アクタージュ|最新話【第79話】ネタバレ・考察!花子を驚愕させた夜凪の怒りの感情とは!

 

2019年9月2日発売・週刊少年ジャンプ(2019年40号)

『アクタージュ』

今回は、最新話【第79話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

一人で稽古するという夜凪を見に行った花子。

そこで見たのは、父親に対する激しい怒りを垣間見せる夜凪の姿でした。

そして記者会見が幕を開けます。

ちなみに【第78話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『アクタージュ』【第79話】のあらすじ・ネタバレ

記者会見当日。

クラスメイトたちも招待されていた会場には驚くほどの人が来ていました。

メディアも注目する中、幕を開けた記者会見。

夜凪や千世子を筆頭に、華やかに着飾ったキャスト達が登場します。

もちこ
対称的な千世子と夜凪の衣装が素敵!

ウェブ配信で勝敗を決めるという異質の舞台なのです。

真ん中に立った夜凪と千世子。

笑顔を崩しません。

「景、お前思ったより落ち着いているな」

陸の言葉に、正面を見たまま友達が来ているから、と微笑む夜凪。

 

一方、舞台のそででは演出家の二人が並んでいました。

眼鏡をはずしてドレス姿の花子といつも通りの仏頂面の黒山。

羅刹女は自分の作品だから、夜凪は絶対負けないという自信をのぞかせる花子に黒山は考えます。

(虚栄で言ってねぇ、何かあったな。この前ので戦意喪失させるつもりだったがそんな甘くねぇか)

 

夜凪が千世子の稽古を目の当たりにした二日後。

異常にいら立つ花子。

「千世子さんのほうが景さんよりも私の羅刹女のように感じた」

そう答えて、自分に腹が立つとイライラする花子は近寄りがたい雰囲気です。

もちこ
ライターをカチカチさせてとっても怖い・・・

一方の夜凪は、一人で稽古するといってきていない様子。

仲が良かった千世子の変わりように傷ついているのではないか、という周りの言葉に花子が家を訪ねることになるのでした。

「私が景さんの演出家ですから」

 

夜凪の家に着いた花子は、一人テレビでビデオを見続ける夜凪を前に困っていました。

夜凪の家を観察する花子。

(それにしてもあの人の気配がまるでない・・・本当に帰ってないんだ・・)

考え込む花子に夜凪が声を掛けるのでした。

 

映画から羅刹女のヒントを得ようとしていたわけではない、という夜凪。

母親が死んだ当時のことを思い出すために見ていたというのです。

「映画を観ることによって忘れたあいつへの憎しみを、映画を観ることによって思い出す」

忘れたはずの忌まわしい記憶を思い出そうとしている夜凪に花子は声を掛けようとします。

もちこ
さすがに止めようとしているみたい・・・

しかし、底知れぬ瞳で笑う夜凪の横顔を見て躊躇するのでした。

「この家はとても良い。あいつの思い出ばかりだから」

料理しながらもそう言う夜凪の姿からは怒りと憎しみがにじみ出ていました。

それを見て花子も思わず魅了されてしまうのでした。

 

舞台のそでで花子は黒山に話しかけます。

女は面白い、と。

「宝石のようにきれいな顔をしていてもみんな腹の中にまがまがしい炎を宿している」

何も言わない黒山に、本番が楽しみだと花子は笑うのでした。

スポンサードリンク

『アクタージュ』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『アクタージュ』【第79話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『アクタージュ』【第79話】の感想・考察

夜凪の父親への怒りや憎しみがよくわかる話でした。

具体的には描かれていなかったですが、父親は小説家とかなのでしょうか。

夜凪たちの母親が死んでから一度も家に帰っていない様子。

高校生の娘と小学生の兄妹をほったらかして、というのはさすがの花子もひどいと感じたようです。

この父親の存在は今後も重要なポイントになりそうですよね。

しかし無責任すぎる父親と和解するとかそういった流れはなさそうだなぁと思いました。

夜凪は貧乏で苦労しているという設定があったはずですし、父親からの金銭的援助もないのでは?

それは憎しみもわきますよね。

どんな演技になるのか明かされるのは本番当日といったところでしょうか。

今回の夜凪の横顔と、笑ってるのに怖い瞳だけでも十分すごさが伝わってきました。

どんな舞台になるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です