ブラッククローバー|最新話【第219話】ネタバレ・考察!アスタを助けたいのは黒の暴牛だけじゃない!意外な人物が!?

 

2019年9月9日発売・週刊少年ジャンプ(2019年41号)

『ブラッククローバー』

今回は、最新話【第219話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

黒の暴牛の乱入で裁判所は大変なことに。

しかしダムナティオは動じない。

戦闘に入りかけたそのとき、意外な人物が現れる!

この場を丸く治めたのは…!?

 

ちなみに【第218話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『ブラッククローバー』【第219話】のあらすじ・ネタバレ

 

裁判所の壁を破壊して登場した、黒の暴牛の団員たち。

 

「ノコノコ出てって捕まるなんて…バッカじゃないの!?」

「どうせなら僕とヤッて死のうよ!」

「ドサクサでマリーを抱っこしやがって…死ネ アスタ」

もちこ
本当に助けにきたのか 分からないですね…

 

「私はいいから早くアスタを連れて逃げて!!」

ネロは叫ぶが、団員たちは聞き入れない。

ネロのことを黒の暴牛の一員だとみんなが認めていた。

 

「ウチはすでにいろんな変なのが混ざり合って真っ黒けっけだからな」

500年前から生きているネロ。

団員とヤミの言葉に励まされ、仲間となることを決意する。

そして自らの魔法で手錠を外す。

 

「全くわかっていないようだな」

ダムナティオは動じない。

黒の暴牛がアスタを庇っても状況は変わらない。

そして貴族たちは困惑、不信の感情に囚われている。

ダムナティオの天秤は、その感情のほうに傾き続ける。

 

天秤魔法 スケールレギュレイト

 

ダムナティオの前にもう一つ天秤が現れ、団員たちの魔力が小さくなる。

「私の天秤魔法は能力を量りバランスを動かし秩序を作る どんな強力な魔法も無意味だ」

もちこ
強い、弱いがなくなるんですね

 

「滅魔の剣 因果開放」

アスタがダムナティオの魔法を消滅させ、ヤミがすかさず斬りかかる。

 

次の瞬間、ヤミとダムナティオの間にフエゴレオンとノゼルが現れ、刃を止める。

「有能な騎士団員を失うわけにはいかんからな」

「オマエを認めている人間は身分や階級に関係なくいるということだ…!」

ノゼルとフエゴレオンはそう言って、アスタを救う為にきたことをアピールする。

 

続けてフエゴレオンは、魔法帝から任務を預かっていると告げ、それを読み上げる。

 

その任務は、黒の暴牛にアスタを国外に追放した後の監視と、国外での悪魔の調査を与えるというものであった。

 

王族の団長二人にこの書面を託すことで、聴衆である貴族たちも納得するだろう、という魔法帝の読み通り、ダムナティオの天秤は釣り合うことになる。

 

そしてアスタは、黒の暴牛と共に外国に旅立つことになった。

 

スポンサードリンク

『ブラッククローバー』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『ブラッククローバー』【第219話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『ブラッククローバー』【第219話】の感想・考察

 

ついに決着したダムナティオ編。

結局は魔法帝が丸く収まるように裏で動いていたようです。

しかしフエゴレオンとノゼルは変わりました。

ノゼルはアスタに対する対応が最初に比べ、全く変わりましたね。

先の争乱でアスタを完全に認めたということでしょう。

フエゴレオンはサラマンダーを完全に懐かせています。

ファラよりもサラマンダーとの相性がいいように見えます。

 

ただ、ヤミに斬りかかられても、フエゴレオンのサラマンダーに纏わり付かれても全く動じないダムナティオ。

アスタの滅魔の剣に無力化されましたが、相当強い部類に入るのでしょうね。

団長クラスの強さを持っているのではないでしょうか。

 

次回から国外へと出て行きます。

黒の暴牛はメンバーの個性が強いので、一緒に行動するときは面白いですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です