はじめの一歩|最新話【第1275話】ネタバレ・考察!リカルドの口から一歩の名前が!

 

2019年9月18日発売・週刊少年マガジン(2019年42号)

『はじめの一歩』

今回は、最新話【第1275話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

メキシコに渡った千堂は早速ボクシングジムを探し街を歩き回りました。

やっと見つけたジムはプロレスジム・・・・。

もう無理だ・・・・。諦めそうになったそのときそこにいたプロレスラーが日本語の通じる人でした。

そのプロレスラーにジムを紹介してもらい、向かった先でスパーリングしていたのは

なんと現役世界チャンピオンのリカルド・マルチネス!!!

思ってもいない展開に腕がなる千堂は早速スパーリングを申し込みます。

それを承諾したチャンピオン!

千堂の世界への挑戦が着々と進行していました!

ちなみに【第1275話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『はじめの一歩』【第1275話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊少年マガジン(2019年42号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『はじめの一歩』【第1275話】のあらすじ・ネタバレ

アルフド・ゴンザレスがリカルド・マルチネスのスパーリングの情報を嗅ぎつけ

向かった先で目に映った光景は、なんとリカルドのダウンシーンでした。

 

ゴンザレス 「な、何だこれは!?一体何が起きている!なぜリカルドが膝をついているんだ!?」

リカルド  「キミも目撃者の一人だ。しっかり記憶しておいてくれ。」

「日本から来た虎、タケシ・センドー。彼が私から初めてダウンをとった男だ。」

ゴンザレス 「センドー!!!」

千堂    「ゴンザレス。散々捜しまわったで。ワイと戦れや!!!」

ゴンザレス 「・・・・・!!!!!!  いいだろう!!!」

リカルド  「ちょっと待ちたまえ。魅力的なこのカード。衆人環視のもとでやるべきだ。」

「三ヶ月後、私のタイトルマッチのセミファイナルでどうだ?」

「勝者は私の次の防衛戦の席を確約しよう。」

ゴンザレス 「願ったりだ!!!」

千堂    「気に入らんなぁ。アンタかて負ける可能性あるやろ?

無敗やけど無敵ではないやろが。」(通訳)

「まぁゴンザレスとの話はありがたくもらっとくは!防衛戦はまた二の次や!!!」

そう言うと千堂は平然と歩きジムを後にしたのでした。

 

ゴンザレスにとってもラストチャンスが舞い込んできた形になりました。

すべては千堂のおかげ。

帰りの車中、

千堂    「あんなゲンコツはじめてや。硬くて尖ったモンでもしこんどるに違いない。

まぁ、さすが世界チャンピオンということにしといたる。」

星     「しかし、その男からダウンをとったんですよ!!!すごいやないですか!?」

千堂    「・・・皮一枚、いや髪の毛の毛先を引っかけただけや。次こそはあの男に

ワイのゲンコツぶち込んだる!」

なんと千堂のパンチはクリーンヒットしていなかったのでした。

 

一方リカルドは・・・。

スチュワート「あのダウンは本当に当たっていたのか?」

リカルド  「どちらでもいいだろう、こんな愉快な夜になったのだから。」

「それにしてもセンドーという男は全くもって面白い男だ。」

スチュワート「そのセンドーとアルフの共通点を見つけたよ。

二人と死闘を繰り広げた男がいる。エイジ・ダテも追い詰められたらしい。」

「その名は、イッポ・マクノウチ。」

リカルド  「世界ランクから消えてもなお耳に入ってくる名前か。」

「まるで、世界は彼を中心に回っている。そんな気にさせてくれるね

デンプシー・ロールの少年よ!」

 

スポンサードリンク

『はじめの一歩』掲載の週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

今回は、『はじめの一歩』【第1275話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『はじめの一歩』【第1275話】の感想・考察

千堂がリカルドからダウンをとった!

これは事件だ!!そう思ったファンも多いかもしれませんね。

たしかに今までダウンしたことがないチャンピオンですから記者もそれは

驚いたことでしょう。それが本当だったなら・・・・。

実はほとんどパンチは当たっていなかったのですから茶番ですね。

しかし、その茶番のおかげで千堂とアルフド・ゴンザレスの試合が決定したのですから

結果オーライ!

それにしても、ここまで順調に世界への扉を開くことができた千堂の行動力にも驚かされます。

あっというまにメキシコでのノルマ達成です。

とうとう千堂も世界挑戦ですね。

 

あと、最後に驚いたのはリカルドの口から一歩の名前が出てきたことでした。

それも、「デンプシーロールの少年」とまで覚えていたのですからまたびっくり!

やはり一歩の活躍は世界チャンピオンまで届いていたのですね。

この報告を受けて、一歩の気持ちに変化が現れるのか期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です