Dr.STONE|最新話【第121話】ネタバレ・感想!コハクと銀狼‥命をかけた死闘に決着が!?

 

2019年9月14日発売・週刊少年ジャンプ(2019年42号)

『Dr.STONE』

今回は、最新話【第121話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

コハク対モズ。

銀狼対イバラ。

潜入チームの戦いが激化する!

最後に衝撃の結末が訪れる!

 

ちなみに【第120話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『Dr.STONE』【第121話】のあらすじ・ネタバレ

 

戦い始めたコハクとモズ。

しかし、モズの口から語られるのは絶望的な戦力差、コハクが束になっても敵わないという事実だった。

それを承知で戦い続けるコハク。

戦いをやめて自分と仲良しになろうよ、というモズ。

コハクにどんな男がタイプかと質問する。

 

強さとは心の強さだ 信念のために一歩一歩 延々と楔を打ち続けられるような そういう男に私は惹かれる」

と答え、モズのことをきっぱり否定する。

 

一方、イバラに襲われる銀狼。

頭首が石像であることを知られた以上、殺すしかないと言う。

必死に逃げ出し、モズと戦うコハクを発見する。

コハクに助けを求める銀狼だが、コハクの目の前でイバラの長い爪が銀狼の腹を突き破る。

もちこ
爪で腹を貫くなんて、イバラも強かったんですね…

 

銀狼は通路から下に落ち、コハクもそれを追っていく。

森に倒れた銀狼のそばに駆け寄るコハク。

臓器をいくつも貫かれ、命は助けられないと判断する。

 

「頭首は石像だよぅ」

かすかな声で知り得た情報をコハクに伝える銀狼。

自分でも助からない傷だと分かっていた。

いちおう村の門番で戦士だから、最後くらいかっこつけたい、と語る銀狼。

 

「ああ銀狼 君はもう助からん ならば私のするべきは一つだ!!」

コハクはそう言って、駆けつけたアマリリスに何かを伝え、頭首の社の頂上まで銀狼を抱えて駆け上る。

 

「聞け皆の者!! 君たちの頭首は…」

島に響き渡るように叫ぶコハク。

それを止めるために、キリサメは石化武器を空高く放り投げる。

 

銀狼はコハクの狙いに気付き、バトルでは頭が切れるなぁと感心する。

コハクは銀狼の命が尽きる前に石化してもらえれば、復活液で回復できると考えていた。

 

ついに石化武器を目にしたコハク。

コハクの驚異の視力は、それを細部まで見ることができる。

 

「千空 やはり君の予想通り ルール不在の呪いや魔物の類いではなかった」

 

「石化武器(メデューサ)は科学だ」

 

非常に高度な装置のような石化武器。

アマリリスに秘密の全てを託し、二人は光に包まれる。

 

「あとは科学と皆を信じて待つだけだ!!」

「うん 絶対大丈夫だよぅ…!!」

 

スポンサードリンク

『Dr.STONE』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『Dr.STONE』【第121話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『Dr.STONE』【第121話】の感想・考察

 

モズはやはり強かったですね。

これほどの戦力差があるとは思いませんでしたが。

モズを止めようと思うと、司か氷月のどちらかで対抗しないと無理でしょう。

 

イバラに貫かれた銀狼ですが、イバラも只者ではなかったですね。

易々と体を貫くなんて相当な実力者です。

銀狼も命の危機になると、いつものように軟弱ではなく仲間のために行動しました。

心の奥には戦士の一人である自覚があったんですね。

 

ついに石化武器が描写されました。

すごく細かい装置がいっぱいですね。

どんな作りか想像もできませんが、現代の技術で作れる代物なのでしょうか?

千空がどう解明してくれるのか楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です