻撃をよけることだけに渾身の力を使わざるを得ないのでした。

もちこ
すごい広範囲の攻撃なの!

黒死牟の技はついに、不死川の背に傷を負わせます。

「悲鳴嶋さん、俺にかまうな!」

倒れこむ不死川が叫びます。

彼に向って技を正面から繰り出す黒死牟。

直撃する瞬間に、不死川を抱えて飛んだのは時透でした。

「死なせない、あなたはまだ両腕で刀を振れる」

 

それを玄弥は陰から見守っていました。

(役に立てるのか?俺は・・・)

躊躇する玄弥。

兄を助けたいという思いが、失敗できないという強迫観念に変わってしまいます。

(怖い、役に立てないことが、仲間を守れないことが)

自分が弱いことに強い悔しさをにじませる玄弥。

もちこ
玄弥の内心の葛藤がよくわかるわ・・・

その時、炭次郎の言葉が脳裏に浮かびます。

「一番弱い人が、一番可能性を持っているんだよ、玄弥」

そう話していた炭次郎。

弱い人には警戒が薄いので、敵の虚を突いて攻撃できるというのです。

必死でその言葉を、炭次郎の笑顔を思い出す玄弥。

やるしかない、と決意します。

(俺は兄貴を、師匠を、仲間を絶対死なせねぇ)

自分に言い聞かせながら、黒死牟の切断された刀を呑み込むのでした。

(攻めの姿勢を崩すな)

玄弥の思いは届くのでしょうか。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『鬼滅の刃』【第172話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』【第172話】の感想・考察

次第に悪化する戦況にハラハラが止まりませんでした。

時透もかなりの負傷なのになんとかぎりぎりで参戦している感じですね。

悲鳴嶋が柱の中で一番強い、ということはこの戦いに負けてしまったらすべてが終わってしまうということ。

なんとか勝ってほしいものです。

 

玄弥が炭次郎の言葉を思い出して自分を奮い立たせているところは感動的でした。

炭次郎は優しくて穏やかな雰囲気ですが、他人の心に残るような言葉をかけてあげるのが上手ですね。

上弦の壱の鬼の刀を呑んだ玄弥がどのように変化してしまうのか、次回も目が離せません。

 

吉と出るか凶と出るか。

すごい力を手にして黒死牟を倒せたとしても、自我を失ってしまったり鬼化してしまったりしたら元も子もありません。

兄思いの玄弥がそうならないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です