かぐや様は告らせたい|最新話【第150話】ネタバレ・感想!かぐやと白銀のデート後編。二人の関係はどうなる!?

 

2019年9月5日発売・週刊ヤングジャンプ(2019年40号)

『かぐや様は告らせたい』

今回は、最新話【第150話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

かぐやと白銀のデート後編。

邪魔者から逃げ切ることが出来るのか…

最後には待ちに待ったあの瞬間が!

 

ちなみに【第149話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『かぐや様は告らせたい』【第150話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊ヤングジャンプ(2019年40号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『かぐや様は告らせたい』【第150話】のあらすじ・ネタバレ

 

かぐやと白銀のデート。

その最中に藤原、石上と伊井野、白銀の父まで現れる。

早坂は藤原の相手を引き受けるが、あとの3人はかぐや自身で対応するように伝える。

 

(今日こそは…会長に告白をって思っていたのに…)

 

 

「なんで人は告るんですか?」

つばめは、なぜか手相占いをしている白銀の父に質問していた。

白銀の父は、つばめの質問や大量の買い物袋から、つばめの性格を言い当てる。

すっかり白銀の父を信じ込んでしまうつばめ。

もちこ
詐欺師の常套テクニックですね…

 

告白…それは恋愛契約である。

好きなら側にいればいいし、嫌いになったら離れればいい。

しかし、この契約でそれが出来ないように縛り付けられる。

 

父は語る。

「恋愛は成就するまでが楽しい」

気持ちが高まると、あとは堕ちていくだけ。

「それが恋愛の正体だ 永遠の愛なんて存在しない」

 

「だが 真実の愛はあるかもしれない」

 

一方、かぐやは石上、伊井野から逃げ回る。

しかし、藤原の相手をしていた早坂も力尽き始め、ついにかぐやと白銀に藤原が接近する。

 

諦めるかぐや。

見つかると思った瞬間、

「今日は誰にも邪魔されたくない」

と言いながら、壁を背に立つかぐやに白銀が覆い被さり藤原から身を隠す。

 

そのまま二人で逃げ出し、外へと出る。

二人の行動に父の言葉が重なる。

あるかも分からない真実の愛。

その過程で告るという行為があってもいい。

フラれたらと思いビビったり、駆け引きするのも楽しい事である。

計画立ててタイミングを計るも、全然言葉に出なくなって、頭がワケ分からなくなり、今日は言えずじまいで終わるのかと思い始めた時、

 

「貴方が好き 私と恋人になって…」

 

かぐやの口から言葉が溢れ出る。

白銀の返答に、言葉にならない嬉しさを感じるかぐや。

 

一方、真実の愛を手に入れたいつばめは、白銀の父にどうすればいいか質問する。

「生半可なことではない」

と勿体つけながらも、君に力を与える方法があると言いながら

「このパワーストーンが真実の愛を引き寄せるぞ」

と石のアクセサリーを売りつける。

 

すっかりだまされ、パワーストーンを買ってしまったつばめに、白銀の父は語りかける。

「この世界に運命の相手なんてのもない 占いに頼るな」

もちこ
自分で騙しておいて酷い人間です

 

「必要なのは頭脳だ 真実の愛を求めるならば考え続けるんだ」

 

考え続け、両想いであるのにどっちから告るかで一年悩んだ白銀とかぐや。

言葉にできず、かぐやは白銀に抱きついてキスをする。

 

白銀とかぐや 交際開始

 

スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』掲載の週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

今回は、『かぐや様は告らせたい』【第150話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』【第150話】の感想・考察

 

今回の話は白銀とかぐやのデート回ですが、白銀の父が語り部となり、二人の会話はほとんどないという変わった構成です。

しかしストーリーの語り部である父が、結局つばめに詐欺まがいの商品を売りつけるという、父らしいと言えば父らしいですが、ひどい話ですね。

 

いままでの話の集大成のような流れで、かぐやからの告白という結果になり二人が交際を始めました。

今までの頭脳戦についても父にいい感じにまとめられましたが、これからはどんな形になるのでしょうね。

さりげなく石上は、二人の関係に気づいているような素振りを見せています。

藤原、伊井野は気づいてないと思うので、この二人がトラブルを起こし、石上がフォローするみたいな感じでしょうか。今までとあまり変わらないかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です