鬼のようなラブコメ|最新話【37話】のネタバレ・感想!漫画を無料で読む方法

週刊少年チャンピオン(2019年23号)

『鬼のようなラブコメ』

今回は、最新話【第37話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに36話のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『鬼のようなラブコメ』【第37話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊少年チャンピオン(2019年23号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『鬼のようなラブコメ』【第37話】のあらすじ・ネタバレ

きこに対し、赤志を倒すと宣言した北原の長男・光。

後ろに立っていた赤志の姿に怯えてしまうー…

「お前…今オレをやっつけるっつったか?」

影鬼

光は、赤志が六名鬼を倒してきたことを知っている。

考えてみれば、そんな人に自分が勝てるわけがない…赤志が鬼にしか見えず、怖くなった光は半泣きで言った。

「たっ… 食べないでェ…」

「食べるか!!」

ついツッコミを入れる赤志w

小学生を泣かせたーと他の女子生徒にいじられているところに、チャイムが鳴った。

それを聞いたきこや一清たちは、光に別れを言って教室へ向かい始める。

 

意を決した様子の光は角を現し、足をダンっと踏み鳴らした。

「!!」

赤志が固まる。

後ろに光が立っているだけなのに、体がまったく動かないのだ。

状況の飲み込めない赤志に、光は強い目をして言った。

「影鬼」

 

どっちも動けない

”影”を踏んだ者の動きを完全に封じてしまう能力で、光に”影”を踏まれてしまったら絶対に動けない

一清は『影鬼』の能力について説明した。

後ろにいるだけと思われた光は、しっかりと赤志の影を踏んでいた。

赤志は体を動かそうとするが、本当にまったく動かない。

(コイツ…ガキのクセにとんでもねー力を…てか ”光”だとか”影”だとかややこしいわ……!!?)

 

「とーちゃんのために ”あかし”を倒すために人間界にやってきたんだ!!

ボクが お前をやっつけてやるぅ!! ”あかし”ー…」

光が赤志に向かって飛びかかった。

 

その瞬間、赤志の体がガクンと傾く。

「アレ? 動くー…」

グルンと向きを変え、光に向き直る赤志。

びっくりした光は、再びバンっと赤志の影を踏み、動きを止めた。

光は影を踏んだまま、赤志への恐怖でドキドキしている。

 

それを見ていた一清が説明に入る。

『影鬼』は、影を踏まれた方だけでなく、踏んでいる方もずっと影を踏んでないといけないから、結局お互いに動けなくなるのだと。

「で どーすんのコレ?」

動けないまま鬼の形相で光を睨む赤志と、半泣きの光。

(ど…どど…ど どーしようぅうううう)

 

赤志と光のガマン対決

そのまま時間はどんどん経過する。

10分、20分、30分…

始めはそばで戦いの行く末を見守っていた一清やきこも、だんだんとカード遊びやサッカーボール遊びに興じる。

いや、授業行けよww

 

そして1時間後、光はいよいよ困ったことになった。

(おしっこしたくなっちゃった……!!!!)

なんとタイミングの悪いことか。

でも今動けば赤志にやられてしまうだろう。

(どどどどど…どーしよう…!!!!)

 

一方、動けないままの赤志にも戸惑いの色が見えた。

(ヤベェ おしっこしたくなっちゃった……!!!!)

なんと、赤志もトイレに行きたくなっていたのだった。

何気にピンチである。

お互い動けないままトイレを我慢する、なんともマヌケな戦いになってきた。

 

ついに決着…!!

さらに30分後。

いよいよ光も赤志も限界だ。

 

我慢している赤志の顔が、かなり険しくて怖いのだろうか。

赤志がかかってこいと言っても、絶対何もしないから一回休憩しようと言っても、光は首を横に振るばかりだ。

「バカヤロォオ!!このままじゃ2人とも無事じゃすまねーんだぞ!? 意地張ってる場合じゃ……」

赤志の大声が止まったー…

光はとうとうおもらしをしてしまい、泣き出した。

そうだよね、小学生の男の子にとっては恥ずかしいし悔しいよね…。

 

涙をこらえようとする光に、ゲスな目をした東山が寄ってきて言った。

「『六名鬼』ともあろう者が小学生にもなっておしっこをもらすなんて…社会的に終わりだよ

キミは今日からおしっこマンだ フフフ」

最低だ、東山!!うんこマンのくせに。

「やめとけ うんこマン」とつっこんだ赤志、ナイス!!

 

東山の言葉に更にボロボロと泣き出す光…

赤志はそっと近づき言った。

「泣くな 体育のズボンかしてやっから な?」

やっぱり赤志は顔が怖いだけで、本当にいいヤツだなぁ。

で、自分のおしっこは大丈夫なのかい?w

 

まさかあいつが鬼の能力を…!?

光を連れて移動しようとする赤志、その姿を屋上から眺める男がいた。

彼は空に向けて指を鳴らした。

「パチン」

 

すると、急に暗雲がたちこめ、雷が鳴ったと思った途端、大雨が降り始めた…!!

予報になかった突然のスコール、他の生徒たちはちょっとしたパニックだ。

その雨の中、赤司は光を励ますように言った。

「ラッキーだなオイ!! コレでおもらしもバレねーぞ 全身びしょぬれだからよ!!」

光は少し泣き止んでいた。

もう赤志のことは怖くないようだった。

 

屋上に佇んでいた男に視点が移る。

右手にはバチバチと雷をまとっている、明らかにこのスコールはこの男が引き起こしたものだ。

赤志と光の様子を微笑んで見ていたこの男、なんとチャラ男の金木だった…!?

『鬼のようなラブコメ』の最新話など週刊少年チャンピオンを無料で読む

今回は、『鬼のようなラブコメ』【第37話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『鬼のようなラブコメ』【第37話】の感想・考察

光くんのかわいらしさが炸裂する回でしたw

『影鬼』は、相手の動きを止める能力があるのに攻撃できない残念スキルでしたね…

ソロで戦うんじゃなくて、協力プレイ出来れば勝機はあったかも!?

 

そして、びっくりしたのが金木!!

スコールを起こさせるなんて能力じゃなきゃ無理だろうし、やっぱり金木も鬼なのかな?

北原と一緒に残ってる六名鬼の「黄金」と名前も似てる気がするし、あり得るかも…

でも、ラストカットの金木は角が出ていなかったし、もしかしたら特別な事情があって、能力が使える可能性もありますよね。

なんにせよ、光のために能力を使ってくれたみたいだし、悪意はなさそう。

謎が深まってきて、次回も見逃せませんね!

 

『鬼のようなラブコメ』【第38話】掲載予定の、週刊少年チャンピオンは2019年5月16日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です