魔女は三百路から|最新話【第35話】ネタバレ・感想!2019年9月27日19号

 

2019年9月27日発売・ヤングアニマル(2019年19号)

『魔女は三百路から』

今回は、最新話【第35話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

チュパカブラの襲来からまさかの展開。

村上の前世の記憶が蘇った!

そんな村上が御影に語ったのは―?

 

ちなみに【第34話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『魔女は三百路から』【第35話】を読みたい!という方は…

今すぐヤングアニマル(2019年19号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『魔女は三百路から』【第35話】のあらすじ・ネタバレ

「治… 前世の記憶が戻ったの…?」

村上の言葉でその場の雰囲気は一変。

チュパカブラは急にオロオロし始めると、空気を読んで静かに部屋を出て行った…

 

前世の記憶

昭和20年代―

村上の前世の太宰治は堕落の極みの中、御影に出会った。

御影に会った途端、治は感じた。

(この女は ヤバイ…!)

 

だが、作家の本能からあえて御影と付き合うことを選んだ。

御影と関係を深める中、ある夜―

治は、高笑いする女の声で目を覚ました。

 

「御影…?」

寝ぼけまなこに飛び込んできた光景は、百鬼夜行―!?

大勢の妖怪と、ほうきに乗った御影の姿がそこにあった。

 

思い出は美化される…?

御影と村上はbarへ場所を移した。

 

前世の思い出を振り返り、村上はつぶやいた。

「あの時は夢かと思ったが… まさか“妖怪”だったとはなぁ…」

村上の言葉に、御影は「魔女よ!!」とすかさず突っ込む。

もちこ
御影は百鬼夜行にゲスト出演していたらしい…マジか!

 

村上は、現世で再び御影に出会えたことに運命を感じていた。

一方、御影は―

「なにが“運命”よ… 一緒に死のうなんて言ったくせに 私一人川底に残して逃げたくせに!

治と心中したときのことを思い出して怒り出した。

 

村上の言い訳を、御影は受け入れられなかった。

「妖怪でも 魔女でも こんな得体の知れない女と添い遂ようなんて思えないわよね…」

 

そう言って遠くを見つめる御影…

村上が静かになっていると、御影は「めんどくせぇと思ってんだろ?」「こちとら魔女だぞ!?」と絡み出した。

もちこ
それがめんどいわ!

 

村上は、御影が何者でも関係ないと話すと、自分の気持ちを語り出した。

 

「心中なんて結婚と一緒…

縁があったから添い遂げた… 残念ながらお前とは縁がなかっただけ

俺は誰が相手でも本気で愛してたさ…!

 

自分勝手なセリフ…だが、

(こいつが言うとなんかいい話のように聞こえちゃう~!?)

と思った御影だった…

 

「信じてやれよ」

『小林は御影が魔女だと知っているか』を尋ねた村上。

村上の問いに御影は、「知らないわ多分… 何となく疑ってるとは思うけど…」と答えた。

 

村上から小林に魔女だと打ち明ければと軽々しく言われ、御影は腹を立てる。

そんな御影に村上は言った。

「信じてやれよ 好きなんだろあいつのことが…

素性で相手を見たりしない 器の大きい男だよあいつは…!」

 

そこへ、小林から御影に電話がかかってきた。

小林は、チュパカブラの件で電話した御影を心配していた。

 

御影は小林に「心配しないで…」と話す。

そのとき、村上が背中を押すようにカンっとグラスを鳴らした。

すると、御影は突き動かされたかのように店を出て行った。

小林に会うために―

 

小林と御影は待ち合わせた。

御影は、小林も村上のように前世の記憶が戻ったら―と思っていた。

 

「ねぇ…その小林くんて 幽霊とかオカルト系苦手じゃない?」

御影の問いに、平気と答えた小林。

そして、こう続けた。

 

「どちらかというとUMAのほうが好きですかね」

小林の言葉に、御影は大きく拒絶した。

スポンサードリンク

『魔女は三百路から』掲載のヤングアニマルを今すぐ無料で読む

今回は、『魔女は三百路から』【第35話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『魔女は三百路から』【第35話】の感想・考察

チュパカブラって空気読めるんですねw

前回で、御影があんなに苦戦してたのが嘘のように、あっさり出て行ったのが面白かったです。

 

村上から前世の思い出が語られました。

百鬼夜行のゲストw

それで妖怪と思われていた御影…

魔女だとつっこんでいた御影ですが、その光景を見たら妖怪と思われても仕方ないと思うww

 

「自分勝手でヒドイ!」と思われた村上ですが、いいところもありましたね!

御影を励ますシーンで「こいついいやつ…!」と村上を見る目が変わりました。

 

そして、会うことができた御影と小林。

御影を心配して、出張から帰ってきてすぐ電話くれる小林に胸キュン~!

小林と御影が付き合う日はそう遠くはないのかも…?

 

最後にUMA再びで今回もオチばっちりでしたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です