アンダーニンジャ 最新話【第24話】ネタバレ・考察!美少年忍者現る!まさか九朗の恋のライバルに!?

 

2019年9月30日発売・ヤングマガジン(2019年44号)

『アンダーニンジャ』

今回は、最新話【第24話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

腕は確かだが、いかんせん面倒くさがりな下忍・九朗。

講談高校潜入という任務を控え、秋の味覚をしばし…

そこへ現れたのは美少年忍者・蜂谷くん。

ライバルに御挨拶といったところですが、すでにルックスで九朗に圧勝です。

ちなみに【第23話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『アンダーニンジャ』【第24話】を読みたい!という方は…

今すぐヤングマガジン(2019年44号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『アンダーニンジャ』【第24話】のあらすじ・ネタバレ

 

アパートの外階段でサンマを焼く九朗。

 

美味しそうに焼きあがったサンマを一口だけおすそ分けしようと、大野さんの部屋を訪れます。

大野さんはそのサンマが自分が買っておいたヤツだと気づきます。

注意するもいつもの調子で九朗にかわされ、なぜかビールで乾杯。

もちろんビールも大野さんのです。

 

九朗は明日から始まる学園潜入という忍務に乗り気ではありません。

いろいろと面倒くさいことが起こりそうだからです。

学校に行きたくないと大野さんに愚痴る九朗。

そこへ同じアパートの一階に住む川戸さんも合流し、いつもの3人による飲み会となります。

川戸さんがふと外を見ると、下の道路からコチラを見つめる少年がひとり。

大野さんの知り合いでも川戸さんの知り合いでもありません。

九朗も見覚えはありませんでしたが、一目にて彼が忍者であることを察します。

 

大野さんの許可も無く部屋に招く九朗。

その美少年は下の道路からわずか3歩で2階の大野さんの部屋に窓から土足のまま入室。

部屋に入るなり名を名乗る少年・蜂谷紫音。

 

もちこ
九朗とは真逆の清潔感ある美少年☆

 

おそらく自分に何か用なのだろうと九朗が尋ねます。

紫音は忍語を用いて説明します。

 

明日の転入試験は床を見ること、そこに答えがある。

昨日の外人テロリスト捕獲の現場に自分もいたこと、九朗のおかげで恥をかいた。

 

この二つを九朗に伝え終わると、蜂谷は高校で待ってるよと、窓から退室。

ため息をつき、ますます学校に行きたくなくなる九朗でした。

スポンサードリンク

『アンダーニンジャ』掲載の雑誌名を今すぐ無料で読む

今回は、『アンダーニンジャ』【第24話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『アンダーニンジャ』【第24話】の感想・考察

 

とても国家崩壊を目論む組織と関係のある場所への潜入前には見えない九朗の日常でした。

今回初登場の蜂谷くんは、九朗の上司のライバルの弟子です。

つまり空港で働いているメガネをかけた太めの男の弟子。

それぞれ上司のアンダーニンジャに対するアプローチが異なりますから、九朗と蜂谷も敵対関係ではないにしろ、まんま共闘とはいかないでしょう。

ですから二人とも目的は情報収集だと思いますが、それら情報全てを共有するはずがありません。

結果、出し抜いたり出し抜かれたりの内輪揉めがあるかもしれませんね。

ただ、舞台が学園ということもあってそこに恋愛的要素が絡んでくる予感がします。

ヒロインと自分に想いをよせる男子二人。

蜂谷くんの登場により、そんなラブコメ鉄板シチュエーションが透けて見えて来ました…

 

そうそう、字は違いますが、戦国時代に鉢屋 弥之三郎(はちや やのさぶろう・生没年不詳)という忍者が実在しています。

おそらくモチーフにしていると考えて間違いないと思われます。

鉢屋衆といわれる組織があったことを考えると、蜂谷くんも九朗同様に名家の出なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です