コミケカタログの種類は?違いや必要性を調査!初心者にオススメの使い方

コミケを楽しみたかったら、カタログは必須アイテム。

カタログには、参加サークル情報だけでなく、マナーや当日のサークル配置図が掲載されています。

そしてこのカタログ、実は3種類あり

・冊子版

・DVD-ROM版

・Webカタログ

が存在しています。

今回は、それぞれのカタログの特徴やその違い、初心者にオススメのカタログの使い方をご紹介していきます!

コミケカタログが必要なのはなぜ?

「コミケでカタログ購入は本当に必要なのか?」

と聞かれれば、即答で「YES」です。

特に、コミケ初心者さんは必ず一読すべきかと!

というのも、カタログには

・諸注意

・入場方法

・開催日別のサークル配置図

・ルールやマナー

・会場へのアクセス方法

・コスプレ向けの注意点

・(夏コミの場合)暑さ対策について

といったことが載っていて、コミケの入門書のような機能も持っているからです。

コミケを楽しむカギは配置図にあり!

情報盛りだくさんのコミケカタログですが、必要といえる一番の理由は、やはりサークル配置図です。

正直言って、そのためにカタログを買うといっても過言ではないくらい重要なページ!!

前もってお目当てのサークルさんの位置を把握しておくことで、欲しい作品をゲットできる「宝の地図」を作ることができるのです。

そもそも、コミケ会場というのはとても広く、更に大勢の人で混雑します。

自分の居場所なんてあっという間に分からなくなってしまうほど…

迷いに迷って、ようやくお目当てのサークルさんにたどり着いても「欲しかった作品が売り切れてた!!」なんてことになっては、悲しすぎますよね。

そうならないために、会場内のサークル配置図は欠かせないものなんです。

カタログが必須ではない方

コミケの雰囲気だけ味わえれば充分!」という方や「特に目当てのサークルさんはない」という方には、配置図は不要かもしれません。

しかし、コミケC96以降(少なくともC97まで)は入場料がかかるようになっています。

せっかくお金を払って入場するなら、せめて好きなジャンルを見られるように、マップ把握をしてもいいのではないでしょうか。

また、コスプレをメインにしている方もカタログは不要だと思います。

コスプレ参加者であれば、更衣室やコスプレ広場の位置が分かっていれば充分です。

ただし、その場合はコスプレ会場でのルールやマナーを、専用サイトなどで必ず確認しておくようにしましょう。

カタログの種類・その違いは?

カタログには3種類あります。

・紙媒体の冊子版(有料)

・DVD-ROM版(有料)

・Webカタログ(無料)

それぞれに特徴や入手方法、メリットが違います。

詳しく見ていきましょう。

冊子版カタログの特徴・入手方法

冊子版は、カタログの定番の形で紙でできています。

サイズはB5版で、重さはおよそ1800グラム。

ずっしりとした重厚感が、コミケというイベントがいかに巨大なものかを感じさせます。

また、背表紙に工夫がされている冊子版は、コレクター気質の方にオススメ!

歴代のカタログを並べると、繋がった絵が現れるようになっているんですよ。

冊子版カタログは、コミックマーケットの直販や書店で事前販売しています。

また、当日の会場でも購入可能です。

コミックマーケット直販 2,550円(税込)※要事前申込・開催期間分の参加証つき
各書店 2,500円(税込)~
当日販売 2,000円(税込)~

直販の場合は、例年6月20日頃に申し込みをする必要があります。

2019年のC96以降(少なくともC97まで)は、入場が有料になっていて、直販カタログには参加証がついてきます。

「別で入場料を払うのは面倒…」

「すべての日程に参加する!」

という方は、直販での購入をオススメします。

また、書店の予約販売では、店舗によって特典がつくことも!

「とらのあな」では、豪華イラスト集が!
https://ec.toranoana.shop/tora/ec/cot/pages/all/event/comiket/96_catalog/main/

・Amazon

・アニメイト

・ゲーマーズ

・コミックとらのあな

・三省堂書店

・TSUTAYA

・ブックメイト

・世界堂

・メロンブックス

など、主要書店で購入できるので、特典とあわせてチェックしてみてください。

ただし、書店販売のカタログにはコミケ参加証がついていないので、別途購入する必要があります。

DVD-ROM版カタログの特徴・入手方法

DVD-ROMには、冊子版のデータが収録されています。(通称:カタロム)

厚みのある冊子版カタログは、保管する場所に困ることがありますが、DVD-ROMなら軽くて省スペースです。

表紙のデザインも冊子版とは異なるので、どちらも揃えたくなってしまいますね。

専用アプリと連携することで、チェックリストやオリジナル地図の作成ができますよ!

ちなみに、直販購入の場合でも、カタロムには参加証リストバンドがついていません。

別途参加証を購入する必要があるので注意しましょう。

コミックマーケット直販 2,550円(税込)※要事前申込
各書店 2,500円(税込)~

また、対応しているアプリケーションがWindowsのみなので、Macユーザーさんにはメリットがないカタログといえます。

詳しくは、カタロム製作・販売を行っている共信印刷さんのページをご確認ください。

共信印刷・DVD-ROMカタログサポートページ

Webカタログの特徴・入手方法

Webカタログは、ネット上でサクッとサークル配置図などの情報を見られるタイプです。

会員登録をすれば、無料で見られるのが嬉しいですね!

Webカタログはこちら

ただ、コミケ当日に会場で利用しようとすると、サーバーが混雑して閲覧できない可能性が高いです。

Webカタログの会員には、無料会員と有料会員の2種類があります。

月額600円で有料会員になると、専用サーバーでカタログを利用できるほか、スマホで見やすいモバイル版で閲覧できます。

もちこ
コミケがある月だけ有料会員になっても、他のカタログよりかなり安く使えますね

また、2019年7月時点ではキャンペーンもやっていて、月額540円になっています。

無料会員(ブロンズ会員)がWebカタログでできること

・会場MAP

・お気に入り機能(データダウンロードを除く)

・企業ブースページの全ページ

・コスプレイヤーページの全ページ

有料会員向けのページも、一定時間であれば見ることができます。

有料会員(ゴールド会員)がWebカタログでできること

・無料会員の全機能

・サークル閲覧画面(サークル一覧ページのすべての表示形式、サークル詳細ページ)

・検索機能(簡易検索ページ、詳細検索ページ)

・お気に入り機能(データダウンロード含む)

・印刷機能

・専用サーバーでの閲覧

・モバイル端末に最適化されたデザイン

・コミケWebカタログ対応アプリの利用

ちなみに、コミケに申し込みしたサークルは「シルバー会員」となり、有料エリアの一部を使えるようになっています。

初心者にオススメのコミケカタログと使い方

コミケのカタログの種類や違いについてご紹介しました。

その中で、あたしがコミケ初心者さんに一番オススメできるは、Webカタログです。

コミケでは、暑さや寒さの対策に加え、荷物の軽量化が大事なポイント。

となると、厚みのある紙媒体のカタログは、当日の持ち歩きにはちょっと不便です。

一方、DVD-ROM版は専用アプリとの連携で、スマホから見られて印刷も可能ですが、Webカタログの有料会員に比べて値段が高くなっています。

最初にお伝えしたとおり、カタログのメインの使いみちは「お宝の地図」としてです。

そのため、出来るだけ安くマップを利用するにはWebカタログが一番。

有料会員になれば、あらかじめ地図をダウンロードできるので、当日の通信速度も気にする必要もありません。

とはいえ、「小さなスマホ画面で配置図が見づらい…」という声も多少あるので、当日までにあらかたの位置を把握しておくといいでしょう。

まとめ

コミケカタログには3種類あり、

冊子版→諸注意などが載っていて、大きな地図が使える

DVD-ROM版→省スペースで、スマホ・紙どちらでも利用可

Webカタログ→一番安く、当日も快適に配置図が見られる

という特徴がありました。

初めてコミケに行く、という方には気軽に使えるWebカタログがオススメです。

そして、どのカタログであっても、事前に手に入れておくようにしましょう。

お目当てのサークルさんやジャンルを把握しておくだけで、スムーズに楽しめること間違いなしですよ!

夏コミ2019(C96)ジャンルごとの日程を確認したい方はこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です