約束のネバーランド|最新話【第149話】ネタバレ・考察!ギーランの家臣VS女王レグラヴァリマの戦い

 

2019年9月9日発売・週刊少年ジャンプ(2019年41号)

『約束のネバーランド』

今回は、最新話【第149話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

今回はとうとう女王レグラヴァリマが戦いに参加します。

鬼の中で一番強いレグラヴァリマに打ち勝つノーマンの作戦は・・・?

ちなみに【第148話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『約束のネバーランド』【第149話】のあらすじ・ネタバレ

戦争が始まってしまったことがノーマンの元へ間に合えと思いつつ城へ向かうエマとレイ。

しかし2は城門に到達したものの、既に城門は閉められ立ち往生する。

もちこ
ノーマンが城門締めたのは、鬼の兵達はもちろんエマ達も入れない様にヴィンセントたちに閉ざさせたのかな?

別のルートを探そうとするレイに、エマは上方にある小窓から入れないかと提案する。

レイは城の地図を頭の中で思い出し行けると判断した為、ここから潜入することにする。

レイはバレーボールのレシーブの形で小窓の下で構えエマはレイのジャンプ台で小窓まで行くことが出来た。

 

一方儀祭の間では、イヴェルクは、女王レグラヴァリマの次に武力なら強いと言われるドッザまでもがギーランの家臣にやられてしまったことに驚きが隠せない。

しかしイヴェルクは、ギーランたちが儀祭の間に現れた際、野良の姿で現れたのを疑問に思う。

イヴェルクは、ギーラン達が農園の人肉を食べているのにも関わらず体系が変わっていないことに今回の戦争に黒幕が他にいることに気がつく。

もちこ
イヴェルクはここまでの状況で黒幕に気がつくなんて頭がいい!

 

女王レグラヴァリマは「よい」といいイヴェルクを下がらせレグラヴァリマが前に出る。

イヴェルクは先代王から政治上の実務を行なっている為レグラヴァリマも居なくなっては困る為だった。

ギーラン達にとってはこのレグラヴァリマの行動を予想通りで、レグラヴァリマはすぐに殺して良いと考えている。

 

ギーランの部下達はレグラヴァリマとノーマンをギーランは食べさせ、ギーランを王にするという意思で、レグラヴァリマに一斉に攻撃を仕掛ける。

しかし、レグラヴァリマは爪を伸ばし一気にギーランの部下達の頭を切り落として行く。

 

700年前、ギーランが野良落ちした事を聞いた家臣達。

この家臣達はギーランに拾われていたもの達で無実を主張していた。

家臣達も異を唱え続ければ陛下への不敬罪として野良落ちと言われてしまうが、撤回しなかった。

 

領民達と野良落ちの刑が執行される中でギーランの家族達は亡くなり、ギーラン自身も野良化してしまう。

しかし、ギーランは領民自らが差し出した領民達の体を食べ、なんとか命を繋いでいた。

もちこ
ギーラン達が野良落ちのような形をしていても、理性があったのはこういう事だったんだ!

 

再び儀祭の間の戦いに場面は戻り、レグラヴァリマの爪でギーランの家臣達は頭を切られていく。

レグラヴァリマは避けたり立ち上がるだけ苦しみが続くだけで意味がない事を言う。

もちこ
やはり圧倒的なレグラヴァリマの強さだね。ノーマン達大丈夫かな・・・

しかし、ギーランの家臣達は、自分たちが野良化したり領民達が食べられたのは貴族達が笑い肥え太る為ではない事、自分達の復習は絶対である事を考えている。

ギーランの家臣達は「あとは頼みます。ギーラン様」と心の中で伝える。

ギーランの家臣達は「ギーラン王に栄光あれ」といい自分達の体に巻きつけていた爆弾で自爆するのであった。

スポンサードリンク

『約束のネバーランド』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『約束のネバーランド』【第149話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『約束のネバーランド』【第149話】の感想・考察

今回は、ギーランの家臣VS女王レグラヴァリマの戦いでした。

圧倒的な強さをレグラヴァリマは見せつけ、ギーランの家臣達は最後に自爆しますが、恐らくレグラヴァリマは死なないでしょう。

レグラヴァリマはギーランの家臣達が自爆する直前に自爆することに気がついている為、何かしら対策しているのではないでしょうか。

 

さらに、もし死ぬ事をノーマンが考えいた場合シスロ達を儀祭の間の天井裏で確認させていないでしょう。

恐らくこれはギーラン側の鬼達を減らすノーマンの作戦だったのではないでしょうか。

しかしギーランの家臣は絶滅、ギーラン家臣でも勝てなかったレグラヴァリマとイヴェルクがまだ生きている中、食用児達はどのような対策に出るのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です