BEASTARS(ビースターズ)|最新話【128話】ネタバレ・感想!2019年24号

2019年5月16日発売週刊少年チャンピオン(2019年24号)

『BEASTARS(ビースターズ)』

今回は、最新話【第128話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめてみました。

ちなみに【127話】のネタバレは下記でまとめていますので、読んでいない方はまずこちらからどうぞ!

もしネタバレなしで『BEASTARS』【第128話】を読みたい!という方は…

U-NEXTにて、今すぐ週刊少年チャンピオン(2019年24号)を無料で読めます。

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

 

漫画『BEASTARS』【第128話】のあらすじ・ネタバレ

ハーフの悪獣、メロンを探しに

秘密のパーティー・仮面夜行会に潜入するレゴシとヤフヤ。

不穏な空気の宴が始まるー…

 

”溶け込む”をやってみる

初めての潜入捜査に戸惑うレゴシ。

「今さ- かなり良い骨肉麻薬入ってるんだ」

「そんなモンより気持ちイイことできるよ~」

入れ替わり立ち替わり、色々な動物が思いもよらない誘いを仕掛けてくる。

 

レゴシは焦りながら、ヤフヤの言っていたことを思い出した。

潜入捜査とはすなわち、”溶け込む”こと

”大学にも行かず甘やかされた金持ちの一人息子”を演じろと言われたが…

 

レゴシには、どうすればいいのかイマイチ分からない。

「いいネいいネ! やはは~い」

とりあえずノリノリにチャラついてみた。

 

(何やってるんだあいつ!?)

このパーティーの空気から浮いているレゴシを、ヤフヤは引き離す。

自分なりにちゃんとやっているレゴシだが、バカを演じればいいってものでもないらしい。

 

異質なオオカミ

「ここに来る大人は 普段上流階級で暮らすまともな奴らだ

良い暮らしをしている分 食肉欲は低いが

種族のしがらみから開放されたくて ここでは好き放題やるんだよ」

そう説明したヤフヤは、

このような誘惑だらけのパーティーで落ち着いているレゴシに感心もしていた。

 

レゴシには、心に決めている子がいる。

が、それだけじゃない。

明白な草食獣フェチのレゴシにとって、仮面で種族の分からない女性には興味が湧かないのだという。

それは彼の強みだし、弱みでもある。

 

「食と性に関しては 俺なりに全力で草食獣と向き合ってきたつもりなので

正直このパーティーは全然余裕です!」

レゴシは少し自信ありげに言った。

ヤフヤは、レゴシがここまで異質なオオカミだとは思わず、黙って驚くのだった。

 

ターゲット候補の男は3人

ターゲットのメロンは、草食と肉食のハーフ。

仮面をつけて種族の分からない状況で、見つける策はあるのかとレゴシは聞いた。

 

ホールの中央へ移動する。

そもそも、馬の視界は350°ある。

レゴシには、自分の見えない残り10°を補える度量がある、とヤフヤは評価していたのだった。

「いいね… おかげ様で視界は360°極めて良好だ

全方位一匹残らず 目視スキャンを始める…!!」

 

長い間死角の10°に縛られてきた、ヤフヤの目はぬかりない。

今なら天井に絡むクモの巣の網目だって数えられるだろう。

 

パーティーに必ずいると踏んでいるヤフヤは、

メロンの強烈な特徴を思い起こそうとしていた。

ガゼルの角にヒョウの口元…

草食獣特有の細い体躯…

ネコ科が持つ曲線的な背スジ…

 

およそ500匹のいるパーティー参加者の中で、

ヤフヤが条件に該当する男だと判断したのは、わずか3匹だった。

 

とはいえ、どうやって正体をつきとめるか…

慌ててもいいアイディアは浮かばないので、とりあえずヤフヤはレゴシと踊り始めた。

同性愛者であってもこのパーティーでは目立たないので、不自然はない。

 

混血のカクテル

レゴシは、ヤフヤの洞察力に感心する。

前までは、ただ怖いおじさんという印象しかなかったのに。

「でもあなたの残酷さを知っている以上 俺があなたに協力できるのは今日限りです

 もう流血沙汰はこりごりだ」

 

そう言ったレゴシの”流血沙汰”という言葉に、なにかをひらめくヤフヤ。

突然、レゴシを殴った。

 

会場で大きく吹っ飛んだレゴシには、ワケが分からない。

しかし、あくまでも冷静なヤフヤは

「ビースターはマッドでサディストじゃないと務まらない」

と、レゴシの血をグラスに集める。

 

そして、ヤフヤ自身の血もグラスに垂らす。

グラスの中で2匹の血は混ざりあった。

 

獣の嗅覚は、食欲のためだけにあるものではない。

グラスに入った肉食獣と草食獣の混血、これに同族のメロンが反応するはずだ。

 

「いい加減 正体を現して 乾杯といこうじゃないか」

そう言ってグラスを持ち、フロアを歩き回るヤフヤ。

2階席に座る1匹の獣が、タバコから灰を落としていた。

『BEASTARS』の最新話など週刊少年チャンピオンを無料で読む

今回は、『BEASTARS』【第128話】をネタバレ紹介しました。

でも、正直文字だけでは伝わらないところもあると思います。

キャラのちょっとした表情をどう読み取るのか、そこもまた漫画の楽しさですもんね。

それに、やっぱり画のある最新話を読んだほうが、断然面白い!

 

U-NEXTは、ただいま無料おためし期間キャンペーンを実施中。

登録してすぐにポイントがもらえるので、漫画の最新話を無料で読むことが出来ますよ。

解約もとってもカンタンなのでオススメです!

▽最新話を今すぐ無料で読む▽

※本ページの情報は記事作成時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『BEASTARS』【第128話】の感想・考察

レゴシのチャラ男風の立ち振舞い、なんとも面白かったですw

それにしても、ヤフヤは本当にレゴシを高く評価していますね。

(同時に、ちょっとした恐れもあるようですが)

死角を任せられる相手ってそうはいないでしょう。

 

そして、ヤフヤが見つけた3匹のメロン候補。

でも、正直いって男の格好してるとは限らないんじゃないかなぁ…

性にも寛容な仮面夜行会ですから、女装癖がある獣や女になりたい男もいるでしょうし。

だから、メロンが女の姿をしている可能性だってあると思うんですよね。

 

次回はひとまず、ラストでタバコの灰をポトッと落とした2階席の男に

フォーカスされていくような気がします!

『BEASTARS』【第129話】掲載予定の、週刊少年チャンピオンは2019年5月23日発売です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です