ゴールデンカムイ 最新話【213話】ネタバレ・考察!アシリパと杉本の向かう先は⁈

 

2019年9月19日発売・ヤングジャンプ(2019年42号)

『ゴールデンカムイ』

今回は、最新話【第213話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

鶴見中尉たちから逃げるアシリパと杉本。

杉本は月島らに撃たれ重傷です。

アシリパは杉本を庇いながら必死で逃げます。

そんな二人の前に現れたのは…

ちなみに【第213話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『ゴールデンカムイ』【第213話】を読みたい!という方は…

今すぐヤングジャンプ(2019年42号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『ゴールデンカムイ』【第213話】のあらすじ・ネタバレ

 

鶴見中尉たちが来る前日、白石とアシリパは旅館で明日北海道行きの連絡船が出ることを女中から聞いていました。

白石はそのことを思い出し、アシリパが向かうとしたら連絡船以外ないと考え船着き場へ向かいます。

アシリパを村に帰したい谷垣も白石と一緒に走ります。

 

建物の軒下で身を潜めるアシリパと杉本。

杉本の流血を止めるため、アシリパは自分の服をちぎり杉本の傷口に詰めます。

船着き場まではまだ距離もあり、休んでいる時間はありません。

アシリパは杉本の手を引き道に出ます。

そこへ馬に乗って現れた頭巾男。

尾形を追うヴァシリです。

何も言わず手を差し伸べ、二人を馬に乗せます。

 

途中の道中で白石と谷垣に遭遇。

白石の読みは当たっていました。

アシリパは白石だけ馬に乗せて船着き場へ向かいます。

焦る谷垣。

アシリパは谷垣の立場を理解しているからこそ、ここで別れることを決めたのです。

谷垣にフチへの伝言を頼むアシリパ。

必ず会いに戻ると。

 

無事?連絡船に乗り込めた4人。

甲板の上で杉本の状態を心配するアシリパ…

杉本は自分も金塊を必要としているのだから、アシリパの責任じゃないよと。

 

ヴァシリは言葉が喋れないので身振り手振りで言いたいことを伝えます。

指を船の外に向けて”フンフン”と鼻息でアピール。

白石がそれに気付き、ヴァシリが指さす方向を見るとそこには追っ手の陸兵が一人。

杉本の血痕を追ってここまで来たのです。

撃て撃てとヴァシリをけしかける白石。

後ろで聞いていたアシリパは足を狙えとヴァシリに伝えますが…

ドンッ

言葉の通じないヴァシリはきっちり陸兵の眉間を撃ち抜きます。

 

ヴァシリの銃声がアシリパを探していた鶴見中尉の耳に届きます。

船着き場へ向かう鶴見中尉たち。

 

連絡船は稚内へ向けて出港。

甲板の上…

杉本は白石に話します。

アシリパがアイヌを守るやり方を見つけることを自分は信じると…

その時、

 

ドオオン!

 

連絡船の真横に立ち昇る水しぶき!

後方から、鶴見中尉の乗る水雷艇が連絡船になんと威嚇射撃!

スポンサードリンク

『ゴールデンカムイ』掲載の雑誌名を今すぐ無料で読む

今回は、『ゴールデンカムイ』【第213話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『ゴールデンカムイ』【第213話】の感想・考察

とりあえずここで谷垣とはお別れのようです。

アシリパの思いやりを感じました。

ただ、鶴見中尉が生きている以上は谷垣に安堵の日々が訪れるとは思えません。

もちこ
マタギとして幸せな余生を送って貰いたいですねぇ…

ヴァシリ、やっぱりどこかで見ていたんですね。

対尾形だけでなく、これからいろんなところで活躍してくれそうで頼もしい限り。

まぁ、アシリパが鶴見中尉に捕まってしまうと獲物(尾形)と接触出来そうもないとの判断から助けたんでしょうけど。

獲物のエサであるアシリパと行動を共にするのが手っ取り早いですものね。

 

さて、軍の水雷艇が威嚇してきた以上、民間の連絡船としては停船するしかないでしょう。

もしくは稚内まで仲良く海上ランデブーかな?

 

いずれにせよ杉本が重症で戦えない以上、3人が頑張るしかありません。

連絡船を乗っ取って逃げるのか?

停船後に乗り込んでくる鶴見中尉たち相手に一勝負仕掛けるのでしょうか?

ここは味方が欲しいところです。

連絡船に助けてくれる誰かが乗ってるのかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です