鬼滅の刃|最新話【第174話】ネタバレ・考察!黒死牟の過去が明かされる!

 

2019年9月14日発売・週刊少年ジャンプ(2019年42号)

『鬼滅の刃』

今回は、最新話【第174話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ついに追い詰められた黒死牟。

その時、彼の脳裏に遠い記憶がよみがえります。

最も憎む弟と邂逅したかつての黒死牟は何を思ったのでしょうか。

ちなみに【第173話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『鬼滅の刃』【第174話】のあらすじ・ネタバレ

鬼化しつつも決死の覚悟で銃弾を放った玄弥。

その弾は刀ではじかれてもなお、曲がりくねって黒死牟の腕にめり込んだのです。

建物の陰から銃を構えた玄弥を見て、さすがの黒死牟も驚愕しました。

(南蛮銃が変形している、もしやこれは!!)

黒死牟がそう思うと同時に、銃弾から木の根が生えて黒死牟の体に巻き付いてきたのです。

根を張って動けなくなってしまった黒死牟。

玄弥が血鬼術を使っていることを悟ります。

同時に、悲鳴嶋と不死川が間合いの中に迫ってくるのでした。

もちこ
ついに間合いの中に入れた!!

(平静が足元から瓦解する感覚。忌むべき、そして懐かしき感覚。四百年ぶりの)

悲鳴嶋と不死川の武器が迫りくる中、黒死牟の脳裏に遠い記憶がよみがえるのでした。

 

四百年前の赤い月の夜、野原を歩く黒死牟の前に現れた人物がありました。

(信じられぬものを見た)

そう回顧する黒死牟。

彼の眼前には白く長い髪の年老いた男が立っていました。

それは老いた黒死牟の弟だったのです。

双子の弟の継国。

六十年以上会っていなかった弟は八十を超えているはずでした。

「有り得ぬ。なぜ生きている」

二十五になる前に死ぬはずの弟が生きていることに驚く黒死牟。

弟もまた、痣を発現させていたからです。

もちこ
痣を発現したら長く生きることができないはずなのに・・・

そんな彼を見て、弟の継国は涙を流します。

「お労しや、兄上」

老化した弟に哀れまれた黒死牟でしたが、憤りを感じることはありませんでした。

むしろ動揺する黒死牟。

殺さなければならない、と決意します。

しかしその動揺も感傷も、弟が剣を構えると消え失せるのでした。

代わりに今までにないくらいの威圧感を感じる黒死牟。

参る、と弟が言葉を発した次の瞬間に、黒死牟の首から血が流れます。

かろうじて首を落とされることはなかったものの、黒死牟は強く思うのでした。

(なぜいつもお前が、お前だけがいつもいつも特別なのか)

黒死牟の頭の中に鮮やかに記憶がよみがえります。

弟に感じた強い劣等感と嫉妬心を。

(お前が憎い、殺したい)

強く思う黒死牟。

もちこ
弟の強さは無惨にも迫る勢いだったみたい!

(焦燥と敗北感で五臓六腑がねじ切れそうだった)

しかし次の一撃が放たれることはありませんでした。

弟の継国は立ったまま、寿命が尽きて死んでいたのです。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『鬼滅の刃』【第174話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』【第174話】の感想・考察

玄弥の覚悟や柱たちの激闘によって、ついに明かされた黒死牟の過去。

双子の弟に勝つために強さを求めて鬼にまでなったのだとわかりました。

かつての黒死牟をあそこまで追い詰めた弟の継国。

けして余裕を崩すことのなかった黒死牟が、敗北感を感じているところが印象的でした。

弟と対峙する黒死牟の心情の変化が今回の一番の見どころだと思いました。

 

継国の血は時透に流れているのでしょうか。

恐るべきその剣技が絶えてしまっているとしたら残念ですよね。

そして、なぜ継国は痣を発現しても年老いるまで生きていることができたのでしょうか。

二人の見た目はどことなく炭次郎にも似ているような気がするのですが、その秘密が明かされる日も近いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です