KINGBOTTOM(キングボトム)|最新話【第27話】のネタバレ・感想!漫画を無料で読む方法

週刊ヤングマガジン(22・23号)の、漫画『KINGBOTTOM』(キングボトム)

今回は、最新話【第27話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに、ネタバレなしで『KINGBOTTOM』【第27話】を読みたい方は、

U-NEXTにて、今すぐ週刊ヤングマガジン(22・23号)を無料で読めます。

▽無料期間中に解約OK▽

 

漫画『KINGBOTTOM』【第27話】のあらすじ・ネタバレ

インターハイ前の試技会で、部長・鼓太郎と賭けをしたハネル。

ケガを隠し続ける鼓太郎に、思い切ってハネルは言った。

「一人で抱え込まないといけないくらい オレらは信用できないんですか!?」

鼓太郎のケガを暴露

ハネルの言葉を聞いてなお、ケガをごまかそうとする鼓太郎。

もう黙っていることはできない。

「今の部長の状態を知りたかったんです そのためにあんなことをしました」

ハネルは、足のケガに気づいていることを鼓太郎に明かした。

 

一瞬固まった鼓太郎だが、すぐにおどけてハネルの肩を組んだ。

周りからみれば、じゃれているように見えるだろう。

そして、鼓太郎はこっそりハネルに言った。

「お前には関係ねェことだ このまま知らないフリをしててくれ」

”ある人”との約束のためだから邪魔をするな、俺の問題だから頼む、と。

 

それを聞いたハネルは、皆に聞こえるように言った。

「皆さん… 部長は足をケガしています」

全員に動揺と不安が走るー…

そして、ケガを暴露したハネルに鼓太郎が掴みかかった。

 

寂しいですよ

「黒羽ェ!! テメェ!!」

ケンカのような雰囲気を諭そうとするヒカリ、しかし先生はヒカリを止めた。

怒りの表情を浮かべる鼓太郎にも負けず、ハネルは続けた。

「部長のケガは自分だけの問題なんですか? 俺らは関係ないってことですか…?」

 

楽しそうに笑って演技していたのは嘘だったのか

自分たちに黙って、ずっとつらいのを我慢してきたのか

「そんなの 寂しいですよ…」

ハネルはぐちゃぐちゃに泣いていた。

 

戸惑う鼓太郎に、ハネルはその思いを語り続ける。

鼓太郎の迫力ある演技に魅了されたこと、初心者の自分に色々教えてくれたこと

自分と同じように高校から体操を始めたのに、団体戦のメンバー入りしたという実力

鼓太郎のおかげで、自分を助ける人も増えてきて自信になったこと…

憧れである鼓太郎の体操をもっと見ていたい、という正直な気持ちをありのままぶつけた。

 

見つめる視線

鼓太郎はハネルの思いをしっかりと受け止め、皆に自分のケガについて説明し始めた。

実は鼓太郎は、親の病院を継ぐため、学力1位を維持することと医大に入ることを条件に体操部に入っていたのだった。

つまり、インターハイが最後の大会になる。

足が痛いのは極まれで、大会の時は問題がないと言った後、鼓太郎は皆に頭を下げた。

「頼む 最後のチャンスを俺にくれ」

 

少しの沈黙、鼓太郎は不安だった。

しかし、返ってきた答えは意外とあっさりしていた。

「まぁいいんじゃないですか?」

皆は鼓太郎が大会に出ることを承諾したのだった。

そしてハネルが言った。

「やってやりましょう 部長」

 

仕切るハネルに、安堵したような表情でつっこみを入れる鼓太郎は、小さくつぶやいた。

「サンキューな ハネル…」

思いを打ち明けあって、一気に和やかなムードになる体操部。

ドアの隙間から、そのやりとりをじっと見つめる人物には気づいていなかったー

スポンサードリンク

『KINGBOTTOM』の最新話など週刊ヤングマガジンを無料で読む

今回は、『KINGBOTTOM』【第27話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

 

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTなら、週刊ヤングマガジン最新刊も今すぐ無料で読むことが出来ますよ。

無料おためし期間もありますし、解約もとってもカンタン。

『KINGBOTTOM』【第27話】を漫画で読みたい方は、ぜひおためしください。

▽無料期間中に解約OK▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

漫画『KINGBOTTOM』【第27話】の感想・考察

ハネルが泣きながら、鼓太郎への思いを一生懸命に語っている姿に胸アツでした!

ハネルはいじめられっ子だったのに、掴みかかられても負けずに気持ちをぶつけたワケですよ。

だからこそ、鼓太郎も腹をくくって皆に話せたんでしょうね。

 

ケガを公表することで、大会に出られないかもしれない、という不安は鼓太郎にあったと思います。

そりゃそうですよね…

他の部員だってやっぱり大会に出たいだろうし、ケガの具合だって心配だろうし。

先生にも止められる可能性だってあったワケです。

それでも皆が鼓太郎の頼みを了承したのは、やはりこれまでの頑張り甲斐あってこそかなと。

 

次回は、最後にのぞき見していた人物が新たな展開を呼ぶのでしょうか…

もしや、鼓太郎のケガを大会関係者に暴露して出場を妨害しようとするとか!?

次回も見逃せないですね!

『KINGBOTTOM』【第28話】掲載予定の、週刊ヤングマガジン(2019年24号)は2019年5月13日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です