神緒ゆいは髪を結い|最新話【第9話】ネタバレ・感想!ー鎖なんていらないー

2019年5月13日発売・週刊少年ジャンプ(2019年24号)

『神緒ゆいは髪を結い』

今回は、最新話【第9話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました!

ちなみに【第8話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

▽ジャンプコミックスを今すぐ無料で読むならこちら▽

 

漫画『神緒ゆいは髪を結い』【第9話】のあらすじ・ネタバレ

鼻歌を歌い、ご機嫌な鍵斗。

今日は電車通学。

なぜなら、朝のニュースの占いで今日のラッキーアイテムは『電車』と言っていたから。

(というか、それを見ていた執事が気を利かせて「車が故障した」と言ったのだが…w)

それに気づかない鍵斗は、仕方がないと言いながら電車通学をしたワケだ。

「なんだか今日はいいことが起きそうな気がするぜ!!」

 

いつもと違う白ゆい?

鍵斗が電車を降りると、信じられない光景が。

なんと白ゆいがサラリーマンに往復ビンタをかましていたのだ…!

全然いいこと起こってないじゃーんww

 

思わず止めに入る鍵斗に、白ゆい?は言った。

「だってこいつがよぉー めちゃくちゃ暗いこと言ってっからよぉー」

 

どうやら、メガネのサラリーマンは投資で失敗したらしい。

「もう死んで妻の目をごまかすしか…!!」

どうやら線路に飛び込もうとしていたのを、白ゆい?が止めたようだ。

ボカスカとサラリーマンを蹴り飛ばしながら、大声を上げる。

「おら!! しっかり立て!! 生きろやボケー!!」

 

その様子を見ていた鍵斗。

「お前… 『白ゆい』じゃないな…?」

疑惑の目を向けると、白ゆい?はハッとした表情でなぜ分かったのか不思議そうにした。

一見すると白ゆいだが、実は黒ゆいだったのだ。

いや、白ゆいが他人をビンタしたり足蹴にしたりするワケないじゃん…w

 

盗まれた”鎖”

白ゆいに見えたのは、カツラをかぶった黒ゆいだった。

事情を聞く鍵斗に、渋々説明を始める。

朝起きると、奈央が大騒ぎしていた。

聞くと、ゆいの”鎖”がスペアもあわせて16本全部盗まれたというのだ。

 

奈央にとって髪結いの”鎖”は、自らにたくされた命より重要なもの。

なくしたことが知られれば、クビになってゆいと一緒にいられなくなるかもしれないという。

焦った奈央は、自分が鎖を探してくる間、カツラをかぶって白ゆいのフリをしてくれと頼んだ。

 

自分のままではイヤなのか、と黒ゆいは奈央に聞いた。

すると奈央は、嫌ではないが、学校生活のことを考えると白ゆいのフリをしていた方がいいという。

「ゆいは… ゆいはそのままでも もちろんゆいなんだけど…」

半泣きで訴える奈央に負け、黒ゆいは引き受けたというワケだ。

 

絶対にしゃべるな、と釘を刺すゆいだが、

鍵斗は、黒ゆいが白ゆいのフリなんてムリがあるだろうと思っていた。

鎖が盗まれた一大事に、自分のカバンに入っているハズの鎖を探す…

が、見つからない。なぜだ。

 

そして鍵斗は、黒ゆいが着ている制服が黒くならないことに気づいた。

実は、黒ゆいが着ているのは奈央の制服で、人から借りたものは黒くならないらしい。

 

違和感のある”ニセ白ゆい”

授業が始まる。

黒ゆいが白ゆいのフリを出来るのか不安な鍵斗は、こっそりと教室をのぞいた。

自信ありげな表情で座るニセ白ゆいに、クラスも違和感を感じているようだった。

なんか… 今日の神緒さん… いつもと違う…?)

 

英語の授業でゆいを当てる教師。

発音がキレイだからと、いつもゆいを当てているようだ。

立ち上がり、ペラペラと教科書をめくったゆいは怪訝そうに言った。

「なんだこれ? 日本語じゃねーじゃん?」

 

シーン…と静まる生徒たち。

英語なんて読めるか、というゆいの様子にざわめき始める。

「ええ…!? 神緒ゆいが何か変…?」

「まさか… ボケた…のか? ウソー」

 

それを見ていた黒ゆいは、慌てる様子もなくしれっと言った。

「なんだよ てめーらシーンとしてよ! 授業なんて小5以来だからわかんねーんだよ!」

ゆいの言葉を聞き、更に戸惑うクラスメイトたち。

(あ…また… ボ… ボケ…た…?)

 

すると、突然教室に声が響いた。

「ギャハハハハ!! 笑えるギャグだな!!

 神緒ゆいでもボケることがあるんだなー!!」

その声にハッとし、生徒たちはやっぱりボケかと笑いに便乗し始めた。

ちょっとぎこちないがww

 

声の正体はもちろん鍵斗。

「きっと先生が神緒さんばっかり当てるから 彼女なりの抗議なんですよ!!」

更に言葉を重ね、なんとかその場をごまかした…のか?ww

 

白ゆいはそんなことしない!!

昼休み、今日はパンの約束だったということで、ゆいは友達と購買に向かった。

しかし、すごい人混み…

離れたところで乱闘まで始まっているようだ。

あまりに殺伐とした空気に、友達2人はパンを買うのを諦めようとしたが、

ふと気づくと、ゆいの姿がない。

 

「こんな処にバトルフィールドが!! あたしも入れてくれ!!」

なんと乱闘騒ぎに、ゆいは喜々として乗り込んでいったのだ。

 

人をふっ飛ばし、頭の上をどんどんと進んでいくゆい。

その姿に冷や汗をかきながら、鍵斗が止めようとする。

「白ゆいはそんなことしねーっつってんだろー!!!」

 

買ってきたという特弁を渡しながら、鍵斗はゆいに分かってないな、と説教をする。

が、黒ゆいには反省の色がまったくない…

 

ゆいのあり方とは…?

授業が終わった。

男子がゆいを一緒に遊ぼうと誘った。賭けトランプをするらしい。

ゆいがそんな遊びをするわけない、という女友達を尻目に、興味をもった黒ゆいは近づいていく。

遊びがトランプだと分かると、退屈そうなゆいはプロレスか殴り合いをしようと言った。

 

突然、鍵斗が机の下から出てくる。

「いいかげんにしろ!!」

話しかけても怒られるなんておかしい、と訴える。

 

お互いにヒートアップする鍵斗と黒ゆい。

鍵斗は、白ゆいのキャラを分かれ、せめて丁寧語を使えと言い、白ゆいのあり方を説明しようとする。

 

しかし、黒ゆいにとっては自分が「ゆい」なのだ。

「なんだよなんだよ 奈央も鍵斗も!! なんであたしがあたしであっちゃいけねーんだよ!!」

もーしらね!!と言って鍵斗の背中を蹴飛ばしたのだった。

 

ゆいの友達関係を守りたい

鍵斗と別れ、帰宅を始める黒ゆいとその友達。

「君たちカワイイ制服だね-」

突然、不良たちに声をかけられる。

見た目が明らかにヤバい…

無視して行こうとしたが、回り込まれてしまい、避けることが出来ない。

 

その様子を遠くから見ていた鍵斗は焦っていた。

(アホか あいつら)

黒ゆいの機嫌は今最高潮に悪いのだ。

下手したら不良たちは痛い目を見るどころじゃない、と不安を隠しきれない。

(でもそうしたらあの子たちにバレる… もうごまかしきれん… 友達じゃなくなるかも…)

 

黒ゆいを暴れさせないため、意を決して不良を止めに入る鍵斗。

「やめときな この子たちに手を出すな」

男の登場に、ナイフを取り出す不良…まさかそんなものを持っているとは…

 

暴れていいぜ!!

鍵斗は不良たちに路地裏へと連れ込まれた。

にじり寄る不良に怖気づいた次の瞬間、ゆいのパンチが不良をふっ飛ばしたー…!!

そして怒りの表情を浮かべた黒ゆいは言った。

「今イラついてんだ… 誰だろうが殺す じゃなかった…

 ”殺してさしあげますわ”」

白ゆいの言葉遣いをマネようとしているのか?w

 

鍵斗が不良をひきつけてくれたおかげで、友達を帰らせることができたという黒ゆい。

少しホッとした表情で鍵斗は言った。

「そ…そうか… じゃあ 暴れていいぜ!!」

 

”鎖”を持つ黒い影

一瞬で不良たちをこてんぱんにしてしまったゆい、どうやらスッキリしたらしいww

鍵斗に、今日一日助かったとお礼を言った。

 

奈央との友情のためによくやるな、と言う鍵斗の言葉に、

ゆいは奈央との出会いを思い出しながら呟いた。

「…ま あいつとはくされ縁だからな…」

 

白ゆいのカツラを外し、黒ゆいは言った。

「鍵斗! 男としてカッコよかったぞ」

黒ゆいの素直な笑顔と褒め言葉に、思わず照れる鍵斗。

「な… …い… 今頃… 気づいたのか…?」

そして、二人で和気あいあいと帰路についた。

 

そこに現れる2つの黒い影ー…

「… ようやく… ”黒”に戻ったか… 我らの探した… ”神正な”神緒ゆいに…!!」

そう話す二人の手には”鎖”があった。

 

週刊少年ジャンプの気になる漫画を無料で読む方法

今回は、『神緒ゆいは髪を結い』【第9話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白いです。

 

そんなマンガ好きのあなたにオススメしたいのが、電子書籍サービスの無料おためし期間!

気になる漫画のコミックス最新巻も無料で読めちゃいます。

U-NEXTの無料トライアルは

・31日間無料で試せる

・600円分のポイントプレゼント

・見放題動画作品も視聴できる

・最新作品の入荷が早い

が特徴。

 

登録してすぐに600ポイントがもらえるので、

すぐに週刊少年ジャンプの気になる漫画を1冊分無料で読むことができますよ。

▽無料期間中に解約OK▽

登録で600ポイント+継続利用で1200ポイントGET!

また、アニメなどの動画配信数も豊富なU-NEXT。

見放題作品もたくさん(1,800作品)あるので、気になってたアニメを無料で楽しめるチャンスです。

・気になっているアニメがある

・ジャンプの他の作品も試しに読んでみたい!

という方は、ぜひU-NEXTをチェックしてみてくださいね。

使ってみて合わない場合には、無料期間中に解約すれば料金も一切かかりませんよ!

 

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

漫画『神緒ゆいは髪を結い』【第9話】の感想・考察

今回は、黒ゆいの存在を考えさせられる話でした…。

誰も彼もが、白ゆいをベースに考えてしまっていたんだなと。

黒ゆいにとっては自分が「ゆい」なのだから、自分らしく振る舞うことの何が悪いのか分からない。

まるで、自分が「ゆい」ではないと言われているような気持ちがあったのかもしれません。

うーん…なんかこう、黒ゆいが自分らしくいられる場所を作ってあげられるといいのでしょうが…

難しいですかね?

 

そして、ラストで現れた黒い影!!!

絶対、こいつら”鎖”がなくなったことに関係してるでしょ…

というか、鍵斗が持ってるハズの”鎖”までなくなってるなんて、絶対陰謀のニオイがしますよ。

黒ゆいになるのを待っていたようなことも言っていますしね。

次回も目が話せません!!

 

…で、結局ラッキーアイテム『電車』の成果って何だったんだろう?w

『神緒ゆいは髪を結い』【第9話】掲載予定の、週刊少年ジャンプ(2019年25号)は2019年5月20日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です