ポチごっこ。|最新話【第16話】ネタバレ・感想!兄から逃れた友寄‥しかし花の心情に変化が!?

 

2019年9月12日発売・週刊ヤングジャンプ(2019年41号)

『ポチごっこ。』

今回は、最新話【第16話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

兄の訪問に慌てて戻る花。

しかし、家の中はいつも通りの3人がいた。

ただこの訪問で友寄と花の関係に大きな変化が…

 

ちなみに【第15話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『ポチごっこ。』【第16話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊ヤングジャンプ(2019年41号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『ポチごっこ。』【第16話】のあらすじ・ネタバレ

 

夢からの連絡に慌てて戻る花。

しかし友寄は姉と夢の3人で食卓を囲んでいた。

何事もなかったような3人に、疑問を抱きながらもそうめんを啜りだす。

 

「え?お姉ちゃんが追い返した!?」

食事を終え、夢の部屋で今日の出来事を聞く花。

 

「お姉ちゃん なんだかんだポチのこと結構許してんのかな」

「なわけあるか」

否定しながら姉が部屋に入ってくる。

 

友寄の兄が警察に行く、と言っていたことを花に問い詰める姉。

花は動揺しながらも、わからないととぼける。

兄にはむかついたけど家族だから心配はしてるでしょ、と言いながら

「自分で拾ったんだから自分でちゃんとしなよ」

と花に言い聞かせる。

 

その夜、あずさが心配している姿を思い出していた花。

「そりゃ…するよね心配…」

 

昼間、友寄に散歩行くよ、と声を掛ける花。

もちこ
いつもながらホントに犬扱いが上手い家族ですね

 

散歩の途中で忘れ物した、と言って友寄を待たせてどこかへ行く花。

花を待っている間、友寄に声を掛けてくる人がいた。

それはあずさだった。

 

ずっと心配していたあずさは、涙を流しながら友寄の胸にとびこむ。

「友寄くんよかった…よかった無事で…」

 

あずさがここに来たのは偶然ではなく、友寄を見たという電話をもらったからだった。

友寄が監禁されていると思っていたあずさは、友寄が今何をしているか疑問に思い質問する。

「今…何してるん…ですかね…」

自分でも疑問に思いながら返答する友寄。

もちこ
犬扱いされて飼われてるなんて言えないですよね

 

「自殺しようとしたんでしょ?」

とぼけようとする友寄。

監視カメラの映像を見たあずさは、友寄が嘘をついていることは分かっていた。

あずさが必死に聞いてくるので、本当のことを話す友寄。

 

「…目標も…やりたいこともないし…」

「今は目標できたの?」

と言いながら、社会に戻れるように手伝わせて欲しいと頼むあずさ。

 

あずさがいなくなり戻ってきた花。

友寄とあずさの会話を裏で聞いていた花だが、友寄に何してた?と質問する。

「別に…ぼーっと…したから…」

嘘をつく友寄に悲しげな反応をする花。

 

「いいよ?出て行っても ポチの好きにしたらいいよ」

 

兄にも花の家にも迷惑かけて、このままじゃよくないと思っていた友寄。

 

「花さん…今までお世話になりました…」

 

スポンサードリンク

『ポチごっこ。』掲載の週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

今回は、『ポチごっこ。』【第16話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『ポチごっこ。』【第16話】の感想・考察

 

ついに友寄とあずさが出会いましたね。

といっても花が会うように仕向けたのですが、兄の訪問で花の心情にも大きな変化がありました。

一応、自殺しようとしていたとはいえ、友寄を襲って気絶させ、拉致していますので兄やあずさが必死に探していることに罪悪感を感じたのもあるでしょう。

 

友寄に対する想いはあるでしょうが、その分余計に友寄があずさと会っていたことを話してくれなかったのは、傷ついたのではないでしょうか。

 

友寄もずっと、このままではダメだと思っていました。

花からの一言はダメ押しになりましたね。

しかし家も解約されてなくなっていますし、これからどうするのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です