童子軍鑑|最新話【第34話】ネタバレ・感想!圧倒的な火力の大砲部隊。西南軍は攻略できるのか!?

 

2019年9月26日発売・週刊ヤングジャンプ(2019年43号)

『童子軍鑑』

今回は、最新話【第34話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

同盟を結んだ西南軍。

帝国の大砲を破壊するため攻撃を仕掛ける。

しかしあと一歩というところで、帝国の更なる兵器が登場する!

 

ちなみに【第33話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『童子軍鑑』【第34話】を読みたい!という方は…

今すぐ週刊ヤングジャンプ(2019年43号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『童子軍鑑』【第34話】のあらすじ・ネタバレ

 

帝国軍の大砲部隊に攻撃をかける西軍。

フェイは、この攻撃で大砲を破らないと、次の攻撃に城壁がもたないと考え焦る。

 

しかし、西軍は帝国の騎兵隊に阻まれ、大砲を破ることはできない。

大砲から次の攻撃が放たれようとした瞬間、地震のような地響きが起こる。

 

「耳でも塞いでおけ やかましいのが来るぞ」

ルウェンの言葉通り、大きな雄叫びと共に現れたのは

 

南軍 象部隊ハーティ・バル

戦象部隊である。

 

(確かにこの象なら大砲を壊せる…だが)

フェイの不安通り、象たちは大砲の標的にされる。

 

「こんなの死にに行かせてるもんじゃ」

と言うフェイに対し、

 

「分かってる 分かってるんだよ」

と覚悟を決めた顔で答えるアルジュナ。

フェイはそれ以上何も言えなくなる。

 

「故国を守るために!」

何頭も犠牲になりながらも、ついに大砲部隊まで到達する戦象部隊。

 

しかし、パパパという破裂音と共に象たちは倒れる。

なにが起きたか分からない西南軍。

望遠鏡を覗いたフェイは、帝国軍がマスケット銃を持っていることに気づく。

 

「ジュテーム ランペルール(天帝万歳)」

と叫ぶ、敵将のウォルフガン。

それに呼応し、マスケット銃の部隊は戦象部隊を粉々に撃ち尽くす

それを見ている事しかできない、アルジュナとルウェン。

 

ウォルフガンが率いるのは、戦の天才・最強ナポレオン軍。

「本当は戦いたくないのに あなた達が あなた達がいけないんですよ」

とウォルフガンは屍の上で涙を流しながら語る。

もちこ
戦いたくないと言いながらも残虐非道な行いをするなんて怖い人です…

 

夜が近くなり、一度退去する帝国軍。

「それでも戦いますか?フェイ君」

問いかけるウォルフガンに対して、

 

「あたり前だ 勝った気になるなよ帝国」

戦意をむきだしフェイは応える。

 

スポンサードリンク

『童子軍鑑』掲載の週刊ヤングジャンプを今すぐ無料で読む

今回は、『童子軍鑑』【第34話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『童子軍鑑』【第34話】の感想・考察

 

同盟をむすんだ西と南。

しかし帝国の大砲部隊には届きませんでした。

大砲があれば銃もあるのは予想できましたが、それを用いるのがナポレオン軍だとは思いませんでした。

ただ銃が出てくると、本当に厳しい戦いになりますね。

西軍は弓を用いているようですが、銃には劣るでしょうし大砲もあります。

兵器の差が大きいですね。

南軍の戦象部隊も強力ですが、相手が悪かったです。

あとは、まだ奥の手を持っていそうな西軍ですね。

元々鉄などの資源に恵まれているようなので、似たような遠距離兵器でバリスタなどが出てくると面白いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です