ランウェイで笑って|最新話【第107話】ネタバレ・考察!奇抜なデザインで勝負は無理?!

 

2019年9月4日発売・週刊少年マガジン(2019年40号)

『ランウェイで笑って』

今回は、最新話【第107話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

アプロに残り合同展示会に出展することになった育人。その立ち位置はノービスのチーフ。

これからはチーフとしてチームに加わることになったのでした。

その合同展示会には綾野遠も出展することになり、ライバルの激化が予想されます。

果たしてトップをとることができるのでしょうか!?

 

ちなみに【第106話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『ランウェイで笑って』【第107話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊少年マガジン(2019年40号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『ランウェイで笑って』【第107話】のあらすじ・ネタバレ

チーフという立場で職場に入るのは今回が初めて。

ノービスのチーフは佐久間美依でした。

彼女に代ってこれからは中心となって衣装を作らなければいけません。

職場のメンバーも事実を承知しています。

しかし、その場の雰囲気はどこかぎくしゃくしていました。

育人に気を使い席を譲る美依、そんな美依を臭いものに触るかのように毛嫌いするメンバー。

それでもとりあえずは仕事の状況をしりたいとそう思った育人は佐久間を誘い話をすることにしました。

 

ミーティングルームに入り席につく育人と美依。そして花丘・・・・・・・・。

?????なぜかその場に花丘の姿もありました。

育人  「なんで花丘さんがいるんですか・・・?」

花丘  「会合となればパタンナーの代表もいるだろう?だからだ!」

一番下っ端の花丘さんがなぜ代表?と思いながらもそこはもうスル―するしかありませんでした。

美依  「じゃあ、今進んでいることを説明しようか。

デザイン画は全体の半分くらいかな。」

そう言いデザイン画をとりだした美依。育人はそれに一通り目を通しました。

育人の答えは・・・・・、このコレクションは受けない。でした。

育人  「このままじゃだめだと思うんです!!!俺コンセプトいくつか考えてきたんでみてください!」

美依  「・・・・・いいんじゃないかな・・・・。チーフの意見って大切だし・・・・。」

育人  「・・・・・」

育人  「そういうのやめませんか。俺は佐久間さんの本当の意見が聞きたいんです!!!」

「一緒に作りたいんですよ。遠慮しないでくださいチーフだからって・・・・・・・・・。」

美依  「・・・・。」

育人のコンセプトを一通り見た美依は素直な気持ちで言いました。

美依  「とむら君のコンセプトすごくいいと思う。でもノービスには合わないと思ったんだ。

ノービスは将来売りたいじゃなくて、今売れる服を届けるラインなの。」

「だから・・・・、ノービスにモードはいらないと思う・・・・。」

育人  「・・・うれしいです。佐久間さんの気持ちが聞けて。確かにノービスのコンセプトまでは

考えていませんでした。俺明日も考えてきますんで、佐久間さんも考えて来てほしいです!!」

花丘  「・・・・・・・」

こうして新制ノービスは動き出したのでした!!

 

スポンサードリンク

『ランウェイで笑って』掲載の週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

今回は、『ランウェイで笑って』【第107話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『ランウェイで笑って』【第107話】の感想・考察

実質二人のチーフのような体制になったノービス!

これからやっと動き出すことになりそうです。

育人はやはりセンスがあるのでしょうが、ノービスというブランドコンセプトまでは考えて

いなかったようです。

そうするとやはり以前までチーフをやっていた美依の意見は重要です。

コンセプトを崩さずによりよいデザインを考えなければいけません。

綾野遠も合同展示会に出展するので、このノービスというブランドは分が悪いかもしれません。

攻めた服を作れないので・・・・・。

この状況でどのような服を作り上げて出展するのか育人の腕のみせどころです!

ぜひ楽しみにしてみたいと思います!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です