アクタージュ|最新話【第82話】ネタバレ・考察!本番を前に花子が夜凪に告白したこととは!

 

2019年9月21日発売・週刊少年ジャンプ(2019年43号)

『アクタージュ』

今回は、最新話【第82話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

本番を迎えた羅刹女の舞台。

大勢の注目が集まる中、花子は夜凪にある告白をします。

驚くべきその内容とはいったい!?

ちなみに【第81話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

U-NEXTではおためし期間を実施中!

最新コミックスも無料で読めるので、ぜひ活用してみてください。

▽最新刊を今すぐ無料で読む▽

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています。

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『アクタージュ』【第82話】のあらすじ・ネタバレ

羅刹女の舞台がいよいよ本番を迎えます。

メディアも注目する中、会場には大勢の客が入っていました。

そこにはもちろん夜凪の友人の吉岡達やアラヤの劇団の仲間の姿もありました。

初日は夜凪が属するサイド甲からの上演になります。

数字が獲れたほうが勝ちなのではないか、と思われる今回の羅刹女。

ウェブ配信によって勝敗が決まります。

もちこ
どっちが勝つのかドキドキだわ・・・

千世子たちサイド乙は控室からその様子を見守っていました。

夜凪の妹弟もその控室にいます。

黒山は夜凪について共演者たちにこう語ります。

「経験を武器に芝居をするメソッド演技法。これにおいて夜凪の右に出る若手女優は現在日本にはいません」

一方でアラヤは夜凪側の演出家が素人であることが負けにつながるのではないかと言うのでした。

黒山は夜凪の妹たちが最近の夜凪の様子がおかしいと言っていることを指摘します。

笑っていても冷たい感じなのだ、と妹は不安げに語ります。

それこそが夜凪が羅刹女の役作りを完成させている証拠でもありました。

しかし自分たちサイド乙の公演が後であることが逆手にとれると黒山は言います。

(百城の羅刹女は夜凪への想いの強さで成長する)

(夜凪の芝居が良ければ良いほど百城の羅刹女は成長する)

黒山は千世子に言うのでした。

「今日の夜凪を目に焼き付けろ」

千世子もまた真剣な表情でうなずきます。

 

夜凪たちサイド甲の控室では出演者たちが衣装に着替えていました。

自分の羅刹女の世界が再現されていることに感動する花子。

「演出家はなめられたら終わりだぜ」

陸の言葉に涙をぬぐいます。

もちこ
みんな衣装が似合っているわ!

自分の仕事はこれからだという花子。

夜凪もまた羅刹女の冷たく美しい雰囲気をかもしだしていました。

スタッフが移動を促すと、唐突に花子が話し始めました。

「私は創作に生かされてきました。だからこの世界では誰にも負けたくない」

いきなりの話に怪訝な顔をする共演者たち。

花子は構わずに続けます。

「たとえ相手が著名な映画監督だろうとトップ女優だろうと関係ない。負けたくないんです」

夜凪に同意を促す花子。

無言でうなずく夜凪を見てこう続けるのでした。

「私はあなたのお父さんとお付き合いしていました」

もちこ
このタイミングでその告白ってあり!?

「あなたのお母さんのお葬式の夜も私は彼といました」

顔を近づけてささやくように言う花子に夜凪の表情が一変します。

思わず花子の頬を叩く夜凪。

花子は冷静に返すのでした。

「その感情は舞台の上で見せてください」

震えるほどの怒りを抱く夜凪が、無事に芝居をすることはできるのでしょうか。

スポンサードリンク

『アクタージュ』の最新巻を今すぐ無料で読む

今回は、『アクタージュ』【第82話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新コミックスも1冊無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『アクタージュ』【第82話】の感想・考察

思いもよらない花子の告白に驚きが止まりませんでした。

花子と夜凪の父親は面識があるような感じでしたがまさか付き合っていたとは。

夜凪の父親がどんな人物なのか詳しくわかっていませんが、病気の妻をほっといて不倫するような人物だったら最低ですね。

夜凪にとっては信頼していたはずの花子が父親の側だったことに相当なショックを受けているはず。

夜凪がそのような状態になることを予測していた花子ですが、共演者たちはどのように夜凪を支えるのでしょうか。

舞台の成功はそこにかかっているはずですが、なんと言葉を掛けるのか次回が楽しみです。

それにしても不倫を告白した時の花子さんの表情はすごいものがありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です