鬼滅の刃|最新話【第173話】ネタバレ・考察!進化する柱たちと玄弥の覚悟!

 

2019年9月9日発売・週刊少年ジャンプ(2019年41号)

『鬼滅の刃』

今回は、最新話【第173話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

戦いの中で進化する柱たち!

そして上弦の壱の刃を喰った玄弥は驚きの行動にでます!

彼の覚悟がもたらすものとは。

ちなみに【第172話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『鬼滅の刃』【第173話】のあらすじ・ネタバレ

熾烈な戦いの中で悲鳴嶋は敵の攻撃を分析していました。

技の種類が尽きず、こちらが攻撃する前に技を出してくる黒死牟。

悲鳴嶋が技を出そうとする瞬間に考えを呼んだように攻撃してくるのです。

(この鬼には何が見えている?何を見ている?)

もちこ
まるですべての動きを読まれているみたい・・

いくつも傷をつけられながらもあきらめずに思考する悲鳴嶋。

鬼にできることは人間にもできるはずだと感覚を研ぎ澄ませます。

(この見えぬ目は本質を見抜く目。決して惑わされない)

いくつもの技を繰り出されながらかろうじてかわす柱たち。

鼓動と共に悲鳴嶋の力が覚醒します。

相手の筋肉の動きがはっきりと見えるようになったのです。

(脈動が知覚できる。はっきりと像を結んだ・・・)

 

一方、時透も必死で間合いの内側に入ろうと動き回っていました。

(ほんの少しでも攻撃の手を緩めることができたなら)

(悲鳴嶋さん、不死川さんのどちらかが奴の首を斬ってくれる、必ず!!)

仲間を信じて少しでも役に立とうとする時透。

もちこ
自分もすでに重傷なのに・・・

その思いを悲鳴嶋は悟ります。

不死川に一声かけると、時透の意図を読んだかのような動きを始めるのでした。

同時に攻撃をかける柱たち。

しかし黒死牟も冷静に考察します。

(しかしこれでこちらも三者同時に仕留められる)

間合いの内側に入ることだけを念じて技をよけながら進む時透。

その時、黒死牟の刀を握る手に悲鳴嶋の数珠が命中します。

驚く黒死牟。

(どのように私の視界をかいくぐった)

そのすきをついて時透の技が繰り出され、続いて悲鳴嶋の鉄球が黒死牟の半身をえぐるのでした。

もちこ
やった!!ついに・・・

さらに片足を落とされながらも、黒死牟の腹に刃を突き立てる時透。

(まさかこの目、視えているのか。私と同じ世界が)

戦いの中で進化する柱たちにさすがの黒死牟も驚きを隠せません。

悲鳴嶋も同じように感知することができるようになっていました。

(予期せぬことがいくつも起きた。しかし誰の刃も私の首には届かず)

時透に動きを制されながらも、冷静さを失わない黒死牟。

(謀りも攪乱も、分かってしまえば意味なし)

 

しかし、そんな黒死牟を陰から狙う銃口がありました。

玄弥は先ほど時透から言われた言葉を思い返します。

撃っていいから、と。

自分に構わずに撃ってくれと言っていた時透。

絶対に躊躇するなよ、と時透は言っていました。

玄弥の銃は上弦の刃を喰らったからか、いくつも眼球がついた異形の形に変化していました。

わかってる、と繰り返しながら、玄弥は銃弾を撃ち込みます。

それは時透にも、そして黒死牟にも炸裂するのでした。

今回は、『鬼滅の刃』【第173話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』【第173話】の感想・考察

柱三人がかりでも余裕を見せていた黒死牟。

あまりの強さに本当に勝てるのかとすら思ってしまいました。

そんな中でも決して諦めずに戦いを続ける柱たち。

彼らの執念が新たな能力を開花させて黒死牟を追い詰めるまでになっているようです。

しかし三人ともすでにボロボロの様子。

上弦の壱を仕留められたとしても生き残ることができる柱がいるでしょうか。

時透は瀕死の重傷にもかかわらず食らいついています。

悲鳴嶋も痣が発動して、年齢が過ぎてしまっているのでもしかしたら生き残れないかもしれません。

義勇と炭次郎が向かっている無惨のもとへたどり着ける柱はいるのでしょうか。

個人的には実弥と玄弥の兄弟コンビにがんばってもらいたいなと思っています。

玄弥も鬼に近づいているようですが、兄と一緒なら正気を保てるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です