七つの大罪|最新話【第326話】ネタバレ・考察!愛のパワーは最強か!!

 

2019年9月18日発売・週刊少年マガジン(2019年42号)

『七つの大罪』

今回は、最新話【第326話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

魔神王の精神の中では、ゼルドリスが見事目を覚ましゲルダとも再会することができました。

後はゼルドリスが魔神王を倒してくれることを願うのみ!

 

一方、外の世界では〈七つの大罪〉が魔神王と対峙していました。

バンはじめ、キングやエスカノールも参戦して戦いますが魔神王の無尽蔵な魔力の元、

戦況は悪化の一途をたどっていました。

そのとき精神の世界から戻ってきたのがメリオダス!!

これで一気に形勢逆転か!?

そして、ディアンヌの大地創造(マザー・クリエイション)はどんな効果をもたらすのか!!!

 

ちなみに【第325話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『七つの大罪』【第326話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊少年マガジン(2019年42号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『七つの大罪』【第326話】のあらすじ・ネタバレ

ディアンヌの”大地創造(マザー・クリエイション)が発動。

湖のまわり一帯の地面が一気にひび割れ、そして砕け散りました。

湖の水はすべて地中に流れ込んでいきます。

魔神王にはかけらとなった地面の岩がぶつかり、それが塊となって湖から体を持ち上げたのでした。

魔神王   「私を湖から引き剥がすつもりだな!させんぞーー!!!」

ディアンヌ 「ボクは巨人族の女王!ドロール様に託された種族の未来のためにも絶対負けられない!!」

「ううん・・・、もっと負けられない理由があるんだ・・・。」

「ボクは・・・・ボクの夢はキング・・・・の・・」

バン    「・・・おいキングー。女に全部言わせんのかよーーーー。」

キング   「・・・・・・。」

「ディアンヌ!!!すぐにでも・・・。魔神王をやっつけたらオイラと結婚しよう!!!」

 

ディアンヌ 「!!!!!!」

「するーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

一気にディアンヌの力は解放されました。

 

大地は魔神王を天高く跳ね飛ばし、そしてそこには新たな大地が誕生していました。

魔神王   「湖が消滅した・・・・。なんだここは?」

メリオダス 「ここは墓場さ  あんたのな!!!」

「これより我ら〈七つの大罪〉魔神王討伐の任務を開始する!!」

 

スポンサードリンク

『七つの大罪』掲載の週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む

今回は、『七つの大罪』【第326話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『七つの大罪』【第326話】の感想・考察

ディアンヌの大地創造(マザー・クリエイション)が魔神王にどんな攻撃をできるのか

気になりましたが、直接的な攻撃が目的ではなかったようですね!!!!

魔神王を湖から引き離すためのものだったとはびっくりしました。

そうですよね、無尽蔵な魔力が無くなればメリオダスの力なら倒せますし。

思いのほかディアンヌの大地創造は効果テキメンでした!

それに、キングとの婚約もできたことですし最高潮のディアンヌの回でした。

 

湖のない新たな大地が創造されたことで思う存分戦うことができるのではないでしょうか。

その前に、早く精神の世界でゼルドリスが決着をつけないといけません。

こちらもゲルダとの愛の力でパワーアップしているので勝てるのではないでしょうか!

最終決戦もあと少し!!

寂しいですが頑張れ〈七つの大罪〉!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です