アンダーニンジャ 最新話【第25話】ネタバレ・考察!忍者クロウくん、ケン一氏の学校へ行くの巻

 

2019年10月21日発売・ヤングマガジン(2019年47号)

『アンダーニンジャ』

今回は、最新話【第25話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

 

任務に赴くハットリくん。

もとい、雲隠九朗。

ケン一氏や夢子ちゃんと出会います。

もとい、ドローン少年や野口と出会います。

ちなみに【第24話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

 

もしネタバレなしで『アンダーニンジャ』【第25話】を読みたい!という方は…

今すぐヤングマガジン(2019年47号)をおためし期間で無料で読めるので、ぜひU-NEXTを活用してみてください。

 

「U-NEXTは気になるけど、登録や解約が面倒だったら嫌だな…」

という方もいらっしゃると思うので、別途サービスについての解説記事もご用意しています!

関連記事:今すぐマンガが読めるU-NEXT|料金や支払い方などの特徴やポイントについて

スポンサードリンク

漫画『アンダーニンジャ』【第25話】のあらすじ・ネタバレ

 

転入試験当日の朝。

つまり任務初日の朝。

九朗は少年が住むアパートを訪ねます。

 

少年の部屋のチャイムを鳴らすも反応がありません。

ロックを開けて勝手に中に入る九朗。

 

中ではあの時のドローン少年がVRゲームの真っ最中。

ドローン少年はVRゴーグルをしているため九朗に全く気がつきません。

どうやら家では気が大きくなるタイプらしく、物騒な言葉を連呼しながらVR内で何やら敵と激しく戦うドローン少年。

九朗はドローン少年のゴーグルを取り上げ、一緒に学校へ行こうとお誘いします。

ドローン少年、めちゃめちゃビックリ。

 

ソファに座って語らう二人。

九朗は土曜日は学校が休みである事、ドローン少年は最近学校に行っていないことを聞きます。

単刀直入にイジメかと訊ねる九朗に、そういう語彙を用いて表すことも出来ますが、単なる嫌がらせを受けているだけで…と理屈っぽく否定するドローン少年。

九朗はドローン少年にいいます。

 

「俺が守ってやるでござるよ ケン一氏」

 

何のことか分からないドローン少年。

自分の名前は瑛太だと伝えます。

 

じゃあ月曜にまたなと九朗は部屋を後にし、学校へ。

通学路。

いやだなぁ

学校行きたくないなぁ

いやだなぁ

そんな事ばかり思ってるうちに学校に到着。

 

正門前で校舎を眺め、もう殺気を感じてしまう九朗。

 

生徒玄関口。

先生が待ってるはずでしたが誰も居ません。

ふと背後に気配を感じ後ろを見ると

上下ジャージ姿の気怠そうな顔した少女…

 

少女は九朗がブレザーの下にパーカーを着ているのを見て、あつくないないのか訊ねます。

あついけど脱ぐのはイヤだと九朗。

そこへ先生らしき人物が現れ、少女を野口と呼び、九朗を神かくしと呼び、雲隠だと訂正されます。

これでお互いの名字を知った二人。

 

教室に案内された九朗。

野口は自分の席に座ります。

先生に好きな席に座ってといわれ、九朗は教室内をウロウロ巡回。

それは床に隠された”解答”を探すため。

偶然にも野口の席を挟んだ床にそれはありました。

 

もちこ
これって、そういうことよね…

 

空いてる席は19席もあるのに野口の隣の席に座る九朗…

キモがられます。

 

フローリングの板と板の間に規則的に挟まっていたのは古くから伝わる忍者の暗号、五色米。

九朗はこの暗号を”解凍”し、合格を目指します。

スポンサードリンク

『アンダーニンジャ』掲載の雑誌名を今すぐ無料で読む

今回は、『アンダーニンジャ』【第25話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまたマンガの楽しさですし、やっぱり画つきで読んだほうが、断然面白い!

U-NEXTでは電子書籍も取り扱っており、初回登録で31日間無料おためしができるキャンペーンを実施中です。

登録してすぐに600円分のポイントがもらえるので、最新号も無料で読むことが出来ますよ!

▽無料期間中に解約OK▽

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサードリンク

『アンダーニンジャ』【第25話】の感想・考察

 

いよいよ新しい任務に着手した九朗。

いやだいやだといいつつ、任務である潜入、情報収集に欠かせない友達作りからスタートするあたりが真面目ですね。

 

ドローン少年をケン一氏と言った場面には思わず笑ってしまいました。

忍者ハットリくんを知らない人には何のことか分からない場面でしょうね。

これはケムマキが登場するのは間違いないでしょう。

 

九朗と一緒に試験を受ける野口さんは思弁小説家の吉田先生の編集者と同一人物ですかね。

いずれにせよ九朗と同じ忍者であることは間違いありません。

九朗も彼女を忍者だと即座に理解したと思われます。

気配を悟らせず九朗の背後に現れ、彼女の席の下に暗号の五色米がある事からもそれがわかります。

九朗のパーカーにも気付いていましたし、お互いに忍者同士だと認識したでしょう。

九朗に恨みを持つラッパー忍者の彼も入学してそうな感じですし、これからの学園生活が楽しみです。

 

ストーリーとは直接関係はありませんが、九朗がずっと”いやだなぁ”って思いながら登校する場面は、きっと誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

いやだいやだと思いながらも結局学校に着いてしまうあの感じを久しぶりに思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です