鬼滅の刃|最新話【第175話】ネタバレ・考察!黒死牟との戦いについに決着が!

 

2019年9月21日発売・週刊少年ジャンプ(2019年43号)

『鬼滅の刃』

今回は、最新話【第175話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

戦いの中で覚醒していく柱たち。

しかしそれは敵にも当てはまりました。

咆哮と共に新たな力を身に付けた黒死牟に勝つ手段はあるのでしょうか。

ちなみに【第174話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『鬼滅の刃』【第175話】のあらすじ・ネタバレ

かつて最強の弟と邂逅した黒死牟。

頸を落とされる寸前に絶命した弟によって自分が負けたであろうと言う屈辱を味わい続けていました。

弟以上の剣士は現れることがないと悟った黒死牟は、それゆえに勝ち続けることを望みます。

 

その時の記憶や思いを鮮明に思い出した黒死牟。

玄弥の血鬼術である木の根に体を拘束されてなお、咆哮を上げます。

体から何本もの刀を生やした黒死牟は咆哮とともに覚醒するのでした。

迫りくる柱たちに技を打ち出し、弾き飛ばします。

もちこ
あとちょっとの所だったのに・・・

その威力は遠く離れた玄弥にまで届いてしまいました。

黒死牟の間近にいた時透と玄弥は体を半分にされるほどの傷を負ってしまいました。

振り動作なしで相当数の攻撃を放たれたことで時透は動揺します。

(さっきまであれだけ一本の刀にてこずったのに・・・まずい・・死ぬ。何の役にも立ってない)

玄弥もまた、体を両断されてなお皆を守る思いを抱いていました。

飛ばされた柱ふたりはそれでも立ち向かっていきます。

死ぬまで戦うだろうことを見抜いた時透。

(だけどこの二人まで死なせちゃいけない)

まだ無惨が残っているのです。

皆の為にも二人を守らなければいけないと時透は決意するのでした。

もちこ
致命傷を負いながらもあきらめていないのね!

黒死牟がまた、技を放とうとするのを感じ取る時透。

(俺がなんとかしなきゃ、俺が・・・死ぬ・・・前に)

時透のその強い想いは彼の刀を赤く染めていきました。

黒死牟に深く突き刺さったままの時透の刀。

先端まで赤く染まると、黒死牟の体に激痛が走ります。

体がこわばって動かない黒死牟に実弥が一撃を入れるのでした。

 

倒れたままの玄弥は、黒死牟の体の中に自分の肉弾が残っていることを感じ取ります。

猛攻を防ぐことで構っていられないのだと察した玄弥。

力を振り絞って血鬼術を発動させるのでした。

木の根が現れ始めます。

玄弥を両断しようとした黒死牟ですが、技が出せないことに気づきます。

もちこ
みんなの協力で徐々に力を奪っているみたい・・・

その隙に悲鳴嶋が鉄球を当てます。

強靭な頸は少しづつ削られているようでした。

黒死牟の動きを止めたのは、玄弥の木が血を吸って幹を伸ばしているからのようです。

時透の赤く染まった刃も動きを抑制していました。

弟と同じ赤い刃を見た黒死牟に昔の記憶がよみがえります。

 

後継をどうするつもりだ、と弟に問いかける黒死牟。

まだ鬼になる前のことです。

「われらに匹敵する実力者がいない。呼吸術の継承が絶望的だ。極めた技が途絶えてしまうぞ」

黒死牟の言葉に弟は穏やかに返します。

自分たちは長い長い人の歴史のほんのひとかけらなのだ、と。

自分の才覚以上の者が同じ場所までたどり着くだろうと信じていた弟。

「何の心配もいらぬ。私たちはいつでも安心して人生の幕を引けばいい」

 

そう言っていた弟の顔を思い出した黒死牟。

その時、悲鳴嶋の鉄球を実弥の刀が打ち付けました。

それによって赤く染まった二つの鉄が、ついに黒死牟の頸を落としたのでした。

これから生まれてくる子供たちが私たちを超えてさらなる高みへと登りつめていく、という弟の言葉が黒死牟の頭の中で響いているのでした。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『鬼滅の刃』【第175話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『鬼滅の刃』【第175話】の感想・考察

みんなの協力によってついに黒死牟の頸を落とすことができました。

今までの鬼の中には頸を落とされてもなお生きている鬼がいましたが黒死牟はどうなのでしょうか。

弟の言葉や姿を思い出して、死を受け入れている様子もある黒死牟。

さすがにこれ以上の復活はしてほしくないところですね。

 

戦いの中でさらに進化していた柱たち。

彼らの連携のとれた攻撃が、黒死牟との戦いの中での一番の見どころであるのではないでしょうか。

時透も奮戦していましたね。

しかし体が両断されてしまっては、助からないのでは?

なんとか生きていてほしいと思わずにはいられません。

 

そして無惨と戦うことになるのはやはり炭次郎と義勇ということになりそうですね。

さらなる激闘が予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です